Top
古閑
我がふるさと、熊本県には「古閑」とつく地名が多い。
ここの人の分析では朝鮮半島からの伝来の説を取っている。
ふむ、そういう見方もあるか。
一理あるが、こんなにあちらこちらに同じ地名が付くほど朝鮮半島の影響があったとは思えない。
もしそんなに朝鮮文化の影響が強かったならばもっと話し言葉に文化が残っていると思えるからだ。
私としては未開の耕地である「空閑」(こが・くが)から派生したと思いたい。
これならば九州地方のあちらこちらに同じ地名が存在するのもうなづける。
とはいうものの、結局地名なんて適当に誰かが名付けた音が独り歩きして後年、漢字をあてたものだからよく由来がわからないことが多い。
永遠の謎になるだろうな。
[PR]
by rs422a | 2016-10-27 21:55 | sightseeing | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/26097025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。