Top
カテゴリ:Bicycle( 131 )
子の権現 天龍寺
本日は埼玉県飯能市にある天龍寺に行ってみました。
「子(ね)の権現」というほうが通りがよいと思われる。
c0055552_1615516.jpg

西吾野駅まで輪行。
西武秩父線も昔は4000系のクロスシート車があてがわていたのだが老朽化なのか、普通のロングシートの8両編成車にあたってしまった。
行楽客ばかりなのだから飯能~西武秩父間を走る列車はクロスシートだけにしてもらいたい。
おまけにこの日は最悪の客が乗り合わせ。
特急券をケチったジジイ4人が車内で立ったままで缶入り水割りウイスキーで宴会を始めた。
日本の恥だ。


c0055552_16144811.jpg

さて気を取り直して西吾野駅から国道299号線を登り、子の権現へ向かう。
途中の沢にはところどころ紅葉がある。


c0055552_16143090.jpg

こんな風にけっこう見どころがある道。
もう少し早い時期に来るとよりきれいだったかな。


c0055552_16141418.jpg

この日はあいにくなんかのマラソン大会とかち合い、車の通りは多いわ、向こう側からランナーも大量に来るわで割と騒々しい山道だった。
ようやく天龍寺の駐車場に到着した。
景色は山の上だからきれい。


c0055552_1613569.jpg

先客の自転車族もいた。


c0055552_1613394.jpg

先ほどの駐輪した先にある展望台からの風景。急に曇ってきた。


c0055552_16132479.jpg

子の権現 天龍寺を目指して歩き出す。


c0055552_161384.jpg

参道は歩きやすい。


c0055552_16124544.jpg

入り口には巨大な像がお待ちかね。


c0055552_16122961.jpg

天龍寺。左側の二人はマラソンランナー。
補給所がここに用意されている。


c0055552_16121456.jpg

本当の社殿はこちらのようだ。


c0055552_16115918.jpg

足腰の神様とのことで巨大なモニュメントがある。


c0055552_16113898.jpg

夫婦下駄。


c0055552_16112211.jpg

巨大わらじ。


c0055552_1611712.jpg

でもさらに先に奥の院がある。


c0055552_1610493.jpg

天気が良ければスカイツリーも臨めるらしいが、急に雲が増えてきて景色は楽しめず。


c0055552_16103498.jpg

ふもとの茶店で饅頭と甘酒をいただく。
曇ってきてとても寒くなったので温かい甘酒が実にうまかった。


c0055552_16101817.jpg

さて、あとは飯能市街へと下るだけだ。
自転車を進めたら天龍寺からの道がとんでもない。
とてつもない急な下り坂。
舗装もいいかげん(アスファルトではなくコンクリートで横溝のやつ)で道幅も狭く、たいへん危険。
フルブレーキングの状態でずっと走る。
さらに山間部なので日陰ばかりになっていて気温が低くとても寒い。
そんな状態で数km走ったら体も限界。
冷え切った体で震えながら走っていたらちょうどよく手打ちうどん屋さんがあったので入ることにする。
「ゆずの庄」という店だ。
普通の家のつくりなのでなんだか「ごめんください」と入る感じ。


c0055552_1695536.jpg

寒いので「肉汁うどん(中盛り)」をいただく。
麺は300g、デザートはリンゴ。
ネギとゆずの皮が付く。
とっくりは蕎麦湯。
冷えた体には肉汁うどんがうまいうまい。
武蔵野うどん系の固い麺が実にうまい。
うどんは自転車で体力を使った体にはぴったりの食べ物だと思う。


というわけで、けっこう楽しめた子の権現でありました。
[PR]
by rs422a | 2017-12-02 16:15 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
鎌北湖 20171126
埼玉県毛呂山町にある鎌北湖の紅葉祭りが開催ということで自転車で出かけました。
c0055552_14345855.jpg

