Top
カテゴリ:Bicycle( 111 )
声優ペダル旅 阿蘇編
録画していた自転車旅番組を見た。
主役の声優さんは自前の最軽量自転車を持ってきたという。
しかしその紹介の中で致命的なミスを犯している。
カンパニョーロのパーツを使っているのに、レバーを「STIレバー」と言っちゃいかんだろう。
ま、それはともかく、江津湖湖畔でくまモンと別れて阿蘇へ行くってすごい上りばかり。
この人、本当に自転車が好きなんだね。
逆コースを走ってみたくなりました。
[PR]
by rs422a | 2015-12-26 20:10 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
紅葉狩り
いい天気なので自転車で出かけました。
c0055552_22121379.jpg

神楽坂にある毘沙門天。
いやあ、何度も早稲田から飯田橋まで自転車で走っているのだけど神楽坂商店街を通るのは初めて。
立派な商店街とこれまた立派な毘沙門天があったのね。
c0055552_2212187.jpg

本堂。
ひっきりなしに観光客が来ていた。
c0055552_22115031.jpg

そのままの勢いで秋葉原に来ました。
秋葉原といえば「おでん缶」の自動販売機。
チチブ電機は無くなったが、おでん缶自動販売機は健在だった。
c0055552_22113844.jpg

もはや「電気街」とは言えない秋葉原の街。
電気店はほぼ消滅して変態趣味の店ばかり。
c0055552_22112876.jpg

この日はファイナルファンタジーのイベントが開催されるらしい。
行列がすごかった。
c0055552_22111625.jpg

秋葉原でSDカードを買って自転車でぶらつく。
神保町を過ぎて九段下まで来たので日本武道館に行ってみることにした。
c0055552_2211677.jpg

日本武道館前のイチョウの木。
先日の強風でも葉っぱは吹き飛ばされなかったようだ。
c0055552_22105338.jpg

日本武道館正面。
何度もプロレスイベントで訪れた。
c0055552_2210425.jpg

大きな玉ねぎの下で。
c0055552_22102776.jpg

さて、紅葉の景色を楽しむ私。
とはいえここは都心のど真ん中の「北の丸公園」である。
c0055552_22101510.jpg

こんな渓谷があったことにびっくり。
たぶん汲み上げ水だろうけど。
c0055552_2295948.jpg

繰り返しになるが、ここは東京都心の「北の丸公園」内である。
こんなところで紅葉が楽しめるとは思ってもみなかった。
c0055552_2294217.jpg

皇居のお濠を望む。
c0055552_2292937.jpg

向こうに見えるのは首都高速道路。
こんな都会の真っただ中で紅葉狩りができた北の丸公園でありました。
[PR]
by rs422a | 2015-12-12 22:12 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
YAMAHA YPJ-R
あのヤマハ発動機電動アシスト付きスポーツロードバイクYPJ-Rを2015年12月10日に発売するそうだ。

価格は23万円(税抜き)とのこと。

シマノ105コンポーネントを採用。
さすがに重量は15.4kg(500mmサイズ)と、ロードバイクとしてはかなり重め。
タイヤは700x25Cだが23Cも使えそうだな。
ホイールはクイックリリースなので輪行もできそうだ。

これは猛烈に欲しいぞ。
坂道をアシストしてくれれば秩父の山道上りも怖くない。
ECOモードでも48kmしか電池が持たないのは少々気になる。せめて倍のスタミナは欲しかった。
フレームサイズが500mmのMサイズと430mmのSサイズの2種類しか無いのが残念。
身長182cmの私には500mmではちょっと小さそう。
画像を見る限り、GIANTのようなスローピングフレームだから問題は少ないかな。
どこかの店で試乗会とかに行ったらおもわず購入してしまいそうだ。


[17:05 追記]
ASCIIに記事があった。
[PR]
by rs422a | 2015-10-10 23:59 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
多摩湖自転車道を走る2015
GWの始まりはまずまずのお天気。
今日は自転車で多摩湖自転車道を走りました。
c0055552_1617966.jpg

萩山駅近くの休憩所にて。
ちょうどよい距離にある休憩所なので、けっこうよく使っている。
地元のおっさんが来て着席すると間違いなくたばこを吸い始めるのが難点だが。
c0055552_1616542.jpg

