Top
カテゴリ:Bicycle( 128 )
今日は自転車専門雑誌の発売日
2005年の自転車業界はロードモデルブームだった。
ドロップハンドルを装備したレーサータイプの軽快スポーツサイクルだ。
2006年はさらにそれが加速されそうだ。

本日20日は月刊の自転車専門誌の発売日だ。
Cycle Sports誌とFUNRIDE誌は2006年向けロードニューモデルの大特集。
私はBicycle Club誌を愛読しているが、もちろんニューモデルの特集だ。

今までMTBばかりクローズアップしていた米Cannondale社の2006年Webでは最上段の目立つところにロードモデルへのメニューが付いた。
これはすなわち、2006年モデルの一番のお奨めはロードだということだ。
米TREK社もランス・アームストロング選手のツール・ド・フランス七連覇の偉業をたたえたレプリカカラーのロードモデルをラインナップしている。

自転車の頂点はロードモデルだと言える。
日本の芸能界の頂点が歌舞伎であるのと同じだ。
極限まで削った細身の車体に極上のパーツの数々。
各社最高級車種はやはり美しい。

私はホビー用途としてFELT F60(2005)を購入した。
ホビーに使うにも高級すぎるほどのグレードだ。
実際、私にはオーバースペックであるが、所有満足度は十分満たされている。
でも一般的な自転車の使い方としては向いていない。
なにしろスタンドが無いので、駐車する時には苦労する。
カゴなども取り付けられない。身につけるかばんにしか収納力は無い。
前傾姿勢がきつくてちょっとそこまで乗るにはかえって辛い。
10月は雨が少ない月のはずなのに東京は雨ばかり。
土日は乗れるかな。
[PR]
by rs422a | 2005-10-20 23:57 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
ほくと&なんと
と、聞くとどうしても「北斗の拳」を思い出す。
主人公の繰り出す北斗神拳(ほくとしんけん)に対してライバルたちは南斗聖拳(なんとせいけん)を使う。

平成の大合併で生まれた新しい市名にこれらを使ったものがある。
 北社市(ほくとし):山梨県
 南砺市(なんとし):富山県
名前の印象と違って南砺市のほうが北社市よりずっと北に位置している。

北社市は山梨県北西部の高原に位置している。
清里などの観光地があって楽しそうなところだ。
ぜひ自転車で走ってみたいところである。

南砺市は富山県南西部に位置する県境の街。
隣の砺波市には何度か仕事で行っている。
南砺市には五箇山など観光スポットもある。
ここもまたいつか自転車で訪れてみたい街である。
[PR]
by rs422a | 2005-10-07 23:21 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
FELTの2006年モデル
FELT 06 MODEL

↑このページでもふれられているけど、2006年のFELTもコストパフォーマンスに優れたモデルが目白押し。
2005年のF60を買った身としてはまたもや欲しくなるようなラインナップ。
ただ2005年モデルに比べてフロントギヤの歯数が少なくなっているのが気になる。
もっとも今のモデルは重くてペダル踏めないけど。
[PR]
by rs422a | 2005-09-30 23:56 | Bicycle | Trackback | Comments(2)
代々木公園
c0055552_12344638.jpg

敬老の日。
代々木公園を散策。
公園内には貸し自転車があってサイクリングコースを走ることができる。
サイクリングコースは一方通行で歩行者禁止になっている。
しかし、そこは日本。
平気で犬連れの連中が散歩している。
しかも放し飼い。
日本人ってどうしてこうルールを無視することしか考えないのだろうか?

荒川サイクリングロードなどとはちがい、この公園に来るサイクリストは老人ばかり。
今日が敬老の日だからというオチではなく、都心に住んでいる人は老人ばかりなのだろう。
[PR]
by rs422a | 2005-09-19 23:38 | Bicycle | Trackback | Comments(3)
コンビニ選び
自転車に乗っていると腹が減る。
最近はどこにでもコンビニエンスストアがあって飲食物の調達が便利である。