とはいっても武蔵横手駅までは輪行。
今日はいい天気のせいか、輪行している人が非常に多く車内は混雑していた。
鎌北湖に向かう途中でふもとを見渡す絶景スポット。


c0055552_14344185.jpg

鎌北湖に到着した。
釣り人がたくさんいる。
まだ9時ころなので観光客も少ない。


c0055552_14342498.jpg

鎌北湖第二駐車場から湖の紅葉をのぞむ。


c0055552_1434519.jpg

湖畔の紅葉のピークは少し過ぎたくらいか。


c0055552_1433496.jpg

太陽の光を透かして映える紅葉。


c0055552_1433326.jpg

この狭い道をひっきりなしに車が通る。


c0055552_14331441.jpg

撮影しきれないほど紅葉が続く。


c0055552_14325715.jpg

水面と紅葉はよく合う。


c0055552_14324260.jpg

肉眼では素晴らしい風景なのだが、写真にとると黒くなってわかりづらくなる。


c0055552_1432202.jpg

赤になったと同時に落葉している感じ。


c0055552_1432515.jpg

ゆっくり湖畔を散策して撮影できた。


c0055552_14314958.jpg

今日は紅葉祭りということなのだが、祭りらしいことはゆず娘の撮影会のみ。
売店の一つも出ていない。
なんともさみしいイベント。


c0055552_14312512.jpg

毛呂山町のゆるキャラ「もろ丸君」が居るのではないかと期待していたが鎌北湖には姿を見せず。
かわりにもろ丸君ラッピングの車がいたので撮影。


c0055552_1431318.jpg

サイドから。


c0055552_14304691.jpg

鎌北湖を後にして宿谷の滝へ行ってみる。
滝からの水が川になっている宿谷川。


c0055552_143023100.jpg

この辺はハイキングコースになっている。
駐車場から滝までは徒歩7分とのこと。


c0055552_14295465.jpg

駐車場から滝までは整備された歩道が続いている。


c0055552_14294093.jpg

小さな流れの宿谷川。


c0055552_14292291.jpg

宿谷の滝。
たまに怪しげな修行の人が滝に打たれていたりするが、今日はいなかった。


c0055552_1429558.jpg

鎌北売店で野菜を買い込んでから高麗神社に移動する。
ここも入り口の紅葉がすごく色づいている。


c0055552_14284750.jpg

真っ赤な葉っぱ。


c0055552_14282252.jpg

高麗神社の鳥居。


c0055552_1428677.jpg

参道も赤い。


c0055552_14274988.jpg

イチョウの大木。


c0055552_14272611.jpg

高麗神社の社殿。
本日は七五三の家族が多く参拝に訪れていた。


c0055552_1427854.jpg

高麗神社近くのカフェで休憩。
ブルーベリーケーキセット。
ものすごくおいしいというものではないが、いい休憩になった。


週末がずっと悪天候の日が続いてなかなか自転車に乗れなかった。
青空の下、サイクリングは楽しいものでありました。
[PR]
by rs422a | 2017-11-26 14:35 | Bicycle | Trackback | Comments(2)
ランチ
本日の東京は快晴。
いい陽気なので自転車でポタリング。
ランチは西武新宿線・井荻駅近くの季園という店で日替わりランチ。
c0055552_11514738.jpg

この店はもう3回ほど来ているが、見た目以上にボリュームがあるのがうれしい。
メインのおかずに冷ややっこ、中華スープ、杏仁豆腐、ご飯、さらに食後にアイスコーヒーも出る。
これで800円。
日替わりのメニュー内容は木須肉(ムースーロー)である。
きくらげ、卵、肉、タマネギがいい感じで炒められており、ご飯に合う合う。
普通の店の一品料理の2倍はありそうなくらい量が多い。
自転車で体力を使っているのでこういうエネルギー補給は大切だ。
おかげで今日はほとんど疲労を感じずに走ることができた。

なんか店の名前に違和感を感じて調べてみたら以前の店名は「秀園」だったらしい。
店構えも内装もメニューもほとんど変化がないので何が変わったんだろうか?
[PR]
by rs422a | 2017-10-09 11:51 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
思いがけず沖縄サイクリング
前回からの続き

沖縄県北谷町にあるサンセットバイクさんで自転車をレンタルした私は沖縄サイクリングを楽しむのでありました。
c0055552_10351690.jpg

お店の営業時間は11時なのでそれまでは美浜アメリカンビレッジをうろつく。
これは観覧車。
美浜アメリカンビレッジに訪れている客層は中国系の人々が多い。
そして米軍基地も近いのでアメリカ人と思われる家族も多い。
駐車場には占領軍を表す「Y」のナンバーをつけた車が多かった。
米軍基地駐留家族にとってはここはレジャー施設なのだろうな。
c0055552_1035410.jpg

