Top
ブラウザシェア
◆ブラウザのシェアが載っている記事があった。
当然1位はIEだが、Firefoxがぐんぐんシェアを上げている。
その他のマイナーなブラウザはますますマイナー化しているようだ。

ところで私はいつの頃からかOperaを常用するようになった。
世の流れではOperaはさらにマイナー化が進んでいる。
シェアは2%も切ってしまっている。
一時は携帯電話機で採用されていたがNetFrontに取って代わられ、これからは採用されることはほぼ無かろう。
こんな状況では開発費用の回収もままなるまい。
弱小故にがんばってもらいたい。

Operaの前はFirefoxを使っていた。
Firefoxはバージョンアップを重ねるたびに動作が重くなる。
起動するのが時間がかかるし、起動後もなんだかHDDの動きが激しい。
それでもIE(プラスIE7pro)よりは広告ブロックのプラグインの出来がよいし、比較的使いやすかったのでFirefoxを使っていた。
しかしOperaに移行を決定づけたのはAdBlock Proでもブロックできないflash広告が増えたこと。
あらゆる広告をブロックしたいのに、機能が足りないのだ。
その点、Operaは標準状態で広告ブロック機能を持っている。
IDとパスワードの管理機能もOperaの方がやりやすいかもしれない。

ただしOperaは取っつきにくい。
先に述べた広告ブロック機能もわかりづらい。
IE7proやFirefox+Adbrock proなど、他のブラウザでは広告にカーソルを合わせて右クリックすると広告ブロック機能設定が出てくる。
しかしOperaはまずリンクがないところで右クリックをし「コンテンツのブロック」を選択してブロックしたい広告を指定するやり方なのだ。
最初はどうやって広告ブロック機能を使うのかよくわからなかった。
わかってしまえばかなり強力に広告をブロックできる。
IDとパスワード記憶も専用のアイコンをクリックしないと記憶しているIDとパスワードが入力されないので慣れないうちは面食らう。
他のブラウザでは記憶しているページに来ると既に入力された状態になっているものが多いのだ。

Operaブラウザは取っつきにくいがいじりがいがあっておもしろいソフトウェアである。
[PR]
by rs422a | 2009-05-11 22:22 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/11517468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。