今朝も荒川自転車道を走ってきた。
ここは自転車で走るには最高の環境だ。
だが手ごろな休憩所が無いので休もうと思っても飲食物の調達が面倒である。
羽根倉橋から少しさいたま市へ入ったところにミニストップ埼大通り店がある。
この店をよく休憩所代わりに利用している。
ミニストップは「しゃべれる食べれるコンビニエンス」と宣伝しているコンビニである。
特徴は店内に椅子とテーブルがあるイートインコーナーが存在する点だ。
店専用のクレジットカードだけでなく、JCBやVISAなど一般のクレジットカードが使えるのもいい点だ。
助六寿司と麦茶をクレジットカードで支払ってイートインコーナーで食べる。
現金を使わなくていいのは楽でよい。
ただミニストップは店舗数が少ない。なかなか走っていても出くわさない。
たまに見つけたミニストップの場所は覚えておくように気をつけている。

我が家最寄のコンビにはセブンイレブンである。
ここはクレジットカードもEdyも使えない。現金払いのみなのでめったに利用しない。
駅から我が家までの通勤路にあるコンビニはファミリーマートである。
こちらの店はファミマカードしか使えない。Edyも未対応。
都内でよく見かける両コンビニでクレジットカードが使えないのが痛い。
というわけで私がコンビニを利用する際はわざわざ自転車に乗ってampmサークルKへ行く。
両方ともEdyカードが使えるのが便利だ。
通常、NTT代は一般クレジットカードで支払えない場合が多い。
NTT Group Cardだけ扱うらしい。
NTT代だけのためにこのカードを作るのもばかばかしい。
だが、EdyだとNTT代支払いでも使える。
Edyのチャージは別のクレジットカードからなので実質NTT代を一般クレジットカードで支払いできるのだ。

我が家最寄のセブンイレブンとファミリーマートが一般クレジットカードまたはEdy対応してくれることを望んでいる。
[PR]
by rs422a | 2005-08-20 08:30 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
御巣鷹山のふもとの村
毎年8月12日になると日航機墜落事故が思い出されます。
山のふもとの二つの村。
群馬県側の上野村、長野県側の川上村共に仕事で何度か行った事があります。
自然が豊かで両方ともとてもいいところです。
レジャーで行くには最高の場所です。
その分、事故現場発見が遅れたことはしかたがないと思えるほどの山深いところです。
両村とも観光に力が入っているので少しご紹介しておきましょう。
(このブログは積極的に公開していないのであまり意味無いけど)

東京からはどちらもかなり遠い。
上野村へは公共交通機関だとJR高崎線・新町駅かJR八高線・群馬藤岡駅から日本中央バスに乗って約2時間。
神流川の清流を見ながら楽しいバス旅行です。
延々と同じ風景が続くので絶対途中で眠くなります。
バスの運転手は眠気防止のためか、ラジオをかけて運転していました。
他には西武秩父駅から山越えで入るルートが各自転車雑誌に紹介されています。
西武鉄道沿線に住む私もいつかチャレンジしてみたいルートです。
もう少し体力をつけてからがんばってみたいです。
温泉、鍾乳洞、釣り、登山など山のレジャーが全部そろっています。


川上村への公共交通機関アクセスはJR小海線・川上駅から村営バス
小海線自体が東京からだとなかなか行きにくい路線。
さらにそこから奥に入る村なので自然がいっぱい。
高原野菜の畑が広がるいいムードの村です。
天然記念物に指定されている川上犬というのがいます。
柴犬風のかわいい犬ですがよく吠えます。犬が苦手な人は近寄らないほうがいいでしょう。
高原になっているので自転車で散歩したらすごく楽しそうな村だったことを覚えています。
こちらもいつか自転車でチャレンジしてみたいものです。

両村は地図上は接しているのですが深い山に阻まれて直接結んでいる道路はありません。
峠越えなので体力もさることながらパンク修理技術をちゃんと身につけていつか走破にチャレンジしたいと考えております。
[PR]
by rs422a | 2005-08-12 23:59 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
ツール・ド・フランス2005もいよいよ佳境
ランス・アームストロング選手の個人7連覇が濃厚になってきたツール・ド・フランス2005もいよいよ大詰め。
完走できればほぼ優勝は間違いなし。
ディスカバリーチャンネルチーム全体でランスの有終の美を飾ろうとする協力体制はすごかった。
個人成績を尊重しつつ、しっかりチーム全体の成績もあげる。
あらゆる職業の仕事でもこういきたいところだが、それがなかなか難しい。
また今度自転車に乗りながらでも考えてみよう。
[PR]
by rs422a | 2005-07-24 19:29 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
みょ~に腹が減る
7月23日は東京は珍しく涼しくていい陽気であった。
勇んで自転車で出かけてみる。
6時半ごろ、菓子パンの朝食。