腹も減ったので開いている店に入って朝食をとる。
サンドイッチとコーヒー。
c0055552_10345421.jpg

アメリカ~ンな店がある。
ぶらぶらしている間に午前11時の営業開始時間になったのでサンセットバイクさんへ行ってみる。
6月の木曜日という平日。すんなり借りられた。
c0055552_10344349.jpg

さて、いよいよ沖縄サイクリングのはじまりはじまり。
借りた自転車はJAMIS VENTURA SPORTSであります。
アルミフレームにシマノのコンポーネントと、必要にして十分な装備を持ったロードバイクだ。

このバイクは2017年現在のJamis公式Web掲載のモデルと見た目は似ているがパーツ構成が異なっているので2016年以前のモデルと思われる。
とはいえ、私が所有しているFELT F60は2005年モデルなので10年以上の時間差がある。
これだけの年季の差があると、最近のスポーツバイクにおける流行パーツが体感できてよかった。

VENTURAのタイヤには最近流行の700x25cを装着。
F60は700x23cなので太い。
レンタルバイクなのでレーシングタイヤ(スリック)ではなく一般走行用に溝がある普通のタイヤだ。
クランクセットも最近一般的になりつつある50/34Tのいわゆるコンパクトクランク。
F60はフロントトリプルで最大53Tだから重くて重くてヘタレサイクリストにはきついが50Tは楽だな。
フレームの形状はスローピングフレームで体に合った調整がしやすいタイプ。
サドルの調整をしてもらっていざ出発。
サンセットバイクスタッフからは読谷村の海岸線が美しいと聞いたので北方へ向かってみることにする。

まずはサンセットバイクの店名の由来になっているであろう「サンセットビーチ」へ行く。
梅雨明けしたばかりの沖縄。
とても暑い。
c0055552_10342414.jpg

ビーチにはまだほとんど人がいない。
沖縄の海は青くてきれいだ。


国道58号線を北上し、水釜交差点から読谷村方面へ向かう。
適当に走っていたらいつの間にか木綿原遺跡の海岸にたどり着いた。
何度見ても美しい沖縄の海。
とにかくどこでも海の色に感動する。

c0055552_10334196.jpg

さらに北上して読谷村の運動公園へ行く。
途中のファミリーマートで水やお茶を買うが、6月の沖縄はとにかく暑いので水分が全部汗となって出ていく感じだ。
c0055552_10332974.jpg

運動公園の休憩所で体を休ませる。
ここまで私を連れてきてくれたVENTURAくんである。
木陰は風が心地よい。

サイクリングではこの3月に手に入れたスマートホンSOV33が大活躍。
マップ機能と自転車ナビはとても便利。
サンセットバイクさんからは13kmも乗っていないのだけど炎天下の走行で体力の消耗が激しい。
c0055552_10331570.jpg

運動公園を後にして楚辺水道浄化センターの海岸へ行ってみた。
ここもすばらしい海が広がっている。
c0055552_1033384.jpg

海はどこまでも美しい。
c0055552_10325281.jpg

いつまでもいられる感じだが、バイクの返却時間とそこまでの走行時間を考慮しなければならない。
なにしろエンジンが自分自身なので、この猛暑下の沖縄本島をサイクリングするのだ。
無理はできない。
c0055552_10323827.jpg

というわけできれいな海辺に別れを告げて美浜アメリカンビレッジまで駆け抜ける。
一気に走れば読谷村から45分ほどで到着した。
国道58号線沿いは米軍の占領地があるので南へ向かうと左側に店舗などは皆無。
あっという間に美浜アメリカンビレッジに到着した。

自身の体力の消耗が激しい。
2リットルほどの水分が抜けてしまった。
しかし思いがけずレンタルでき、楽しいサイクリングであった。

ところでVENTURAが装備しているコンパクトクランクは現愛車のFELT F60のギヤ比とは全く異なる。
F60では一番重いギヤは下り坂か追い風時でないと重すぎてとても踏み込めないが、VENTURAでは実用で使えた。
50Tのコンパクトクランクはいいなと感じた。

タイヤは普段乗りの愛車が700x23cでスリックタイヤだからVENTURAの700x25cタイヤは太すぎるうえに転がり抵抗も大きくてなかなか走らない。
炎天下で走るにはきつかった。