少し雲はあるものの、新緑に青空が広がる。
午後は天気が悪化するという予報なので早めに行動。
c0055552_16164113.jpg

多摩湖(村山貯水池)に到着。
今日は土曜日なので人も多い。
c0055552_16162726.jpg

西武ドームを遠くに臨む。
秋に日本シリーズが開かれれば喜んで向かうのだが、今年も無理っぽい。
c0055552_1616823.jpg

多摩湖西岸の頂上付近にある名無しの休憩所。
手前の鹿島休憩所には立派な案内板があるのに、こちらは殺風景。
ゴミの不法投棄が多くて景観はひどい。
9年前から舗装路も手を加えられていないようなのでガタガタのひどい道。
ロードバイクではなくサスペンション付きのMTBでないと厳しいくらいひどい自転車道になっている。
行政ももうちょっと気を配ってほしいな。
c0055552_16155860.jpg

狭山湖(山口貯水池)に到着。
いつもは西武ドームまでで折り返しているので、こっちまで来るのは久しぶりだ。
c0055552_16152962.jpg

狭山湖の築堤を走る。
c0055552_16151982.jpg

シガンシナ区かトロスト区か?
意味不明な人は「進撃の巨人」を調べよう。
もしこの築堤が崩れたら下流の人家はひとたまりもないな。
怪獣が本当に出現したら怖そうだ。
c0055552_161588.jpg

オオタカが繁殖しているらしい。
4月から6月頃まではあまり飛来してこないとのこと。
c0055552_16144223.jpg

多摩湖より人が少なくてこれといったレジャー施設もない狭山湖はやや神秘的。
c0055552_16143113.jpg

狭山湖入り口付近に咲いていた花。
c0055552_16141989.jpg

道ばたに咲いている花。
c0055552_1614917.jpg

西武ドームに行き、6月のチケットを購入。
ついでに第二球場に行って二軍の練習風景を見る。
これは木村(51)と梅田(67)がレフト守備の練習をしているところ。
c0055552_1613284.jpg

内野では金子一輝(56)がセカンドの練習からショートへ移動して練習。
木村が茶目っ気を出してショートの守備に挑戦するが、捕球後の送球に難があった。
本当に元・投手なのか>木村
栗山の調子がいまひとつなので打てばレフトのレギュラーポジションを奪えるかもしれないのだからガンバレや。
c0055552_16121310.jpg

大切なスポンサーの旗。
c0055552_16115734.jpg

憲法記念日は二軍戦でも西武ドームを使用するようだ。
c0055552_16112521.jpg

帰りは某手打ちうどん店へ。
そんなにおいしいとは思えない店なのだが、帰路の途中でいい距離にあるのでついつい立ち寄ってしまう。
今日はもりうどんに野菜天ぷら(5品)を注文。
前に行ったときに一押しはぶっかけうどんとのことだったが、こちらのもりうどんの方がおいしいと思う。
[PR]
by rs422a | 2015-04-25 16:17 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
再び入間川自転車道~川越へ
c0055552_2136297.jpg

夜桜。さすがに私のカメラの腕ではこれくらいが精一杯。
c0055552_21355123.jpg

入間川自転車道にやってきました。
桜の開花ぶりはもう少しといったところ。
とはいえ、来週はあまり天候はよくなさそうだからとりあえずやってきてみた。
春の霞のせいか、11月時点では見えていた富士山が今日は見えなかった。
c0055552_21354089.jpg

一部の桜はだいぶ咲いている。
全体では三分咲きくらいか。
c0055552_21352920.jpg

満開の時は花見客でいっぱいになりそうだ。
c0055552_21351994.jpg

桃の花が満開で、桜よりこちらの方がきれいだ。
c0055552_2135814.jpg

一部しか咲いていないのが残念だが。
c0055552_21345917.jpg

自転車道の両側に桜が植えてある。
満開の時に走ったら気持ちよさそうだ。
c0055552_21344746.jpg

結構長い桜並木。
c0055552_21343458.jpg

あっという間に初雁橋まで来たので桜並木は終了。
川越市内に行ってみる。
某喫茶店にあった「ハイテク喫茶KOEDO」というもの。
どう見てもただの自動販売機にしか見えないが...
c0055552_21341990.jpg

一応、時の鐘を撮影。
c0055552_2134621.jpg

本川越駅ではまだNHK「つばさ」のことをやっている。
c0055552_213348100.jpg

ライオンズストア。
まだ営業していなかった。

今日の晴れ間は午前中のみという予報だったので早めに電車に乗って帰ってきた。
その予報通り、午後には雨が降ってきたので早めに行動してよかった。
[PR]
by rs422a | 2015-03-29 21:36 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
2014年 鎌北湖紅葉祭りサイクリング
昨年(2013年)の様子はこちら
c0055552_1528087.jpg

