Top
カテゴリ:SEIBU-2014( 126 )
ライオンズチャンネル
29日放送のテレビ埼玉・ライオンズチャンネルは年内最終放送ということで「ファンが選ぶ2014ベストゲーム」というのをやっていた。
まあなんか勝ってもマイナスイメージのコメントしか出てこないような試合ばかり。
テレビ画面で紹介されるファンのコメントもおおむねそんな感じ。
ゲストも牧田と高橋はわかるが、鬼崎と木村がなぜここに?って感じだった。
マンガで野球を学んだという高橋投手が推薦するマンガがボクシングが舞台の「はじめの一歩」というのが面白かった。


[PR]
by rs422a | 2014-12-30 21:13 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
プロ野球地元応援率ランキング
プロ野球地元応援率ランキング
球団別にどの県の人に一番応援されているかというアンケート結果だそうだ。
県単位でのアンケート調査なのでそれぞれのシェア別で平成20年調査時の県総人口から換算した類推ファン数(県ごと)を最後に付け足してみた。

オリックス/奈良 10.0%:140(千人)
ヤクルト/高知 10.0%:77
西武/埼玉 13.3%:946
横浜/神奈川 16.7%:1489
ロッテ/千葉 30.0%:1837
讀賣/栃木 56.7%:1140
中日/岐阜・愛知 60.0%:5702
阪神/和歌山 63.3%:641
日本ハム/北海道 76.7%:4245
広島/広島 80.0%:2295
ソフトバンク/福岡 86.7%:4382
楽天/宮城 90.0%:2106

阪神の応援率が高いのは和歌山県が一番というのが意外。
まあ大阪や兵庫あたりは相手チームのファンも相当数いるのでこの結果なのだろう。
ヤクルトも応援率一位は高知県。
特にゆかりがあるとは思えないのだが、アンチ阪神ファンが多いのかな?
西武は埼玉県で13.3%というブービー。
意外に応援率が高いなと思った。
1割切っているかと予想していた。
埼玉県は人口も多いのでシェア1割でも94万人もファンがいるという計算になる。
上の方はまあこんなもんか。
埼玉県は東部と西部とがすごく交流が少ないから大宮あたりにいる人が西武ドームに来ようとするとそうとうな覚悟が必要だ。
熊谷とかも遠くて不便だけど。
やっぱり東京地方から人を呼ぶ努力をしないとね。
西所沢~西武球場前間を全線複線化して京浜急行並みの頻度で運転してくれないかなあ>西武鉄道
[PR]
by rs422a | 2014-10-30 21:10 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
2014年ドラフト会議で西武は六名指名
c0055552_21428.gif

2014年度のドラフト会議が終了した。
西武は育成含めて6人を指名した。
一位の高橋君は予定通り。投手で行くか野手で行くのか迷うところ。
二位の佐野君は即戦力であろうか。
三位の外崎君はTBSのお涙頂戴番組にも登場。西武ドームでリンゴを売られるくらい活躍してほしい。
四位の玉村君はじっくり育てたい。
五位の山田君もまずは体つくりからかな。
育成の戸川君は厳しい外野争いに加わってほしいぞ。
[PR]
by rs422a | 2014-10-23 21:04 | SEIBU-2014 | Trackback(1) | Comments(0)
挑戦者のタイボクサー強かったね
一部マスコミ報道によると日ハムを解雇された赤田の獲得に西武が動くという。
おいおい、0番、52番に続いてまたゴミを拾うつもりかい。
なんか球界のゴミ捨て場になりつつあるな。
リサイクル失敗品ばかりの。

[10/29 更新]
c0055552_19583477.jpg

公式Webページで赤田氏の二軍育成コーチ就任が発表された。
選手としては不要な人材だが、指導者としてなら歓迎する。
ぜひ二軍のぬるま湯でたるんでいる連中をしごいて一軍で活躍させてもらいたい!
[PR]
by rs422a | 2014-10-22 23:59 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
郭俊麟 入団
台湾から郭俊麟投手が入団するとのこと。
郭泰源にあやかって登録名(読み)は「カク」、そして背番号は12番とのこと。
いい投手を取ってもまったく育成できていない西武だけど土肥コーチの手腕に期待したいぞ。

玉突きで坂田は31→88へ、岩尾は12→31へと変更。
これで坂田の打席の時はエリア88の幕を掲げるファンが多くなるな。
体が弱い坂田だけどこれをきっかけに活躍してもらいたい。

中村と秋山は手術を行ったらしい。
二人とも2015年はフル出場して大活躍してほしいよ。まったくもう。
[PR]
by rs422a | 2014-10-21 20:22 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
日ハムが負けてよかった
2014年プロ野球ポストシーズンは蚊帳の外なので基本的にどうでもいいとは思っている。
しかし今年の日本ハムがこの程度の成績で日本シリーズに進んでしまうようなことがあってはならないだろう。
負けてくれて本当によかったと思っている。

2014年パシフィック・リーグの順位は次のとおりである。
c0055552_21122047.jpg

一応、西武は5位なのであるが、これは最下位のチームが勝手に連敗してくれたおかげなのだ。
実質的には最下位といえる。
それは交流戦の成績を抜いてみるとよくわかる。
c0055552_21124264.jpg

交流戦成績を抜いた順位表で最下位はもちろん西武である。
もともとひどい成績がますます目立ってしまう。
首位から13ゲーム差。
本当によく負け続けました。
どのチームにもまんべんなく負けまくり。
走攻守すべての部分で劣っていたことは間違いない。
来年は挑戦者なのだから積極的な姿勢を見せてもらいたい。

