Top
電子辞書PW-AC920を買いました
電子辞書を買ってしまいました。
シャープのPW-AC920です。
14日に新型が発売されるということで旧型のAC920は投売りされている。
とはいえ、都区内の主な量販店では既に売り切れ。
法外な値付けの店だけが在庫を持っている状態だ。

今日、関越自動車の川越インターチェンジ近くにあるコジマにフラッと寄ってみた。
狙っていたPW-AC920が19,800円で売っていた。
思わず買ってしまった。
c0055552_18162655.jpg

カタログと本体。
c0055552_18161657.jpg

ミニディスクとの大きさ比較。
生産中止モデルだけに在庫も厳しく、ビジネスマン向けといえる黒やシルバーは切れていた。
しかたないのでグリーンにする。
さすがに赤やピンクはちょっとね。
c0055552_18155647.jpg

箱の中に入っていたブツを並べてみた。
本体、ヘッドホン、ACアダプタ、USBケーブルと取扱説明書。
意外にグリーンはかっこいいね。
c0055552_18154438.jpg

またまたミニディスクと大きさを比べてみた。
この電子辞書は充電地のみが使用できる。
まずACアダプタを接続して充電を行う。
赤いランプが付いているのは充電中のサインである。
c0055552_1815323.jpg

最初に電源を入れるとタッチペンの調整が始まる。
c0055552_18151884.jpg

メインディスプレイのほか、キーボード手前に手書きパッドがついている。

これからいろいろ使っていきたいと思います。



 
その後も便利に使っている電子辞書。
最近は会社でも英語を使う機会が多いので、英英辞書が役に立っている。
収録されている広辞苑も本格的なもので、調べ物に重宝している。

PDFビューワーを購入してみたものの、本体メモリーの少なさとCPUがあまりにも緩慢なので実用で使うには無理だ。
これはシャープにやられた。
500円という低価格なれどもこんな無駄なソフトは買わなければよかった。

テキストメモは一見便利そうな機能であったが、これも実用には耐えられない。
携帯電話機の日本語変換風に一文字入れると予測変換候補が出てくるので、それを選ばないといけない。
変換文字候補を選択するにはカーソルキーしか使えないのでストレスがたまる。
パソコンでは長文を入力してから一気に変換する癖がついているのでこの方法は日本語文章を入力するには辛すぎる。

「辞書」に関しては申し分なし。
MP3機能も256kbpsでMP3形式でエンコードしなおす必要があるけどまあまあ便利。
英語勉強本付録CDを入力して勉強している。
自身の英会話能力が上がったのかどうか?
そろそろTOEICを受けてみようかな。
[PR]
by rs422a | 2011-01-09 18:16 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/15739566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。