Top
カテゴリ:SEIBU-2005( 139 )
M3-1L プレーオフ第一ステージ第二戦
今日も今シーズンの代表的な試合。
先発投手が初回に1点を献上したものの、その後は立ち直る。
しかしあいかわらず打線が点を取れない。
そうこうしているうちに耐え切れずに追加点を取られる。
そのまま負け。
西口が入来(北海道日本ハム)に見えた。

千葉ロッテ3-1西武
ソフトバンクさん、ロッテさん、お二人でがんばってください。

---- 熱戦の一方でこんなアホなことも ----(10/10更新)
[毎日新聞記事より]
 千葉マリンスタジアムで8日に行われたパ・リーグのプレーオフ第1ステージ、ロッテ―西武第1戦で、西武応援団の一部が左翼席の座席を人数以上に確保したため、チケットを持った一般客が座りきれなかったことが9日、分かった。
 球場側によると、球場管理者が応援団に席をつめるように要請したが、聞き入れられなかったという。管理者側はあふれた客を三塁側内野席などに誘導し観戦してもらったという。
 球場側は試合終了後、西武応援団の責任者と会談し、第2戦以降は決められたスペース以上を占拠しないと約束。第2戦でトラブルはなかった。球場側は「混乱が生じ、お客様に迷惑をかけた」と話している。


これはひどい。
「応援団」の名が聞いてあきれる。
いつも空いているインボイスSEIBUドームのつもりで場所取りをしていたのだろう。
ただでさえプラチナチケットと化していて、やっと手に入れたチケットなのに席に座れないなんて理不尽もいいところだ。
該当応援団には猛省を促したい。

それにしても三塁側内野席はまだ空いていたのか?
それならちゃんと最初からその席を売るべきではないのか。
チケットもオークションで転売目的で購入する奴が多くて入手が困難だ。
販売方法も再考して欲しいものだ。

試合詳細はこちら
[PR]
by rs422a | 2005-10-09 16:57 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
M2-1L プレーオフ第一ステージ第一戦
ホームランでしか点が取れない。
タイムリーヒットは出ない。
エラーでいらない出塁を許してそれが得点につながる。
代わりに出てくる投手はめった打ちに会う。
エースが一所懸命放っても味方が足を引っ張る。
シーズン通りの試合をやってしまった西武。
当然のように負け。
千葉ロッテ2-1西武

もう今年はいいから明日は負けなさい。

千葉ロッテ2-1西武
松坂、×三井、正津
ホームランでしか点が取れない
タイムリーが出ない
エラーで負ける
シーズン通りの戦い

▼ロッテ-西 武 第1戦 (ロッテ1勝、千葉マリン、14:00、28979人)
c0055552_756103.gif


【投手】
(西)松坂、三井、正津-細川
(ロ)渡辺俊、藪田、小林雅-橋本

【責任投手】
(勝)藪田1試合1勝
(S)小林雅1試合1S
(敗)三井1試合1敗

【本塁打】
(西)栗山1号ソロ(1回、渡辺俊)
(ロ)

【戦評】
 ロッテが接戦を制して先勝した。渡辺俊の好投と、中軸のしぶとい巧打が勝因となった。勝ち越しは同点の八回。代わったばかりの三井から先頭福浦の右翼線二塁打とサブローの中前打で一、三塁。ここでフランコが詰まりながら中前に落とした。渡辺俊は一回、先頭の栗山にいきなり1発を浴びたが、その後は丁寧な投球で7回1失点で切り抜けた。松坂も力投した。五回の無死満塁も1失点にとどめ、味方の反撃を待ったが、打線はカブレラ抜きで迫力を欠いた。