交流戦成績を抜いた順位表では1位はオリックスで2位がソフトバンクとなった。
あれ?こうして交流戦の勝敗を無しにしてリーグ内だけの成績にしてみると日本ハムも意外に検討しているものだな。
それでも首位から4ゲームも差があるのだから日本シリーズのことを云々というのはおこがましい。
CS制度のおかげで夢を見ることができたのである。

ちなみにセントラル・リーグの交流戦抜きの成績を見てみるとこうなる。
c0055552_2113342.jpg

順位は全試合終了後とまったく変わらない。
一見、見るところがなさそうに思えるのだが1位と2位に注目。
なんと読売と阪神の勝敗がまったく同じ。(前年順位が優先するから1位は読売)
この成績だけを見たら日本シリーズに阪神が出場することになってもそれほど違和感はないように思えてきた。

毎年10月終わりから11月初めにかけて休みを申請しているのだが無駄な休日になってばかり。
来年こそは11月まで野球を楽しませてもらいたいものだ。
[PR]
by rs422a | 2014-10-20 21:13 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
松永、戦力外
おや、今シーズン5位で終わってしまったよ。
勝ち星はリーグ最少。
チーム打率は最下位なのに本塁打数は最多。
ホント、ちぐはぐな攻撃ばかりだった。
そんな中、西口が来年も現役続行という発表があるとともに松永の解雇も。
ドラ1だったからかなり期待して横浜スタジアムへ応援しに行ったのだがボコボコにされてとっとと中華街へ行くことになってしまったことを思い出した。
松永のよかったところは米野の逆転満塁本塁打の試合で勝ち投手になったときくらいか。
特長がない投手だったからなあ...
さすがに伊東も欲しがらないか。

[22:00 追記]
お、メヒア残留が決定か。
一番の懸念事項だったからなあ。
よかったよかった。
中村、秋山、浅村、半年の間でしっかり体を治してもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2014-10-07 21:25 | SEIBU-2014 | Trackback(1) | Comments(0)
E4-7L 最終戦は勝った
潮崎の昇格はなく、来年の監督は田辺さんが正式に監督として就任するそうで。
昨日や今日のような試合がシーズン序盤からできていたらと思う。
5回くらいで1点でも負けているともうまったくやる気を見せてくれなかったからなあ。

144試合の間、ずっと一軍にいたのは栗山、銀仁朗、それに森本稀哲。
一度もお立ち台に呼ばれたことなどないやつが一軍に居続けたんだもん。
そりゃあ最下位だよねえ。
まだ順位は確定していないけど楽天も最終戦は勝つようになっていると思うから今シーズンの最下位は間違いなかろう。
でもこれで毎日ストレスがたまりまくることは無くなる。
さみしいけど私自身の健康のためにはいいかも。
今年は何度も口角炎に悩まされたからなあ...あきらかに原因はストレスだったから。
来年は楽しく秋を迎えたいぞ。
田辺”監督”、お願いしますぞ。
[PR]
by rs422a | 2014-10-03 21:47 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
L9-8F 空気を読んだか
既に順位も決定し、ホーム最終ゲームということで相手も空気を読んだらしい。
はあ、勝ったけど情けない試合だった。


戦力外通告の第一弾が発表された。
予想通り、小林宏をはじめ、川崎・山崎・美沢・ロペスという顔ぶれ。
まだまだこれから発表されそうだな。
[PR]
by rs422a | 2014-10-02 22:16 | SEIBU-2014 | Trackback(1) | Comments(0)
最下位決定かな
9月が終わった段階で最下位のチームでなぜスタメンに直人やら脇谷とかロートルがいるんだ?
稀哲や鬼崎とかも完全にいらないだろう。
金子と山川を二軍に落とした意図がわからない。

菊池雄星が生まれた1991年、西武は黄金時代だったといわれている。
この年の最終勝敗表は次の通り。
当時はパシフィック・リーグ各チーム26回戦総当たりの130試合制。
c0055552_20564854.gif

130試合で実に貯金38というものすごいもの。
勝率も6割5分を超えている。
こりゃあ確かに黄金時代だわな。
強すぎ。
ベストナイン(DH枠があるのでテンだが)に5人も入っている。
ものすごい時代だったな。

ちなみに最下位ロッテの勝率はイチローの打率じゃあありません。

さて、西武の各チームとの対戦成績はこの通り。
c0055552_20561248.gif

全チームに勝ち越し。
中でもロッテ相手に17個も貯金を作るという離れ業。
ダイエー相手にも7個の貯金。
下位チーム相手にたっぷりと貯金を作っている。

一方、2014年の西武。
成績は見たくない。
惨憺たるもの。
もう一番下は確定だろう。
得点しようとしないのだもの。
勝つはずがない。
監督(代行)も上述の通り、若手起用どころかわけのわからない采配でやる気ゼロ。
まあ、いまさら勝っても負けても来年は監督じゃないことは決定なのでやる気が出ないのは当然か。
選手たちにもそんなダラダラしたムードは伝染する。
メヒアがさっぱり打てなくなった。
と、同時にチーム成績もただでさえ下降線だったのがさらに急降下。
ひどいものだ。

来年は11月まで試合をやってほしいと願う。
[PR]
by rs422a | 2014-10-01 20:57 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)