Top
バージョン別シェアでFirefox3.5がIE7を逆転
全然関係ありませんが、クリスマスの昨夜、菊池雄星投手が西武ドームでソフトバンク相手にデビューを飾る夢を見てしまいました。

12月22日の記事
世の中の流れではFirefoxがシェアナンバーワンになったとのこと。

以前はFirefoxをメインに使っていた。
しかし現在ではOperaをメインに使っている。
Firefoxがどんどん肥大化して使いづらさが目立ってきたからだ。

Firefoxは起動がとても遅い。
アドインをまったく入れていない状態でもかなり遅い。
3.5に上がった頃にバグなのか、起動に二分くらいかかるという事象が発生した。
この事件をきっかけに完全にFirefoxを使わなくなった。
一時期よりはまともになったが、それでも遅い。
Operaもそれほど起動は高速とは思えないが、Firefoxよりはましだ。

Operaは広告ブロックが完璧なほど強力なのが一番の魅力だが他にもいいところがたくさんある。
exciteブログでの更新時に画像を一個アップロードするたびにFirefoxは記事が1行目に戻ってしまうのだがOperaは元の行位置を記憶したままだ。
exciteブログをメインに使っている私としては広告ブロック機能よりも行記憶の方がうれしく感じている。
でもOperaは人気がない。
シェア1%を割る日も近いのではないかと思われる。
便利な機能が多いのだが、使い方が直感的にわからないことが原因だと思う。
先の広告ブロック機能やIDとパスワードの記憶方法など、他のブラウザとはまったく操作形式が異なるので面食らう。
一時期は携帯電話機でOperaのシェアが上がった時期があったが、今ではもう採用されなくなってきた。
このまま消えるのか?ガンバレOpera!!
[PR]
by rs422a | 2009-12-24 23:59 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/13331946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。