Top
2006年TREK試乗会
スピードメータの調子がおかしいのでフレンド商会へ持っていった。
電池交換してもおかしいのでメーカー送りの入院となった。

さて、そのフレンド商会さんで開催されていたのがTREK2006年モデルの試乗会。
c0055552_13174922.jpg

c0055552_13181817.jpg

思えば、昨年12月11日、このフレンド商会さんにてFELTの試乗会が開催された。
そこで乗ってしまったのが現在の愛車F60とのつきあいはじめである。
試乗会は危険である。
知らない間に新車契約となってしまうからだ。

しょっぱなはMadone 5.9 \570,000也
c0055552_13184846.jpg

恐ろしいマシンだ。
F60とはまた次元が違う。
軽さがまったく違う。なんだこの軽さは。
ペダルを踏み込めばそれだけ進むことは自転車だから変わらない。
Madoneの場合は自然に踏み込んでしまう感じである。
ハンドル操作だけでフロントが浮き上がるくらいである。
F60の3倍以上の価格は伊達ではない。


二番目はFuel 110 \560,000也
c0055552_13191382.jpg

実は本格マウンテンバイクに乗るのはこれが初めてである。
サイズがSサイズなので身長182cmの私にはきつい。
と、おもったが、サドルをめいいっぱい上げればなんとか乗れる。
乗ってみてびっくり。
これまたF60よりずっと軽快に走れるではないか。
太いブロックタイヤだし、車重も絶対F60の方が軽いはずなのだが、Fuel110は速い。
街中では最強ではないか?
太いタイヤはそれだけでショック吸収に優れている。
サスペンションがありがたいとは思わなかったが、もっと悪路を走れば活躍するだろう。
初めて触ったシマノXTRの変速にはとまどった。
ブレーキレバーごと下に動かすとシフトアップ、小さいレバーを押し込むとシフトダウンだ。
ロードのSTIレバーと同じように操れるのは面白い。
いかんせん、ギヤ比はロードとは比べ物にならない。
いつもの調子でシフトアップしていたらあっというまにトップギヤになってしまった。
「え?もう終わり??」という感じである。
もう2速ばかり速いギヤが欲しい。
フロントギヤがコンパクトすぎるように感じた。


最後はロード最高峰のMadone SSLx \1,000,000也
c0055552_13193241.jpg

正直、値段分のありがたみはわからなかった。
5.9の方がすごさが感じられた。
Fuel110の後だから車体の軽さはいっそう感じる。
ギヤが重い。
トップギヤではかなりきつい。当たり前だ。
これを買うのはそうとう勇気が必要だな。

うーむ。
こうして実際にいいバイクに乗ってしまうとやはり欲しくなってしまう。
試乗会は危険である。

[追加情報]
その後、フレンド商会さんでは購買目的以外での試乗はお断りとなりました。
本記事を読んで憤慨されたのだろうな。
[PR]
by rs422a | 2005-12-03 13:35 | Bicycle | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/3167550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひでわん at 2005-12-03 18:20 x
50万や100万円のバイクに試乗できるなんてイイですね。
それにしても、MTBがロードレーサーより軽快に走れるなんて信じられません。凄い世界があるもんですねえ。
ところで、私のブログにリンクを張っていただいていたんですね。今日気付きました。(^^ゞ こちらからもリンクさせていただきました。
Commented by rs422a at 2005-12-03 21:23
そうですね。こんな試乗会が開催されるのは東京ならではのメリットですね。
しかも規定のコースではなく、一般道路を走れるのは貴重な試乗会です。
千葉や神奈川県からもわざわざ杉並区のフレンド商会さんまで遠征してきている人もいらっしゃいました。
先週はもっと高額なコルナゴだったみたいです。
これからもキャノンデールとか、高級ブランドの試乗会が開催されます。

