Top
カテゴリ:mobile IT( 248 )
くるり ON KEIKYU
c0055552_21422566.jpg

新しい柄のパスネットカードが出たのでさっそく購入した。
京浜急行電鉄の「赤い電車パスネットカード付きCD」である。
「くるり」という人気ロックバンド(らしい)ギター担当岸田繁氏直筆デザインによるカードだそうだ。
CDには京急テーマソング「赤い電車」と駅案内音が入っている。
私は「くるり」という方々はまったく知らない。
1998年から活動されているそうだが、グループ名を聞いたことも無かった。
くるりの音楽については興味無い。
カードだけ売ってくれればよかったのだが、オマケのCDがよけいだ。
※本来はカードがオマケだろうけど
500円のパスネットを手に入れるために出費1500円は痛い。
ここまで書いて京急Webをよくよく見ると、このカードは限定品ではないらしい。
バカみたい。
これじゃあ少し待てば容易に手にはいるのではないか。
わざわざ発売日の今日手に入れる必要はなかった。
「くるり」の方々のヒットチャート上昇に一役買ってしまった。

京浜急行の電車は赤い車体が特徴なので「赤い電車」というタイトルになっている。
しかし盛んに宣伝している羽田空港へは京急よりも他社車両が多く走っている。
都営(白)、京成(ステンレスに青赤ライン)、北総(ステンレスに青ライン)が目立ち、京急オリジナルの赤い電車が走ることは少ない。
羽田空港駅では赤い電車に遭遇する確率は低い。
このCMを見て地方在住の「くるり」ファンが羽田空港駅に来てみたところで赤い電車はほとんどいない。
「テレビとちゃうやん」と感じるのではないだろうか。
[PR]
by rs422a | 2005-11-18 21:48 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
au切り替え1ヶ月
WIN端末を使っていると意味無くEZWebにつなごうとする。
FMラジオを利用すると必ずEZweb接続しようとする。
とんでもない仕様だ。
勝手にEZweb接続しようとするので毎回「キャンセル」を選ばねばならない。
「確認しない」という設定もあることはある。
これは確認無しにEZWebにつなぐというとんでもないオプションである。
常時「EZweb接続キャンセル」というオプションもつけて欲しいものだ。
こういうところでも小銭を巻き上げようというauの悪巧みが垣間見える。

とにかくauではなにかにつけて小銭を巻き上げるような仕組みになっている。
「定額」という甘いウソ八百な言葉を巧みに操って少しでも金を搾り取ろうという魂胆がせこい。
「ダブル定額ライト」では最初に1000円(税別)支払う。
12000パケットまではこの料金に納まるようになっている。以後は従量制。
「ダブル定額」では最初に2000円支払う。
こちらは40000パケットまでが支払った料金の2000円(税別)に納まるようになっている。
「ダブル定額」も「ダブル定額ライト」も上限は4200円(税別)となっている。
あまり使わなければ一見お得だ。
わざわざこのプランを申し込む人間はひたすらEZweb閲覧とE-mailを使い倒す腹積もりなのだから、ダブル定額ライトの方が得ではないか。
最初に支払うのが1000円や2000円という小額なのでついつい契約したくなってしまう。
おまけにこの最初に払う1000円や2000円は無料通話分として使えると書いてある。
なんとなくお得に見えてしまう。
だがそこに罠が待ち構えている。
「ダブル定額」プランを申し込むとEZWeb接続分は無料通話代金から引かれない。
http://au.kddi.com/ryokin_waribiki/kanto_chubu/waribiki/double_teigaku_light.html
このページの一番下に書いてある。
「各割引サービスにご加入の方のパケット通信料は料金プランの無料通話の対象となりません。」

無料通話が余っていても、それとは別にEZWeb接続料金が取られてしまうのである。
なんとも理不尽なauの仕組みである。
「定額」と名乗るなら最初に払った料金だけで使い放題にして欲しいものだ。
[PR]
by rs422a | 2005-11-15 23:59 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
au純増23万、ドコモ純増9万(2005年10月)
TCA発表による2005年10月の携帯電話・PHS契約数
NTTドコモの純増数は90,100人、auの純増数は235,400人、ボーダフォンは4,500人であった。
ツーカーは91,600人の純減。

おそらくツーカーの9万人はauに移行した人々。
私もその中の一人。
KDDI全体で見ると純増は143,800人である。

ツーカーの減数とNTTドコモの増数がほぼ同じである点がおもしろい。
ツーカーからauへの移行は11日開始、17日締め切りとわずか1週間だった。
このわずかな期間で1月分のNTTドコモ純増分が殺到したのだもの。
そりゃ、事務処理が追いつかずにパンクするのも当然か。

ようやく明日9日から再びツーカーからauへの移行受付が本格再開する。
もっとも時間を区切った上に、締め切り時刻を早めるおそれがあるからなんともやる気のなさそうな再開である。
[PR]
by rs422a | 2005-11-08 23:01 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
ソニーDR-Q23SF
c0055552_18251664.jpg

