Top
バックス、個人向けパッケージソフト販売終了
c0055552_12142759.jpg

http://www.vacs.co.jp/news/usersama.htm
日本語入力ソフトの老舗もついに販売終了。
2001年から何の動きも無かったのでバックスもやる気はとうに失せていたようだったからいまさら驚くべきニュースではない。
しかしN88-BASICからPCを使っている人間としては、MS-DOS全盛時代に一世を風靡したVJEシリーズがなくなるという事実が寂しく感じる。
2001年に登場以来、まったくバージョンアップが無かったVJE。
Lotus 1-2-3と同様に、私はVJEシリーズがいつの日かソースネクストの1980円シリーズで販売されることをひそかに期待していた。
残念ながらそのような廉価販売の期待はむなしく消えた。

これで日本語IMEとしてはATOKしか残っていない状態だ。
厳密に言うとまだJapanist2002(富士通)が残っている。
Japanistもまったくバージョンアップされていないのでこのまま消えるのを待つだけだろう。

WindowsXP時代になってソフトの寡占化がますます進んだ。
かつて日本語入力ソフトウェアは日本独自のソフトのため、たくさんの種類が発売されていた。
現在ではOS標準付属のMS-IMEが十分実用レベルのため、わざわざ日本語IMEソフトウェアを別途購入する人は少ない。
それでもWindows2000対応までは松茸やWnnなどもあったのだが。
ソフト会社が撤退するのもやむをえないか。
[PR]
by rs422a | 2005-07-07 23:12 | mobile IT