Top
去る者は追わず
今年もまたFAで選手流出。
Aランクの選手が流出なので人的補償も可能らしいけど、金銭で調整するらしい。

またか。

育成能力が全く無い球団なのでいただいたお金で外国人選手を取ると公言しているようだが、はたしてどうなることか。
シニアディレクターと呼ばれている人が投手出身なのだが投手能力を見極められないのが致命的だ。
郭はまだ伸びしろがある(かもしれない...いや、あって欲しい...)が、大卒で2年経過してさっぱり結果が出ていない。
2016年に新規に獲得した外国人投手はどれもこれもハズレ。
けっきょく日本球界で実績があったウルフだけが少々活躍したのみ。

2014年からシニアディレクターさんが新規で連れてきた外国人投手を見てみよう。

◆2016年
 バンヘッケン (グレート・マーシャルボーグ並みのとんだいっぱい食わせ者だった)
 ポーリーノ
 C.C.リー

◆2015年
 郭
 バスケス ←よく2016年も契約延長したものだ
 ミゲル ←まったく使えず
 ルブラン ←序盤に打線の援護があって勝利できていれば違ったかもしれないが

◆2014年
 ボウデン ←もはや存在自体忘れていた
 レイノルズ ←こいつも記憶にないぞ

とまあ、ひどいものだな。
かつての全日本プロレスでブッチャー(あるいはシン、カマタ)が連れてくるタッグパートナーは使い物にならないのが定番だったがWディレクターもそんな感じだな。
特に2014年、サファテに逃げられて慌てて獲得するようなことをしているからますます眼力がおかしくなっているような気がする。

郭は「かく」ではなく本来の音である「グォ」に変更するべきではないのか。
それくらいの活を入れないと潜在能力はまだまだありそうなのだからもったいない。

毎年選手が流出するのに一番不要と思われた0番つけている選手を育成選手として再契約するとのこと。
絶対ダメだと思うけど、いつまで「江藤枠」みたいなポジションを置いておくのだろうか。
秋山の背番号は変更ないのかな。
ひとけたの背番号の重みを重要視してもらいたいのだが...
[PR]
by rs422a | 2016-11-20 17:46 | SEIBU-2017 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/26164848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from VAIOちゃんのよもやま.. at 2016-11-21 05:41
タイトル : 西武 エース岸孝之がFAで楽天へ
およそ既定路線のように言われていたので今更感はありますが、エース岸のFAでの楽天移籍が決まってしまいました。条件(年俸)の差もあったようですが、仙台が地元と言う部分が大 ...... more