Top
W31SA2 music player
音量調節ボタンがFMラジオ再生時と統一されていないことは既に書いた。
それ以外にもインタフェースはこなれていない。
代表的なひどい例を紹介しよう。

選曲機能はスライドしないと現れない「#」と「*」に割り当てられている。
音楽再生時にはスライドしておかないといけない。持ちにくい。
c0055552_4445068.jpg

音量調節が上下キーなので、左右キーが選曲だと便利だったのだがそうではない。
左右キーは早送りに割り当てられている。ほとんど使わないから意味が無い。
使う頻度の高い選曲機能をなぜ左右キーに割り当てなかったのか理解に苦しむ。
「#」を押すと次の曲に移動し、頭から再生する。
「*」を押すと再生中の曲の頭から再生するのかと思ったらそうではない。
ひとつ前の曲の頭から再生する。
したがって、現在再生中の曲を頭から聞こうと思ったら、「*」を押した後、「#」を押さねばならない。
アホだ。この設計は。

再生は割りと簡単にできるのだが、停止ボタンが無いので再生を止めるときは面倒だ。
「PWR」ボタンを押して「終了」をメニューで選び「決定」しないといけない。
ワンタッチで終了できるキーが欲しい。
予想はしていたが、再生される音は極めてうすっぺらい。
一応AAC 128kbpsの最高ビットレートでCDから録音して転送している。
少しでも補完できるようにオーディオテクニカのATH-F3をつないでみた。
c0055552_20521558.jpg

このヘッドホンは低音ばかりが強調されていて私好みではない。
手持ちのMDウォークマンやディスクマンでは音が悪くなるだけで使えない代物だ。
その変な音が出るヘッドホンだが、低音が出ないW31SA2では逆に長所になった。
付属のヘッドホン(もどき)よりは格段に音質は向上する。
とはいえ、どうせ電車内でしか聴かないからそれほど音質にこだわる必要はないのだけどね。
[PR]
by rs422a | 2005-10-19 20:50 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/2917407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。