Top
2013年 03月 09日 ( 1 )
サイクリングサイクリングやっほーやっほー
c0055552_13291532.jpg

やってきました西武新宿線・南大塚駅。
この駅でピンと来た人はさすが。

c0055552_13285873.jpg

そう、目的は西武安比奈線の散策である。
休止になってから既に40年以上が経っている西武安比奈線。
南大塚駅から本川越方面に向かって左側に折れていくのが安比奈線である。
安比奈線の歴史についてはWikipediaを参照のこと。
c0055552_13285418.jpg

本川越行きホームから安比奈線方面へ伸びる(はず)線路を見る。
c0055552_13283781.jpg

南大塚駅前にある観光マップ。
観光マップを一部隠すように自転車放置禁止の看板を立てなくてもよいと思う。
もうちょっと立て方を考えた方がいい>川越市
c0055552_13283399.jpg

観光マップにも「安比奈線」はしっかり書かれている。
c0055552_13281890.jpg

南大塚駅から分かれたばかりの線路。かなり施設が痛んでいるのがわかる。
休止中とはいえ、これが大手私鉄・西武鉄道の現役の路線なのだ。
熊本電鉄なら現役の状態がこんな感じだが...
c0055552_1328853.jpg

南大塚駅に入る踏切を見る。
c0055552_1328573.jpg

妙に新しい踏切。
しかし線路はコンクリートで固めてある。
c0055552_13275448.jpg

絶対に電車が走らないレール下にはなんと立派なコンクリート枕木が敷いてある。
どういう考えでこんなところに敷いているのか意味不明。
もしかすると踏切付近の設置工事訓練か?

c0055552_13274257.jpg

国道16号線付近の安比奈線。
いやあ、熊本電鉄だったら緑色の上熊本行き電車がやってきそうな雰囲気だ。
c0055552_13273346.jpg

国道16号線の踏切。しかし線路は完全に埋められている。
c0055552_13272545.jpg

16号線踏切横。不法投棄が絶えないようだ。

c0055552_13271634.jpg

住宅街の外れの踏切。
まだ8時前なので近所のおっちゃんが犬を散歩させていた。
放されてレールの上で遊ぶ犬。

c0055552_1327793.jpg

このへんは架線柱も撤去されている。
鹿本鉄道末期はこんなムードだったのかもしれない。
c0055552_13264825.jpg

意外に住宅が多い安比奈線沿線。
大昔のあぜ道をそのまんま舗装しただけの道が複雑に入り組んでいる。
ちなみに左下の陰は撮影者自身。
c0055552_13263738.jpg

農家の人が自分の畑に向かうための農道として利用しているようだ。
c0055552_13263426.jpg

妙に新しい橋の土台と腐りきった枕木に宙に浮いている線路。
いったい西武鉄道は安比奈線をどうしたいのかわからない。
c0055552_13261928.jpg

40年以上の歳月を感じる腐りきった枕木。
c0055552_1326846.jpg

線路沿いの住民の方は歩行者通行用に独自の橋を架けている。

c0055552_1326449.jpg

定番撮影ポイントから。
秋は紅葉ですごそうだ。

c0055552_13254930.jpg

NHK「つばさ」で川越が取り上げられたときに整備されたという安比奈駅近くの鉄橋。
c0055552_13254626.jpg

一時期はトロッコで遊べたらしいが、今は立ち入り禁止になっていた。

c0055552_13253327.jpg

入間川にかかる県道から臨む安比奈線。
県道は安比奈線の存在を全く無視して作られている。
もし安比奈線を復活させる際はどうやってこの県道と交差させるのだろうか?
c0055552_13251782.jpg

この先に安比奈駅(貨物駅)跡があるらしい。
しかしロードバイクではとても走れないのでここまで。
c0055552_1325865.jpg

荒川自転車道を走る。
まさしく今日はサイクリング日和。
雲一つ無い空が広がり、風も弱くて自転車は最高。
これは治水橋を臨む野球場横から。
c0055552_13254100.jpg

武蔵野線をJR東日本のジョイフルトレイン「宴」485系が走っていった。
[PR]
by rs422a | 2013-03-09 15:24 | Bicycle | Trackback | Comments(2)