Top
2010年 06月 27日 ( 1 )
○ L4-2B 許、好投そして義人2打点
c0055552_2184818.gif

勝ちました。
でも観戦していてとても疲れました。

許がいいピッチングをすると打線が機能しないことが多い。
1回裏、片岡がライトスタンドへホームランで1点先制。
しかしその後は続かず。

2回表、3本のヒットを集中されてたちまち同点にされる。
しかし二死一二塁のピンチをなんとか許銘傑が抑える。
3回裏、一死から片岡と栗山が連続四球で出塁。
このチャンスに中島とブラウンは連続三振。
中島は他の打席はみんなヒットを打って猛打賞を達成したのに、大チャンスの場面で凡退している。
人間だからしょうがないか。一時期の小久保みたいな存在になりつつある。

6回裏、先頭の中島が二塁打。長打で一塁を越えて二塁に全力疾走する中島の姿は久しぶりに見たような気がする。
一死一三塁になって石井義人が登場。
このところヒットが出ていない義人。
しかしここでセンターへ犠牲フライを打ち上げて2対1と勝ち越しに成功。

6回表、見方のまずい守備もあって一死一二塁の大ピンチを迎える許銘傑。
ここでT-岡田を三振。
続く北川の打席で細川が捕球し損なって球がそれてしまう。
これを見た二塁走者の後藤が三塁を狙うが、細川が素早く球に追いついて三塁送球タッチアウトにしとめてピンチを脱出。
7回表、藤田太陽がマウンドへ。
一二塁のピンチを作るが代打の田口をサードゴロ併殺にしとめる。
7回裏、先頭の原拓也がまさかのホームランで3対1と差を広げる。
8回表、長田がマウンドへ。
1点を許してしまうが、このままずるずる行かないのが2010年版・長田だ。
なんとか最少失点に切り抜ける。
すると8回裏、石井義人がホームラン!
打った瞬間にわかるほどのすごい打球で、観戦していて鳥肌が立つほどだった。
これでオリックスは戦意喪失。
9回表はシコースキーが無得点で抑えてゲームセット。

許銘傑が5勝目。シコースキーは23セーブ目。いいですな。

ライオンズ・クラシックなので7回裏攻撃前の歌もスペシャルバージョン。
子門真人が歌う「ぼくらの憧れライオンズ」が演奏される。
70年代の子供番組主題歌のような熱い歌詞に子門さんの熱唱が加わってとてもいい。
バットが血に染まるんだもんなあ。

◆太平洋クラブライオンズの情報は以下のWebページが詳しい
おかじまさんのWebページ
失われたライオンズの世界
[PR]
by rs422a | 2010-06-27 18:55 | SEIBU-2010 | Trackback(2) | Comments(0)