はい、今年も鎌北湖の紅葉祭りにやってきました。
とはいえ、電車から降りてきたのはわずか3人。
一人は地元の若者。
もう一人はソロハイキングのおばさまでございました。
いつもこの時期の武蔵横手駅はハイキング客でにぎわうはずなのに今年はどうしたことであろうか?
c0055552_15275595.jpg

武蔵横手駅から五常の滝を抜けて奥武蔵グリーンロードとの分岐点に到着。
ここが最高地点で、後は鎌北湖まで下るだけなので楽なのだ。
ちなみに右が奥武蔵グリーンロード本線。「林道 権現堂線 起点」となっている。
左が私が駅から上ってきた林道。
c0055552_15273822.jpg

この峠も色鮮やかな紅葉(黄色だけど)が楽しめる。
肉眼ではもっと美しく見えるのだが、写真だといまひとつ伝わらない。
(カメラマンの腕のせいもあるだろう)
c0055552_15264656.jpg

あっという間に鎌北湖に到着。
既に都心でも紅葉がだいぶ進んでいるので、山間部の鎌北湖の紅葉は終わっているのではないかと思っていたがそれは杞憂であった。
今年の紅葉は真っ盛りの時期なのか、とても鮮やか。
曇天なのが残念だがしかたがない。
c0055552_15263856.jpg

第二駐車場付近の紅葉。
c0055552_1526127.jpg

湖面に張り出すように突き出た紅葉。
ちなみに湖畔にはヘラブナ釣りの人々がいっぱい。
c0055552_152553100.jpg

太陽光の下から眺めるのが紅葉はきれいに見えるらしい。
c0055552_15253583.jpg

やはり曇天ではそれほど鮮やかには見えないが、それでも十分きれいだ。
c0055552_15251319.jpg

そのまま湖畔の道路を進んでいく。ずっとこんな感じで木が並んでいる。
c0055552_15242145.jpg

日本はどこでもそうだが、ここでも元気に歩いているのは老人ばかり。
サイクリングで出会う人々も老人ばかりだった。
c0055552_15234631.jpg

湖面に紅葉が映える...と行きたかったが、曇だとそれほどでもないか。
c0055552_1523106.jpg

真っ赤っか。
c0055552_1523094.jpg

can-amリバーストライクのスクーター
こんな目立つ車で違法路上駐車するなよ....
c0055552_15225638.jpg

おそらく最上位モデルのRT-LTDと思われる。
お値段は300万円ほどらしい。
スクーターそのものの乗車スタイルだし、何の意味があるリバーストライクなのだろうか。
まあ趣味の世界の品だから外野がいちゃもんつけるのは野暮か。
c0055552_1522445.jpg

鎌北湖案内図。
c0055552_1522977.jpg

売店はまだ仕込み真っ最中。
甘酒が欲しかったがまだ買えず。
c0055552_1522712.jpg

鎌北湖全景。
c0055552_15213668.jpg

秩父の方の山は紅葉真っ盛り。
c0055552_15212532.jpg

鎌北湖紅葉祭りメイン会場に向かう途中でも黄色が鮮やかな木があった。
c0055552_1521370.jpg

メイン会場ではもろ丸くんグッズがたくさん並んでいた。
肝心のもろ丸くんの姿が見えないのが残念だった。
c0055552_15204856.jpg

あとは麓のかまきた直売所で野菜を買って家路についた。
鎌北湖紅葉祭りの時は直売所でもゆず湯の無料配布があるのがうれしいのだ。
コップ底に沈んでいるゆずそのものがすごくおいしいのでどうしても紅葉祭りの日に鎌北湖に行きたくなってしまうのだ。

高麗神社付近では高麗郡フェスティバルというイベントも開かれていて、飯能駅からの臨時バスがひっきりなしに走っていた。
健脚の人は高麗駅から歩いてきている。
このイベントの方に人が集中して武蔵横手駅が閑散としていたのかもしれない。
※公式Webページによるともろ丸くんは高麗郡フェスティバルに出演していたらしい。
かまきた直売所がいつになく品揃えが悪かったのもこのフェスティバルに主だった農家が出店していたからかも。
[PR]
by rs422a | 2014-11-24 15:28 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
なんだかすごい自転車
◆後ろの人は怖そうだ