昨年もFELTの最高峰であるF15に乗ったらF60とは次元の違う走りを感じました。
やはり値段が高いロードバイクはそれだけの価値はあります。
Madone 5.9とSSLxだったらどちらも雲の上の金額なのでさしたる差は感じませんでしたが.....
Commented by hawksfan at 2005-12-04 00:44 x
わたくしは自転車乗りではありませんが、何故か自転車メーカーを
知っていたりします。キャノンデールの色がきれいで好きですし、
あと、やはりイタリアのメーカーがかっこいいですよね。
Commented by rs422a at 2005-12-04 07:44
キャノンデールの試乗会は12月18日(日)に開催されます。
よかったらご一緒しましょう。
昨日のTREKの試乗会には女性専用設計されたMadone 5.9WSDもありました。
午前中の来客は男性ばかりでしたので誰も乗る人はいませんでしたが。
Commented by hawksfan at 2005-12-04 16:54 x
12月18日に試乗会ですか。残念。
その日は熱海へ温泉旅行に行くのですよ・・。またなんかよさげな
試乗会があったら教えてください。
Commented by rs422a at 2005-12-05 22:57
そいつは残念ですね。
またいつか会いましょう。
Commented by takagariyama at 2005-12-06 00:18
こんばんわ。
フレンド商会の噂はうかがっております。そんなに頻繁に試乗会をやってくれるとはうらやましい限り・・・
私もロード乗り(オペラ:ベルニーニ)として興味はあるところ・・・でも、杉並はさすがに遠い!
ロードしか乗っていないのにFuelが気になったりします。XTR・・・ああ!高額すぎです。
Commented by rs422a at 2005-12-06 23:07
takagariyamaさん、オペラの自転車に乗っていらっしゃるのですか。
それはすごい。
オペラはエントリーモデルでも我がFELT F60より高価です。ぎゃー
カラーリングがすごくかっこよくてあこがれです。
独自のカーボンフォークが個性あっていいですね。

Fuel110、すごくよかったですよ。
マウンテンバイクとは思えぬ軽さと走行性にびっくりしました。
XTRシフトもいいですね。
今後は最上級MTBの主流になると思います。
ギヤの段数を見てみたらフロントの一番大きいギヤでも44なんですね。
我がF60のフロントギヤが53/42/30ですから中段くらいの歯数です。
どうりでみょ~に軽かったわけです。ロード乗りにはものたりないかもしれません。
Commented by takagariyama at 2005-12-10 16:39
MTBで急坂のオフロード攻めるとき、軽いギアは嬉しいところ。
いや~XTRにはあこがれますね・・・(元MTB乗りなので)

ロードとMTB、両方欲しいですが、いかんせんお金も置く場所も無いですね。。。いつかは!!
Commented by rs422a at 2005-12-12 22:33
takagariyamaさんはMTB乗りであったわけですか。
それじゃあ、XTRへの憧れは当然でしょう。
あのシフトはいいですね。楽で。
Fuel 110に乗ったら本格MTBもいいなあと思えるようになりました。
Commented by takagariyama at 2005-12-13 00:18
憧れのXTRはお金がなくて未経験です・・・試乗もしたことが無いので毎年、雑誌のレヴュー記事を指を加えて見ている状態です。

ロードもあるのでこちらもいつかはデュラにしたいです(ただいまは105)・・・速さと所有欲の欲望はつきません!ああ!
Commented by rs422a at 2005-12-14 23:52
DuraAceはいいですね。
でも私は「Ultegra」のロゴが大好きです。

FELT F60(2005)を選んだのは低価格ながらUltegraの10段変速がついていたからであります。
F60は低価格なので変速ギヤ以外はUltegraではなくもちろん105などでもなく、ノーブランドがついています。
いつかブレーキなども含めてフルUltegraにしたいものです。

自転車も趣味として乗ると金がかかって仕方ないですね。
困ったものです。(^_^;)
Commented by takagariyama at 2005-12-17 00:10
>自転車も趣味として乗ると金がかかって仕方ないですね。

まったく同感です。
オーディオもそうではないですか?(私はロジャースのLS3/5Aを買ってスピーカーが4セットになった時点で足を洗いましたが・・・)
Commented by rs422a at 2005-12-17 21:48
オーディオは好きでした。
しかし現代の日本の家庭事情ではとうていありえない趣味だということがわかって急激に興味がうせました。
takagariyamaさんはスピーカーを4セットもお持ちだったんですか。
すごいですね。
たいがいのアンプは2セットしかつなげないですから、アンプも2セットあったということでしょうか?
なんにしても東京の住宅事情ではオーディオはヘッドホンでしか楽しめなくなっていますから寂しいものです。