西武拝島線の玉川上水駅まで行ったところで雨が降ってきた。
その時点ではたいしたことが無かったので、そのまま進む。
多摩モノレールの上北台駅に移動後、ふと西の空を見ると雲が厚い。
急いで家に帰ることにする。
武蔵野市付近からは路面が完全に濡れている。
どうも私の移動と共に雨雲も東に流れてきたようだ。
1時間半以上こぎつづけて体がきつい。
ひとねいりして11時頃に固焼きそばを食べる。うまい。
それからなじみの喫茶店へ。
コーヒー豆を買って家に帰る途中で猛烈に腹が減ってきた。
さっき1.5人前も焼きそばを食べたのになんてこったい。ボケ老人みたい。
すき家で牛丼(並)を14時頃に食べる。
c0055552_1224527.gif


家に帰って17時頃になったらまた腹が減ってきた。
今日はなんだかんだで60km以上走ったからか、妙にお腹が空る一日だった。
[PR]
by rs422a | 2005-07-23 06:32 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
夢 ☆
しまなみ街道を自転車で走ってみたい。
そんな野望だけは持っている。
しまなみ海道観光マップ
海道は走れないので、街道を走りたい。
しまなみ街道の全長は80kmくらい。
都内で60km走ってもなんとも無いので、今の私の体力なら楽々だろう。

東京からだと夜行高速バスで行けばちょうどいい時間に現地に到着できる。
行きは高速バスで、帰りはサンライズ瀬戸の寝台でのびのび寝て帰りたい。
問題は尾道と向島との間の交通手段だけだ。
橋はかかっているが狭いので自転車利用は控えろというまことに理不尽な注意書きが載っている。
渡船を使えということである。
尾道駅前から出ている渡船は人間100円、自転車10円という運賃。
缶飲料より安い料金で運行しているのはすごいと思う。

今治側から入るか、尾道側から入るか。
どちらも景色はすばらしそうだ。
宝くじで3億円くらい当たったら実行してみたいと思う。
c0055552_722113.jpg


※本記事もアホコメントが絶えないのでコメント不可に設定します
[PR]
by rs422a | 2005-07-22 19:33 | Bicycle | Trackback
健康診断
会社の健康診断を3ヶ月ごとに受診している。
1月の時点で体重は76kg強だった。ほとんど77kgに近かった。
4月の時点では73.9kgになっていた。
そして7月の今月の検診では70kgになっていた。

担当の看護士がびっくりしていた。
そりゃそうだろう。半年で7kg近く減量しているのだから。

この秘密は自転車である。
TREK社のキャッチコピーである
 「すばらしいロードバイクで楽しいツーリングを」
というのを実践できているからだ。

昔「サーキットの狼」という漫画があった。
主人公の風吹裕矢はロータス・ヨーロッパに乗っていたがライバルの早瀬左近に負けた。
(A級ライセンスの模擬レース、同レースで車はゴール後エンジンブローアップ)
そんな風吹が次に手に入れたマシンはフェラーリ・ディノ・レーシングスペシャルだった。
このマシンで早瀬のポルシェ930・ターボに雪辱を果たす。

現在の私はまさにディノRSを手に入れた風吹裕矢の心境だろうか。
FELT F60は実にすばらしい。
この自転車ならばどこまでも乗っていける。
もはや以前のようにMTBに抜かれることが無い。
乗っていて実に心地よいマシンである。
もちろん、公道はレース場ではないのでスピードは控えめにして安全確認は怠らないようにしている。
c0055552_6575778.jpg

[PR]
by rs422a | 2005-07-21 20:01 | Bicycle | Trackback | Comments(0)