Top
バスチケットで損しないコツ
東京23区内のバス均一料金区間ではお得なバス共通カードはもう使えない。
代わりにPASMOまたはSuicaを用いた時にバス利用特典サービスというものが使える。
※詳しいシステムはリンク先を参照
しかし、このバス特サービス、累計のバスポイントが毎月末で失効してしまう。
つまり月最後の乗車でチケットが付与されるように乗らなければ確実に損してしまう。

というわけで210円均一料金区間で、月に何回バスに乗れば損しないで済むかを考えてみた。
すなわち支払った運賃の累計額が千で割り切れるように乗ればよいのだ。

まずバスチケットがゼロの状態からではここに書いたとおりほぼ確実に損をしてしまう。
そこでひと月目は3000円または4000円を超えたところで乗るのをやめたほうがよい。
これでバスチケットは160ポイントが付与された状態である。
この状態でふた月目を迎える。
すると次の表のとおり、16回乗ればちょうど3000円分の累計額となり損をしないで済む
c0055552_1434572.gif

以降の月は毎月16回バスに乗るようにすれば損をしないで済む
3000円分バス代に使うと360円分得をする。
これはバス共通カードの3000円券に相当する額だ。
賢くバスを乗りこなそう。
[PR]
by rs422a | 2011-02-25 23:59 | etc... | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/15976516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。