Top
2007年 鹿本鉄道跡探訪3
探訪1はこちら
探訪2はこちら

さて、鹿本鉄道探訪報告もいよいよ佳境。
なぜなら1981年に撮影していた3枚の写真を紹介するからだ。

c0055552_182148.jpg

宮原駅跡から平島駅方向を見る。
c0055552_182388.jpg

宮原駅の駅舎跡だろうか。
c0055552_1815327.jpg

宮原駅のホーム跡。
c0055552_1814283.jpg

管理地になっているようだ。
c0055552_1813317.jpg

これは1981年のショット。
K本D波高専時代の私(右)とI君。たぶん宮原駅の駅舎だと思う。

c0055552_1812266.jpg

分田駅近くの休憩所から宮原方向を見る。
分田から宮原までは一直線。
鉄道が現役の頃は最高速で突っ走っていたのであろう。
c0055552_1811343.jpg

分田駅近くの休憩所にある看板。
c0055552_181236.jpg

休憩所から菊池川方面を臨む。
現役の頃は分田駅は築堤上にあった。
c0055552_1805149.jpg

というわけで1981年頃に撮影した分田駅ホーム跡。
道路とは石の階段でつながっていた。
c0055552_180399.jpg

分田駅跡に残る駅名標。
もちろんこれも現役時代のものではなく、自転車道整備時に設置されたもの。
c0055552_18026100.jpg

分田駅跡は堤防から同レベルで走っていた。
c0055552_1801461.jpg

菊池川の鉄橋跡にかかる歩道橋。
この橋流出が鹿本鉄道の命取りとなった。
先ほど宮原駅で出くわした鹿本商工高校生徒が追いついてきた。
c0055552_180266.jpg

1981年頃の菊池川鉄橋。
真ん中は洪水で流出している。

c0055552_17595027.jpg

来民駅跡。
以前は駅舎が残っていたが、撤去されて更地になっている。
c0055552_17593831.jpg

来民駅跡付近の地区名はまだ「駅通り」を名乗っている。

c0055552_17592451.jpg

山鹿駅跡にあった山鹿自動車学校は廃業していた。
c0055552_17591110.jpg

自動車学校の教習コース跡。
山鹿駅時代は機関車がたくさん走り回っていたことだろう。
c0055552_17585935.jpg

山鹿駅の駅舎跡。今は近づけない。
c0055552_17584675.jpg

鉄道の記念碑。
c0055552_17583531.jpg

今は「鹿鉄交通」という名前の会社になっている。
c0055552_1758033.jpg

山鹿からさらに先まで延長しようとしたのか、なぜかそれらしき土地がある。
あるいは蒸気機関車時代の単なる機回し線跡か?

[2007年2月12日追記]
その後、調べてみたらやはり延長計画があったことがわかった。
鹿本鉄道はこの先、国道3号線付近の三岳までの免許を取得していたのだ。
もっとも1930年(昭和5年)には失効している。
山鹿駅から先の土地も少しは取得していたようだ。

c0055552_1757476.jpg

水辺プラザかもとの遊歩道にかかる旧菊池川鉄橋。
1981年の頃は川にかかっており、2000年くらいまでは宮原駅跡に置いてあった。
今はようやく安住の地を得たようだ。
鹿本鉄道の現役時代からの遺構はこの橋くらいのものだ。

以上で、鹿本鉄道探訪の旅は終了。
[PR]
by rs422a | 2007-02-10 18:02 | Bicycle | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/5496743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひでわん at 2007-02-11 00:07 x
鹿本鉄道跡探訪レポート、お疲れ様でした。
特に最終回は1981年の貴重な写真もあり、とても興味深く拝見しました。ブログの一記事にしておくのはもったいない(?)ような気がします。
良いものを見せていただきました。(^^)
Commented by rs422a at 2007-02-11 07:26
★ひでわんさん
コメントありがとうございます。
1981年の頃は自前でカメラを持っておらず、すべて同行したI君の撮影によるものです。
菊池川にかかっていたときの鉄橋写真はなかなか貴重かと思います。
本ブログは画像容量が1GBもあるのでこちらに展開しました。
母屋Webページはもう容量いっぱいなもので....(^_^;)
Commented by fukuchifan at 2007-02-11 18:22 x
法事で帰省されたとのことですが、いろいろと故郷の
懐かしさにもふれられたようでよかったですね。
私は全然知らない景色のはずなのに、懐かしい感じがします。
私は東京の生まれ育ちで現在に至ってますので、
こんなふるさとをお持ちの方が羨ましいときがあります。
Commented by rs422a at 2007-02-11 20:27
★fukuchifanさん
ふるさととはいえ、20年も離れてしまうとさすがにもう「帰ってくる」感覚よりも「おじゃまする」感覚になってしまいます。
鉄道も廃止になり、路線バスも人が乗らずに青息吐息。
田舎での公共交通機関は利用するのも不便です。
東京都心部は公共交通機関が発達している点だけは便利ですね。