Top
カテゴリ:SEIBU-2017( 27 )
課題の外国人投手
ここ数年の低迷の原因は連れてくる外国人投手が軒並み「いっぱいくわせもの」ばかりだからだ。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たるって言うから、そろそろ当たりをひいてもらいたいところだ。

◆残留組
背番号12
郭俊麟 24歳
右投/右打


背番号54
ブライアン・ウルフ 36歳
右投/右打

残留組二人の内、ウルフはそこそこ計算できそう。
酷暑の西武ドームを乗り切れられるかが鍵となるだろう。
郭は勝負の三年目。
というか普通に大卒で入団しているのだからもっと早く結果を出さねばならない存在だ。


◆新規獲得組

背番号68
Alexis Candelario(アレクシス・キャンデラリオ)
生年月日 1982年5月28日
出身 ドミニカ共和国
身長・体重 188cm・91kg
右投・右打


背番号59
Frank Garces(フランク・ガルセス)
生年月日 1990年1月17日
出身 ドミニカ共和国
身長・体重 180cm・82kg
左投・左打


背番号47
Brian Schlitter(ブライアン・シュリッター)
生年月日 1985年12月21日
出身 アメリカ合衆国
身長・体重 195cm・106kg
右投・右打


たぶん背番号が若い順に期待度も高いものと思われる。
47番をつけるシュリッターはまだ31歳。
先発タイプだろう。←どうやら抑え専門とのこと
うまく日本野球に溶け込めればなんとか...って毎年期待だけはしているのだけどなあ。
長身だけに日本の犠打攻勢に対応できるだろうか。
11月早々に契約完了。フロント陣も早くから目をつけていたものと思われる。

59番のガルセスは中継ぎかなあ。
貴重な左投手だから使えればいいのだけど。
まだ来月で27歳という若い選手だからうまく伸びてくれればいいな。

68番のキャンデラリオは....うーーーーーん。
例の東北のチームに去った人の人的補償は求めず、金銭を選択した結果がこいつか。
35歳という年齢。
謎の経歴。
「なんて言えばいい」と、バイきんぐ小峠のネタで締めるしか無いじゃないか。
[PR]
by rs422a | 2016-12-28 14:41 | SEIBU-2017 | Trackback | Comments(0)
牧田、FA移籍フラグ立った
牧田が複数年契約を断ったとのこと。
はい、完全に2017年オフはどっかよそのチームに移籍することが決定ですね。
サヨナラ牧田。
[PR]
by rs422a | 2016-12-06 22:55 | SEIBU-2017 | Trackback | Comments(0)
去る者は追わず
今年もまたFAで選手流出。
Aランクの選手が流出なので人的補償も可能らしいけど、金銭で調整するらしい。

またか。

育成能力が全く無い球団なのでいただいたお金で外国人選手を取ると公言しているようだが、はたしてどうなることか。
シニアディレクターと呼ばれている人が投手出身なのだが投手能力を見極められないのが致命的だ。
郭はまだ伸びしろがある(かもしれない...いや、あって欲しい...)が、大卒で2年経過してさっぱり結果が出ていない。
2016年に新規に獲得した外国人投手はどれもこれもハズレ。
けっきょく日本球界で実績があったウルフだけが少々活躍したのみ。

2014年からシニアディレクターさんが新規で連れてきた外国人投手を見てみよう。

◆2016年
 バンヘッケン (グレート・マーシャルボーグ並みのとんだいっぱい食わせ者だった)
 ポーリーノ
 C.C.リー

◆2015年
 郭
 バスケス ←よく2016年も契約延長したものだ
 ミゲル ←まったく使えず
 ルブラン ←序盤に打線の援護があって勝利できていれば違ったかもしれないが

◆2014年
 ボウデン ←もはや存在自体忘れていた
 レイノルズ ←こいつも記憶にないぞ

とまあ、ひどいものだな。
かつての全日本プロレスでブッチャー(あるいはシン、カマタ)が連れてくるタッグパートナーは使い物にならないのが定番だったがWディレクターもそんな感じだな。
特に2014年、サファテに逃げられて慌てて獲得するようなことをしているからますます眼力がおかしくなっているような気がする。

郭は「かく」ではなく本来の音である「グォ」に変更するべきではないのか。
それくらいの活を入れないと潜在能力はまだまだありそうなのだからもったいない。

毎年選手が流出するのに一番不要と思われた0番つけている選手を育成選手として再契約するとのこと。
絶対ダメだと思うけど、いつまで「江藤枠」みたいなポジションを置いておくのだろうか。
秋山の背番号は変更ないのかな。
ひとけたの背番号の重みを重要視してもらいたいのだが...
[PR]
by rs422a | 2016-11-20 17:46 | SEIBU-2017 | Trackback(1) | Comments(0)
9人目の流出か
BASEBALL KINGの記事にまでなっている。
毎年恒例のFA流出なのでいまさら書くことないや。
できれば読売か阪神にでも行ってくれればすっきりするのだが。
[PR]
by rs422a | 2016-11-02 20:14 | SEIBU-2017 | Trackback | Comments(0)
明日からFA解禁
いつものように西武からは岸11がFA宣言するという。
もう慣れっこだからどこへでも行ってくれ。
ただ、どうせ消えるのならばセントラル・リーグに行ってくれないかなあ。
飲食物持ち込み禁止などという不当なルールを持った球場で来年度は投げるのかなあ。
塩見は何番に変更されるのかな?
11番のTシャツは寝間着に転用だ。
[PR]
by rs422a | 2016-10-30 19:30 | SEIBU-2017 | Trackback | Comments(0)
2016年ドラフト会議の結果
10月20日(木)にドラフト会議が開催され、埼玉西武ライオンズは6名の交渉権を得た。
c0055552_3102763.jpg

1位の今井君(作新学院)はもちろん期待できるが、2017年開幕ローテ入りはちょっと望めまい。
体重が72kgではとても一年間持たないだろう。
2年間くらいはプロの体作りが必要だと思う。

2位の中塚君(白鴎大)には期待したい。
コントロールが課題のようなので四球を気にせず投げ込める度胸があればかなり行けそう。

3位の源田君(トヨタ自動車)は内野手とのことで、遊撃手争いに名乗りを上げるか?

4位の鈴木君(静岡高)は秋山の後継になるべく鍛錬が必要だろう。

5位の平井君(ホンダ)は中継ぎでものになるかどうか。

6位の田村君(立大)も中継ぎ候補だろう。

6名中4名が投手。
昨年は9名も獲得しながらものになったのが多和田だけだった。
今井君は繰り返しになるがまだ即戦力には期待できないので他の3名がしっかりしてもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2016-10-21 23:59 | SEIBU-2017 | Trackback | Comments(0)
新監督誕生
2017年の監督は辻発彦と発表された。
ぬるま湯に浸かりっきりの選手たちを目覚めさせてもらいたい。

[PR]
by rs422a | 2016-10-03 20:50 | SEIBU-2017 | Trackback(1) | Comments(0)