◆大人用がほしい



◆ギヤの油汚れはなさそうだが、タイヤの交換は難しそうだ。

[PR]
by rs422a | 2014-11-22 23:59 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
入間川自転車道を走る
週末にいい天気になるのが久しぶりな気がする東京地方。
本日は自転車で出かけました。
c0055552_19263240.jpg

稲荷山公園駅。ほぼ自衛隊専用駅。
この駅を利用したのは初めて。
それでもこの踏切は交通量がかなり多い。
c0055552_19264021.jpg

駅前の紅葉は既に盛りが過ぎて散っていた。
c0055552_1926385.jpg

入間川自転車道が目的であります。
ここは国道299号線、入間川にかかる豊水橋。
c0055552_19254644.jpg

橋から自転車道を見る。
c0055552_19253229.jpg

立派な標識がある。
c0055552_19251238.jpg

ここは本来はゴール地点。逆からはスタート地点。
ヘタレサイクリストの私は上流側の終点から下流の起点を目指して走るのである。
c0055552_19244924.jpg

ゴール標識の向こうに富士山が見えているのがおわかりになるだろうか。
c0055552_19244318.jpg

入間川自転車道は大きな車道からは外れているのでとても静かで快適。
途中に桜並木がたくさんある。
今日の東京地方は今季一番の冷え込みという。とても寒い。
胸ポケットにWalkmanプラススピーカーを入れ込んで走る。
Walkmanのおまかせチャンネル再生は「アクティブ」を選択。
気持ちよく自転車道を走っていく。
c0055552_1924945.jpg

もちろん今の季節は枯葉ばかり。
今度は春の開花シーズンに走ってみたいものだ。
c0055552_19231436.jpg

入間川沿いを走る。
ちなみに左の建物は西武文理大学。
c0055552_1923016.jpg

入間川自転車道はあまり景色を楽しめるところは少ない。
途中で見つけたベンチで休憩。
c0055552_19225957.jpg

なんてこともないただの川辺の風景が広がる。
c0055552_19221627.jpg

そうこうしているうちにあっというまに入間川大橋の終点(起点)に到着。
入間川自転車道の看板がある。
ここで荒川自転車道に合流しているのだ。
c0055552_19215981.jpg

もうさすがに富士山は見えない。
c0055552_1922879.jpg

荒川自転車道を走るが、なかなか休憩スポットがない。
かつて存在していたミニストップもつぶれていたのでよけいに休憩するところがない。
しかたがないので畑のど真ん中で休憩する。
c0055552_1921358.jpg

えー、ここは人口125万人のさいたま市であります。
のどかな風景の向こうにさいたま新都心の未来的建築物が建ち並ぶ。

このあとは秋ヶ瀬公園~彩湖を通って練馬区の我が家に帰ってきた。
入間川自転車道より荒川自転車道を走っている区間の方が長いな。
自転車道の途中に買い物できるところはほとんど無いので市街地でコンビニなどを見つけたらあらかじめ飲料や食料を調達しておいた方がよいだろう。
[PR]
by rs422a | 2014-11-15 19:26 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
サイクリングの季節
ようやく朝晩は涼しくなってきた東京。
相変わらず日中は猛暑になるので、早朝に活動するしかない。
今朝は久しぶりに自転車に乗った。
だいぶ体がなまっているので、わずか20kmほど乗っただけでも尻が痛くなった。
これから秋に向けて自転車の季節だ。
既に勝てる気がしない西武なのでこれからは自転車に乗ることが多くなるかな。
今日もやっぱり負けているし。
[PR]
by rs422a | 2014-08-24 17:44 | Bicycle | Trackback | Comments(0)
真冬のサイクリング
いい天気でもあるので自転車で西武ドームへ出かけました。
c0055552_19281814.jpg

狭山湖の駐車場で見かけたSUZUKI GSX250Tです。
30年前のバイクだがかなりきれいな状態。
オーナーは大切に乗っているようだ。
c0055552_19295975.jpg

狭山湖の向こうに西武ドームの屋根が見える。
あと3ヶ月ほどでまた野球シーズンが始まるのだね。
c0055552_19292023.jpg

狭山湖の向こうにかすかに富士山が見えた。

意外に気温が上がってきた狭山湖自転車道。
後は一気に走って帰ってきた。
[PR]
by rs422a | 2013-12-15 19:30 | Bicycle | Trackback | Comments(0)