サイクリングの爽快感は最高。
もし次に沖縄に来る機会があれば今度はそれほど暑くない時期にしたい。
自身の足で気ままに移動できるのはとても楽しいのだ。


さて、那覇市内へと戻る際に路線バスを利用するべく桑江バス停へ向かった私であったが、途中に客待ちをしていたタクシーの運転手から
「Excuse me?」
と声をかけられた。
無視して歩いていると何度も続けてくる。
どうやら米軍兵と勘違いしているものと推測される。
183cmの身長の男が平日にこんなところをうろついているのだから無理もないか。
実際、美浜アメリカンビレッジにはそのような体格の軍人らしき人物がオフを楽しむ姿を多数見かけた。
今どきの軍人は東洋系、白人、黒人とさまざまな皮膚の色の人々で構成されているからとりあえず英語で話しかけてきたのだろう。
日本国内で外国人に間違えられたのは初めてだな。
[PR]
by rs422a | 2017-07-01 10:36 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
レンタルバイクで読谷村
c0055552_11455078.jpg


沖縄でサイクリングをするとはね
暑いけど気分爽快です
ペットボトルの水がどんどん体に吸い込まれる
わずか3時間で2リットルが汗で消えた
沖縄の海はきれいだ
冬に来たほうがいいかな



ことの経緯は
[PR]
by rs422a | 2017-06-29 11:45 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
秋葉原
c0055552_10404133.jpg

不気味な街になったけど

今日はメモリースティックの最後の購入と思ってこの街に来た。
通りを行きかう人々は独特の個性を持った方々。
女性はだいたい職業接待師。中国系の言葉が飛び交う。
店も一般電気店はほぼ姿を消し、怪しい電気グッズ販売ばかり。ここも中国系の言葉が飛び交う。
日本って大丈夫かって心配になるストリートである。

都心を自転車で走るといろいろな光景が目に入って面白い。
江戸時代の記録がしっかり残っているので町名の移り変わりだけでも貴重な資料だ。
神田明神やら東京ドームやらをわきに見ながらのサイクリングもまた楽し。
[PR]
by rs422a | 2017-06-17 10:40 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
善福寺公園
c0055552_5322860.jpg


6月というのにとても寒い今朝の東京。
半袖短パンでは耐え切れないほど寒い。
とっとと帰ることにした。
[PR]
by rs422a | 2017-06-04 05:32 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
森林公園
c0055552_621054.jpg


森林公園駅に朝の6時に到着。
自転車を組み立てて森林公園を目指す。
肝心の森林公園は早朝のため営業しておらず、荒川自転車道の起点にはたどり着けなかった。
外周路を走り、荒川自転車道に入る。

c0055552_11454418.jpg

大芦橋で休憩。
雲の切れ間から光が差し込んでとてもきれいな風景なのだが、肉眼でしかわからないなあ。

c0055552_11453792.jpg

自転車道はこんな感じの狭い舗装道路。
ひび割れがあちこちにあってガタガタ。
ファットバイクで走っている人がいたけど、それが正解かも。

c0055552_11452993.jpg

大芦橋を見る。
ここでもかなり川幅がありそう。

c0055552_11451918.jpg

すこし下流に走っていくと「川幅日本一」の地点に到達。
2537mもあるらしい。
実際の荒川そのものは真ん中付近をちょろちょろ流れているだけなので土手の幅が日本一というべきだろう。

c0055552_11450944.jpg


入間川大橋から川越市内へ向かうことにする。
川越城址にある本丸御殿。

c0055552_11450085.jpg


意外に立派な作りで驚いた。
もっともたいして見るべきところはない。

c0055552_11445081.jpg


喜多院へ行く。の、はず
だったが成田山川越別院へ
今日はなんだか市が出ていてにぎやかだ。

c0055552_11443998.jpg


本堂。
ここは立派な作りだ。

今日も暑くなってきたのでとっとと帰った。
早朝から行動するのがいいね。

[PR]
by rs422a | 2017-05-28 06:02 | Bicycle | Trackback | Comments(2)
入間川自転車道
c0055552_694051.jpg

暑くなりそう

入間川自転車道から荒川自転車道へ
c0055552_11180348.jpg
↑川越線の電車とにかく暑かった
自転車の季節は秋まで休みだな

[PR]
by rs422a | 2017-05-21 06:09 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
ステーキ食べたいな
荻窪駅南口にある曙ステーキ店。
c0055552_22422138.jpg

プロレスやるどころではないような容態なのでこちらを本業にしたほうがよい>曙太郎さん
[PR]
by rs422a | 2017-05-10 22:43 | Bicycle | Trackback | Comments(0)