Top
miniSDカードが壊れた
2005年のツーカー→au移行に備えてプレーオフ第一ステージ第一戦の時に買ったminiSDカードが壊れた。
怪しいメーカーではなくGREENHOUSE製をわざわざ買ったのになんてこったい。
愛用のau携帯電話機W31SA2で使用していた音楽データも写真データもすべてパー。
もはや携帯電話機でもパソコンでもフォーマットすらできない。
削除もできないフォルダやファイルができてしまっている。
どうやら完全にカードそのものがいかれてしまったらしい。
とっくに保証書は無くしている。
わずか1年4ヶ月ほどで壊れてしまうとは....
メモリースティックなんかは毎日使っていても6年間故障知らずなのだが。

これを機会にというわけではないが、唐突に携帯電話機の機種変更をやりたくなった。
W31SA2の最大の弱点は日本語変換。
Wnnはやはりアホウだ。
なにしろ登録した単語が予測変換でぜんぜん出てこないのである。
わざわざ単語登録するくらいだから本当は一番に候補として出てきて欲しいのに出てこない。
一度フルスペルを打ち込んで変換するとしばらくは予測変換でも先頭に候補として出てくるようになる。
が、すぐ忘れて出てこなくなる。
お前はATOK7か!
VJE-Σでももう少し記憶力がいいぞ!

「ATOK for au+APOT」を採用しているのはカシオ、日立、パナソニックか。
東芝は独自のMobile Rupoという変換。
シャープはケータイShoin5という自社ワープロ技術を生かしたもの。
京セラはAdvanced Wnn V2 Exなので期待できない。
ソニーエリクソンはPOBox PRO, Advanced Wnnだから期待できない。

日本語変換にこだわって機種を選定する人は少ないのだろうか。
[PR]
by rs422a | 2007-02-20 22:33 | mobile IT | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rs422a.exblog.jp/tb/5572945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by waka at 2007-02-21 14:26 x
いつも楽しく読ませてもらってまーす。
私も一応、日本語変換にこだわって機種選定しましたよー。
そうですか、Wnnイマイチでしたか…、1回は使ってみたいと思ってたのですが…。

で、結局
W21S→W31CA→W41H→W44S
という変遷です。

いまいち、ATOK系の予測変換がバカだなぁと思ってて、結局POBoxに戻った感じですが、これは慣れもあるのかもしれないです。
あと、出来るならT9を使ってみたいのですが、採用機種あまり無いんですよね…。
Commented by rs422a at 2007-02-22 07:40
★wakaさん
はじめまして。
T9変換はNECくらいしか採用していないので、auの機種にはありませんね。
T9変換は日本語にはちょっときつそうです。
ATOKもパソコンほど賢くは無いのですね。
そうなるとモバイルルポか...予測変換で候補が2個ずつしか出てこないらしいのがちと気になります。
シャープのauモデルはまだ試行錯誤みたいなところがあるのでちょっと手を出しづらいですね。
miniSDカードは保証が1年のものだったので安く売っていたわけなのですがやはり安いものにはなにかしら問題があるのですね。