[2009年3月7日追記]
迷惑コメントが集中的に入ってきますのでこの記事はコメント不可と設定させていただきます。

auへの移行準備
[PR]
by rs422a | 2005-10-08 23:33 | SEIBU-2005 | Trackback(1)
L7-0B 田尾監督最後の試合
今日の西武球団は苦手JPを攻略して7-0で勝ちました。
なんとか70敗は逃れました。
2005年は67勝69敗、勝率.493
あーあ、こんな成績でプレーオフ進出だなんて、なんと情けないことか。

さて、福岡ヤフードームではソフトバンク対楽天の最終戦。
そして田尾監督指揮の最終戦。
いつもは見せない驚異的な粘りだ>楽天
それでもやはり負けてしまう。しかも1点差。
最後の試合も楽天らしい負け試合。
本当にこれでいいのか、君たち。
寄せ集め集団で、1年目から結果を出せというのは無理だろう。
野村監督なんかになったらファンが減りそうだな。
70歳になるような爺さんをわざわざ引っ張ってこなくてもいいのに。

どうせ野村監督を招聘するならなぜ1年目から実行しなかったのか。
田尾監督は当て馬だったのか。
球団創立1年目から野村監督だったら批判意見は皆無だったことだろう。
むしろファンも諸手を挙げて大歓迎だったに違いない。
阪神時代三年連続最下位の実績を引っさげてどう戦うつもりなのか。
正直、こんな爺さんが監督のチームに勝って欲しくないと思う。

試合詳細はこちら
[PR]
by rs422a | 2005-09-28 23:20 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
L2-5B 西武球団、負け越し決定
今日もオリックスに敗れ、2005年の西武球団は負け越しが決定しました。
勝率5割をきっているチームがプレーオフに出るなんて。
これは絶対におかしい。
ファンでもおかしいと思う。
即刻ルールを改定すべきだ。
昨年みたいにもし西武が日本シリーズに出てきたらどっちらけのシリーズになるだろうなあ。

明日28日は、オリックスはエースのJPが先発。
対する西武は大沼が先発。
首位打者狙いの和田は打席には立たないだろう。
カブレラもいないし、もうやる気がまったく見られない西武。
これで勝ったらすごいぞ>明日

試合詳細はこちら
[PR]
by rs422a | 2005-09-27 23:21 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
L2-4H 八百長試合か
西武がプレーオフに進出するにはソフトバンクが全敗されては困るわけで。

今日の試合はひどい。
一番レフト栗山 という時点でやる気の無さが見える。
先発の松坂が零点に抑えればまだよかったけど、あっさり松中に2ランを打たれる。
なぜか5回で降板。
出てきた山崎、例によって打たれまくる。
守備も度重なるエラーで足を引っ張る。
こんなにやる気が見られない試合は初めて見た。
7回が終わったところで本日のプレゼントもはずれたのを見届けて帰ってきた。
狙い通り2-4で負け。
山崎の後を受けた山岸はいいピッチングだったようだ。
それだけが救いか。

試合詳細はこちら
[PR]
by rs422a | 2005-09-25 16:12 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
L6x-5H 中村だ、中島だ、石井だ、野田だ、そしてとどめは後藤だ
西武6x-5ソフトバンク
今日は球場にいてとても幸せを感じた試合でした。

初回から先発・西口はぴりっとせず、味方の拙守で1点献上。
その後も西武は拙攻続き。

そうこうしているうちに六回表に追加点を取られて0-3。
ニセ・カブレラにタイムリーを打たれて西口降板。

六回裏、黄色い風船をふくらませているソフトバンクファンの前でまた反撃。
23日の試合と同じ展開だ。
昨日と違って今日は3点を入れて3-3の同点。
しかしここでも中島が暴走してチャンスの芽を摘む。

七回裏、ランナーがいないと強い石井義人が二塁打。
野田がきっちり送って一死三塁。ここで伊東監督が暴走。
栗山に代えて昨日の戦犯・平尾。
あえなく三振。
もう帰れ!
あとは病み上がりの佐藤友亮には期待できない。やはり凡退。

