Top
奥武蔵グリーンラインを走る


今日は西武鉄道で乗降人員最下位の正丸駅で下車。
c0055552_1939042.jpg

刈場坂峠を目指すことにする。
「刈場坂」で「かばさか」と読むらしい。奥武蔵は難読地名が多い。
ちょっとWebを検索したら似たような行程をサイクリングされておられるページを見つけた。
c0055552_19384964.jpg

正丸駅から正丸トンネルへ向かう国道299号線沿いにある記念碑。
なんでもここが日本での「帝王切開術発祥の地」らしい。
c0055552_19383687.jpg

正丸トンネルです。
ダンプたちはトンネルへ向かいますが、私は右の狭い道へと入っていきます。
狭い道に入ったとたんにすごい坂で、自転車をほとんど押して上ることに。
ロードバイクを押して歩いているのはすごく情けない姿だが、交通量がないので割と快適なハイキングに変わる。
c0055552_19381450.jpg

正面に見える崖崩れ現場。
けっきょくこのガードレールのところまでは自転車に乗ることをできず、道中のほとんどを押して歩いてしまった。
c0055552_1938321.jpg

虚空蔵(こくぞう)峠を越えて刈場坂峠へ向かう。
まだまだ激坂。なのであいかわらず自転車には乗らず、押して歩いた。うう、情けない。
c0055552_19375136.jpg

やっと頂上(?)の分かれ道に到着。
ここが刈場坂峠である。
c0055552_19373762.jpg

ここからの眺めはすばらしい。
正丸トンネル以来ほとんど自転車を押してきたが、そんな疲れも吹っ飛ぶのである。
c0055552_1937235.jpg

刈場坂峠からの風景。
やはり写真ではうまく伝わらない。
c0055552_1937614.jpg

これは東松山市方面を見たショット。
肉眼では東松山市内や熊谷市内を一望できるのだが、なんだか今日は画像が白っぽく映ってしまう。
今日のデジカメはソニーDSC-U40である。
あまりに小さいのでシャッターを押すときにどうしても手ぶれが発生してしまう。
だからというわけではないが、以降の写真はいずれも変な画像になってしまった。
c0055552_19365517.jpg

まだ10時前だが腹が減った。
刈場坂峠の茶屋で山椒味噌おでんを食べる。
こんにゃく4枚で300円と、あまりリーズナブルとはいえない金額だが、まあまあうまかった。
c0055552_19364269.jpg

茶店の風景。
私がおでんを注文したらなぜか車が多く集まってきた。
c0055552_19362119.jpg

これからブナ峠、顔振峠を目指す。
「木義」の字が出てこない...
c0055552_193682.jpg

「奥武蔵グリーンライン」とたいそうな名前が付いているが、実体はただの林道を舗装しただけの道。
ご覧のように道幅は狭い。
急な下り坂なので、自転車でもペダルをこがなくてもすぐ40km/hくらい出てしまう。
ブレーキを握る手が忙しい。
道路のあちらこちらに排水溝の鉄ふたがあるのでロードバイクの細いタイヤは気を遣う。
c0055552_19355381.jpg

ブナ峠でのショット。
手ぶれ補正機能がついたカメラが欲しくなる。
c0055552_19354079.jpg

飯盛峠でのショット。
すばらしい晴天で明るすぎ。
c0055552_1935279.jpg

道の途中から眺めた絶景。
後に出てくる「関八州見晴台」よりここからの風景の方がすばらしかった。
c0055552_19351442.jpg

同じ道ばたから取った一枚。
池袋から自走してきたという元気なFELT F65乗りさんがいた。
今日はいい天気なのでサイクリストとも多数出逢った。
c0055552_1935176.jpg

関八州見晴台に上る。
これは見晴台にある高山不動尊の社。
見晴台に上ったのはいいが、たいへんな急坂だった。
これを下ったのは敗因。上りより下りの方が足を痛める。
大幅に脚力のスタミナを失い、以後の坂はほとんど上れなくなってしまった。
c0055552_19344620.jpg

見晴台の看板。
c0055552_19343051.jpg

見晴台からの風景。
c0055552_19341549.jpg

これも見晴台から。
もう少し空気が澄んできたら本当に関東八州が見渡せそうだ。
c0055552_19335392.jpg

顔振峠に着きました。
茶店が営業熱心で呼び込みを行っている。
ところてんを注文したら、それはできないと断られてしまった。
売ってない物をメニューに載せておくべきではない。
c0055552_19333610.jpg

顔振峠からの風景。
義経が何度も顔を振り返った伝説が残る。
c0055552_19325561.jpg

北向地蔵にお参りして武蔵横手駅に到着。
今日は33km程度しか走っていないが、関八州見晴台に上ったのが敗因で、足がとても疲れた。
中年サイクリストは途中で無駄に体力を消耗してはいけないということを悟った。
[PR]
by rs422a | 2006-12-02 19:39 | Bicycle | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/5069075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fukuchifan at 2006-12-04 17:05 x
野球のシーズンは球場へ行くことが多かったようですが、
シーズンオフは自転車三昧で、非常に健康的な生活をされていますね!
飯能より奥には、良いところがたくさんあるんですね!
私はママ用自転車しか乗れないので、ハイキングで行ってみたいな。
Commented by rs422a at 2006-12-04 21:25
★fukuchifanさん
ハイキングで行くにはいいところが目白押しですね。>飯能より奥
正丸駅から正丸峠も4kmくらいしか無いらしいからおすすめです。
Commented by ひでわん at 2006-12-04 22:20 x
ハードなサイクリング、お疲れ様でした。
しかし、カメラは手ぶれと言うより、フレアっぽいと言うか全体にシャがかかっているような感じで、明らかに写りがおかしいですね。どこか故障しているのではないでしょうか?
Commented by rs422a at 2006-12-05 22:17
★ひでわんさん
詳しい分析ありがとうございます。
カメラは修理に出してみることにします。
CCD問題の影響でしょうか...