やはり誘惑に耐え切れずに購入してしまった。
W31SA2の音声入出力端子は平型プラグである。
この端子とヘッドホンのステレオミニプラグを接続するアダプタが付属している。
このアダプタ、長さがわずか11cmしかないのでどうにもおさまりがよくない。
接続すると本体のそばになんだか頼りなげに宙ぶらりんになるのだ。
ただでさえW31SA2はプラグ部分のふたが宙ぶらりん状態なので、音楽を聴いている間はとても気になる。
DR-Q23SFはマイク付きの平型プラグアダプタがついているヘッドセットである。
アダプタの長さは1m、ヘッドホン部の長さは50cmと十分な長さである。
マイク部分には洗濯バサミ状のクリップも付いているから服に引っ掛けることもできる。
マイク部分がミニプラグアダプタになっているからお気に入りのヘッドホンをつなぐことができる。
今回購入にいたった理由はこのマイク付き平型プラグアダプタが欲しかったからだ。
平型プラグアダプタ部分はDRC-M10SFという型番で単体売りしている。
単体売りのお値段は\1,680である。
DR-Q23SF(投売り品)はヘッドホンが付いていて\980だ。
これならアダプタ部分だけを購入したと思えば惜しくない。
そこで購入したのである。
売れ残りのモデルなのでとっくにカタログ落ちしている紫色しかない。
着せ替えキャップのもう一色はホワイトなので、どちらを装着するか迷ったがここは紫色を選択した。
実は耳賭けタイプのヘッドホンはDR-Q23SFが初体験である。
装着すると違和感を感じることこのうえない。
眼鏡をしているから装着しにくいし、耳が痛い。
というわけでヘッドホン部分は使うことはなさそうだ。
普通のインナーイヤーヘッドホンを接続して使うことにする。
[PR]
by rs422a | 2005-10-24 23:23 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
Officeソフトもいろいろあるが
誰も知らない謎のオフィスソフト「EIOffice」。
EIOffice=Evermore Integrated Office
中国エバーモア・ソフトウェア社が開発したMicrosoft Officeと多少互換があるソフトである。
2004年6月から日本で販売開始している。
ネット上を検索しても販売ページばかりで活用ページなどヒットしない。
個人で使っている人はいないのだろうか。
富士通のOASYS SuperOfficeと並んでマイナーなオフィスソフトといえよう。
買ってみたいと思うけど2005年春に出る予定と書いてあるバージョン1.3は2005年の10月22日現在でもいまだに出る気配が無い。
FAQページもまったく更新されず、2005年春発売予定のままだ。
またLinuxのお試し版もあるというのにFAQページにはWindows版のみと書かれたまま放置されている。
このままEIOffice2004+を販売し続けるつもりだろうか。
Windows/Linux/MacOSを正式にサポートしたら少しはシェアも広がるかもしれない。
コスト的にはソースネクスト社からスタースイート8が販売されているからますます厳しいと思われる。
本気で日本市場に取り組む気があるのかはなはだ疑問である。
過去の例からうかがうと、何も発表されないということは撤退を示唆していると思われる。

OpenOffice 2.0が21日に正式に発表された。
日本語版のページには注意書きとして「あせってダウンロードしないで2,3日待て」という注意書きがある。
こんな注意書き、いくら書いてあっても無駄ですね。
人間の心理として誰よりも先に新しいものは手に入れたいものですから。
最初のバージョンだからどうせ致命的なバグが残っているだろうから、私はまだ導入していない。
2.1くらいになってからはじめて安定するものと思われる。
[PR]
by rs422a | 2005-10-22 23:17 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
W31SA2 music player
音量調節ボタンがFMラジオ再生時と統一されていないことは既に書いた。
それ以外にもインタフェースはこなれていない。
代表的なひどい例を紹介しよう。

選曲機能はスライドしないと現れない「#」と「*」に割り当てられている。
音楽再生時にはスライドしておかないといけない。持ちにくい。
c0055552_4445068.jpg

音量調節が上下キーなので、左右キーが選曲だと便利だったのだがそうではない。
左右キーは早送りに割り当てられている。ほとんど使わないから意味が無い。
使う頻度の高い選曲機能をなぜ左右キーに割り当てなかったのか理解に苦しむ。
「#」を押すと次の曲に移動し、頭から再生する。
「*」を押すと再生中の曲の頭から再生するのかと思ったらそうではない。
ひとつ前の曲の頭から再生する。
したがって、現在再生中の曲を頭から聞こうと思ったら、「*」を押した後、「#」を押さねばならない。
アホだ。この設計は。

再生は割りと簡単にできるのだが、停止ボタンが無いので再生を止めるときは面倒だ。
「PWR」ボタンを押して「終了」をメニューで選び「決定」しないといけない。
ワンタッチで終了できるキーが欲しい。
予想はしていたが、再生される音は極めてうすっぺらい。
一応AAC 128kbpsの最高ビットレートでCDから録音して転送している。
少しでも補完できるようにオーディオテクニカのATH-F3をつないでみた。
c0055552_20521558.jpg

