Top
ソニーDR-Q23SF
c0055552_18251664.jpg

やはり誘惑に耐え切れずに購入してしまった。
W31SA2の音声入出力端子は平型プラグである。
この端子とヘッドホンのステレオミニプラグを接続するアダプタが付属している。
このアダプタ、長さがわずか11cmしかないのでどうにもおさまりがよくない。
接続すると本体のそばになんだか頼りなげに宙ぶらりんになるのだ。
ただでさえW31SA2はプラグ部分のふたが宙ぶらりん状態なので、音楽を聴いている間はとても気になる。
DR-Q23SFはマイク付きの平型プラグアダプタがついているヘッドセットである。
アダプタの長さは1m、ヘッドホン部の長さは50cmと十分な長さである。
マイク部分には洗濯バサミ状のクリップも付いているから服に引っ掛けることもできる。
マイク部分がミニプラグアダプタになっているからお気に入りのヘッドホンをつなぐことができる。
今回購入にいたった理由はこのマイク付き平型プラグアダプタが欲しかったからだ。
平型プラグアダプタ部分はDRC-M10SFという型番で単体売りしている。
単体売りのお値段は\1,680である。
DR-Q23SF(投売り品)はヘッドホンが付いていて\980だ。
これならアダプタ部分だけを購入したと思えば惜しくない。
そこで購入したのである。
売れ残りのモデルなのでとっくにカタログ落ちしている紫色しかない。
着せ替えキャップのもう一色はホワイトなので、どちらを装着するか迷ったがここは紫色を選択した。
実は耳賭けタイプのヘッドホンはDR-Q23SFが初体験である。
装着すると違和感を感じることこのうえない。
眼鏡をしているから装着しにくいし、耳が痛い。
というわけでヘッドホン部分は使うことはなさそうだ。
普通のインナーイヤーヘッドホンを接続して使うことにする。
[PR]
by rs422a | 2005-10-24 23:23 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/2973936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。