八回には森慎二が独り相撲で四球連発のあと大道にタイムリーを食らって3-5。
また代打・大道に打たれる。西武投手陣は気前がよすぎる。

もうダメかと思われた九回裏にドラマが待っていました。
中村と中島が連続ヒット。
ランナーがいるとヒットを打てない石井義人は四球を選んで無死満塁。
ここで野田がタイムリーヒットで4-5。
高波に代わる後藤武敏がレフト頭上を越える逆転サヨナラ二塁打
素晴らしい。
小野寺に今季初勝利のおまけもついた。
小野寺もこれで本当に自信がつくのではないか。

オリックス敗れて西武の3位が確定。
さあ明日は松坂で今度こそ5割復帰だ!!

試合詳細はこちら
[PR]
by rs422a | 2005-09-24 18:25 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(1)
L4-5H 平尾
今日はインボイスSEIBUドームへ野球観戦。
西武は4対5でソフトバンクに敗れました。

初回から杉内が四球を三連続でくれたというのに平尾も中村も打てない。
平尾は送りバントもできない。
平尾は逆転サヨナラのチャンスにも初球を打ってゲームセット。

今日は平尾で負けた。
最後はなあ、GG佐藤でも出しておけばまだよかったのかも。
九回もどうして森で通さなかったのか不可解な采配。
河原、また登録抹消だね。きっと。

※GG佐藤はベンチ入りすらしていませんでした

試合詳細はこちら
[PR]
by rs422a | 2005-09-23 20:20 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
さあ明日からソフトバンクと三連戦
9/19 日本ハム0-3西武 松坂の素晴らしいピッチング 3安打完封
    オリックス5-4楽天
9/20 日本ハム3-5西武 帆足はメロメロだけど野田が大活躍
9/22 オリックス0-1日本ハム 金村偉い!セギノールすごい!

というわけで9/22 23:00現在
西武 65勝66敗 .496
オリックス 61勝66敗4分 .480
2ゲーム差。
ついに負け数が並んだ。

明日は勝って勝率五割復帰じゃ!!
[PR]
by rs422a | 2005-09-22 23:33 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
宮越くん、ゆっくり静養してね
いつも会社の売店で余っている週刊ベースボールが今週はない。
なぜかと思ったら阪神の特集だった。
なるほど、そりゃ部数でるわな。

この号には宮越君のインタビューが載っていてなかなかよかった。
日本シリーズで中日とナゴヤドームで対戦したいという夢、いつかかなえられるといいね。
来年は中日もがんばりなさい。
西武もがんばるから。

里崎の打球を受けてものすごく腫れていたけど、骨には異常がないということだからプレーオフには復活していて欲しいです。
ガンバレ宮越。
[PR]
by rs422a | 2005-09-21 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
F3-5L 接戦は続く
北海道日本ハム3-5西武
○帆足、小野寺、星野、森、S豊田
野田が大活躍 本塁打、犠飛、ダメ押し点につながる二塁打
帆足もメロメロながらも13勝目。
65-66 .496


オリックスは試合無しなのでゲーム差は1.5

▼日本ハム-西 武 最終戦 (10勝10敗、札幌ドーム、18:05、19131人)
c0055552_7163845.gif


【投手】
(西)帆足、小野寺、星野、森、豊田-野田、細川
(日)入来、武田、建山-中嶋、実松

【責任投手】
(勝)帆足25試合13勝7敗
(S)豊田35試合3勝1敗19S
(敗)入来27試合6勝7敗

【本塁打】
(西)野田1号ソロ(5回、入来)
(日)

【戦評】
 西武が3連勝。2点リードの6回に栗山の中前打と野田の犠飛で2点。再び2点差の9回に代打・平尾の犠飛で追加点を挙げ、その裏を豊田が締めた。7回途中まで2失点の帆足は13勝目。日本ハムは4位以下が確定した。
[PR]
by rs422a | 2005-09-20 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)