このヘッドホンは低音ばかりが強調されていて私好みではない。
手持ちのMDウォークマンやディスクマンでは音が悪くなるだけで使えない代物だ。
その変な音が出るヘッドホンだが、低音が出ないW31SA2では逆に長所になった。
付属のヘッドホン(もどき)よりは格段に音質は向上する。
とはいえ、どうせ電車内でしか聴かないからそれほど音質にこだわる必要はないのだけどね。
[PR]
by rs422a | 2005-10-19 20:50 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
W31SA2を持っていると....
ついつい電気店に行くと携帯電話のアクセサリーをのぞいてしまう。
ステレオヘッドセット ソニーDR-Q23SFがなんと\980で売られていた。
c0055552_226080.jpg

在庫処分なので色は一色しかない。
 平型プラグ対応。もちろんW31SA2にも対応。
 アダプタ部分にマイクを設置、ステレオ再生に加えて通話も可能。

思わずレジに持って行きたくなってしまった。
危ない危ない。
通話などほとんどしないのでこんなヘッドセットは不要だ。
これから電気店は危険だな。
[PR]
by rs422a | 2005-10-18 22:06 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
ツーカーからauへの機種変更 18日で一時中断
正式にニュースとして発表された。
auショップの店員が言っていたとおりだった。
具体的な改善策が発表されないので、いつ再開されるか未定である。
移行を考えている人にはひどい話である。
それまでも開店して一時間で締め切っていたらしい。
15日(土)に簡単ケータイSを買いに行ったときも10時開店なのに、移行受付は11時で締め切っていた。

W31SA2はよく遊べている。
キーが打ちにくいのにもだいぶ慣れてきた。
なんでも使っているうちに慣れてくるものだ。
サンヨー製品でここまで満足度の高い製品は初めてかも。
ただ搭載ソフトウェアはこなれていない。
miniSDカードに入れた音楽を聴くときに上下キーで音量調整ができる。
ところがFMラジオを聴くときの音量調整は左右キーである。
FM受信中の上下キーは選局に割り当てられていてよく間違えてしまう。
アホだ。この設計は。
c0055552_444820.jpg

これ、三洋社内でちゃんと動作試験をやったのかな?
KDDIの企画担当者も気づかなかったのだろうか?だとしたらかなり間抜けだ。

画面表示が日本語と英語の2モードから選べる。
見た目がカッコイイので、英語モードに切り替えている。
しかしこのモードだとメールを書くときのデフォルトが半角英語入力になってしまう。
いちいち入力モードを切り替えて漢字入力にしないと日本語が打てない。
困ったものだ。
[PR]
by rs422a | 2005-10-17 22:27 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
簡単ケータイS
ケータイSばこうてきました。

c0055552_1619315.jpg

↑簡単ケータイSこと京セラA101K


c0055552_16204370.jpg

↑ケータイSの箱とカタログ


c0055552_16211348.jpg

↑中の包装も簡単ケータイ


私はツーカーを3回線契約していた。
既に私の分とかみさんの分は11日の移行初日にauに変更していた。
簡単ケータイSだけが本日10月15日(土)発売だったので唯一移行が遅れた。
もちろん私らが使うのではない。親用である。
auの家族割引は無料通話が家族全体に通用する点がよいところ。
ツーカーだとシンプルプランは無料通話が多くて魅力的だったが、回線ごとにしか無料通話が適用されなかった。
このため、毎月全額使用するのは至難の業だった。
これから気にしなくても済む。

ツーカーからauへの移行処理は、今日は早々に11時締め切りだったらしい。
この週末に変更処理を考えていた人々はまたしても肩透かしを食らった格好だ。
また18日にはいったん移行受付を中断するということもありえるらしい。
予想以上に移行客が殺到しているのでauショップも迷惑だろうな。
ほとんど利益にならないだろうに。
[PR]
by rs422a | 2005-10-15 16:26 | mobile IT | Trackback | Comments(2)
W31SA2 四日目
バッテリーの残容量は棒三本で表示される。
二本立っているので、まだ余裕だろうと思って音楽を聴いていたら15分ほどで完全に空になった。
ツーカーのときは二本立ちどころか一本立ちでもまだまだ使えたものだが。

しょうがないから会社の帰りにauショップで充電。
カプコンチャーボが置いてある。
急速充電かと思ったら、そうではないやつだった。
フル充電に1~2時間ほどかかるらしい。
これじゃあ使えない。
30分ほどで切り上げる。それでもバッテリーは三本立ちになった。

なにやらauショップの話ではあまりにもツーカーの切り替え客が多すぎて18日でいったん受付中止にするらしい。
初日にau移行できてよかったかも。
[PR]
by rs422a | 2005-10-14 23:33 | mobile IT | Trackback | Comments(0)