Top
プロレス観戦はテレビが特等席
本日はGAORAで全日本プロレスの大阪大会が生中継。
テレビの前に缶ビールを並べて陣取る。
つまみはスーパーのお惣菜だが、これで十分だ。

「Jr.BATTLE of GLORY」の優勝戦だという。
メンツを見ただけで勝敗が予想できてしまい、実際にその通りになるのがプロレスの悲しいところ。
もう少し佐藤光留の扱いをよくしてもいいのになあ。
ビールを飲みながら観戦するのがいい試合だった。

メインは三冠ヘビー級選手権試合。
かつてはジャンボ鶴田や天龍、ハンセン、三沢ら四天王が覇権を競っていた伝統あるベルト。
今のチャンピオンが誰なのかを知っている人は相当なプロレス通だろう。
まだ28歳の宮原健斗が選手権者で、新日本プロレスのオカダカズチカと同世代なのだがどうにも目立たない。
今日もチャンピオンへの声援は非常に少ない。
レフリーへの声援のほうが大きいほどだった。
私は宮原はけっこういいレスラーだと思っているのだけども、相手に恵まれないのが厳しいな。
かつての全日本プロレスは豪華な外国人レスラーが魅力だったけど、いまやまったく見る影もないほど落ちぶれている。
再び輝く時が来るのであろうか?
[PR]
by rs422a | 2017-02-26 19:48 | Animal | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/26457771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。