Top
<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
CD/MDコンポ購入
CDとMDが聴けるステレオセットを購入しました。
ケンウッドのES-A5MDです。

値段がラジカセ並なので思わず買ってしまいました。
接続も80年代初頭に流行った3ピースラジカセと同じでカンタン。
スピーカー以外は一体化しているので、スピーカーケーブルをつないで電源をつなげばもう終わり。
これでCD/MDが楽しめる。

次にアンテナをつなぐ。
AMループアンテナを接続。
ビデオデッキからのVHF出力をFMアンテナ端子に接続。
これでラジオも完璧に受信できる。
昔サザンオールスターズが宣伝していたナショナルThe 3rdを思い出す。

取扱説明書の「はじめに」に「本機の特長」というのが載っている。
それによると、
 ・ケンウッド製ポータブルハードディスクプレーヤーコントロール機能搭載
と、一番どうでもいい機能が真っ先に載っている。
何が悲しくてわざわざポータブル機を家のステレオにつなげなければならないのだ。
しかもそれをワイヤレスリモコン対応させるためのケーブルが\2,500ほどする。
まず使うことは無い機能だからまあいいか。

リモコンがあるのはやはり便利。
けっこう機能は充実している。
リモコンでのみ操作可能なファンクションも多いが、テレビやビデオもだいたいそうだから違和感は無い。

まずはよいところを挙げてみよう
(1)低音がなかなかすごい
低音強調のEX.BASS機能のおかげで小さなスピーカーだが、意外に重低音が楽しめる。
とはいえ純Hi-Fi音を期待してはいけない。
ゼネラルオーディオだと思わないといけない。

(2)外部入力音声の入力レベルが可変できる
AUXの外部音声入力が1系統付いている。
ここにはテレビのラインアウトをつないでいる。
この音声レベルを可変できるのである。
これはすばらしい。
予想もしなかった超意外な機能だ。
おかげでCDなどの音源と同じくらいにレベルをあげられる。

(3)4倍速CD→MDコピー可
単純に短時間で済むから便利だ。
終了時にアラームを鳴らすこともできる。
アラームを鳴らさない設定もある。

(4)リモコンが薄くて小さい
ワイヤレスオペレーションはやはり便利だ。
音質コントロールなどリモコンでしかできないことが多いので、
この小さなリモコンはなくさないように注意しなければならない。


続いてマヌケな点も紹介してみよう。

(1)電源オフではディスクを入れてはいけない
CD/MDはスロットローディング式である。
電源を切っている状態ではディスクを入れることはできない。
PSXだとディスクを入れると電源オンになって引き込んでくれるのだが。
しばらくはオペレーションで戸惑いそうだ。

(2)ラジオで放送局名が表示できるのはFMのみ
しかもあらかじめプリセットされている局のみ表示可能。
これから新規に開局したり、局名が変わったら対処不可。
「Fm yokohama」が再び「ハマラジ」になったらどうするつもりだ>ケンウッド

(3)ラジオのプリセット40局目は削除不可
FM/AMあわせて40局のラジオ局が登録可能である。
プリセットNo.40に記録された放送局は消去できない仕様である。
どういう意味があるのか理解不可能な仕様だ。


いろいろ問題も多いが、手軽にいい音(それなりの)が楽しめるのはいい。
オーディオを趣味にしだすととんでもなくこってしまうから危険だ。
これ以上の音質は追求しないようにしよう。
[PR]
by rs422a | 2005-11-29 21:16 | Audio&Visual | Trackback | Comments(2)
DAT出荷終了
Digital Audio Tape-recorder(DAT)の国内民生用向け機器が消滅する。
ソニーが12月上旬で現行唯一残ったTC-D100の出荷を終了する。
AV watchの記事
DATもとうとうオーディオ考古学入りするときがやってきた。
我が家のDTC-77ESも久しく電源を入れていない。
今からテープメディアを買うことは無いだろう。
久しぶりに本家のWebページを更新しようかなと思うニュースでした。

[PR]
by rs422a | 2005-11-28 21:44 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(0)
TASCAM HD-P2

TASCAM HD-P2という業務用ポータブルステレオオーディオレコーダーが発表された。
先日のソニーPCM-D1と違ってマイク無し、CFカードとマイクロドライブが使える。
はっきりいってHD-P2の方がかっこいいなあ。
[PR]
by rs422a | 2005-11-25 23:44 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(2)
西武ライオンズ ファン感謝の集い
c0055552_1755467.jpg


今日はプロ野球チーム・西武ライオンズのファン感謝の集いでした。
10時45分くらいに西武球場前駅を降りたら、目の前にものすごい人の行列。
日本シリーズよりも人が入っているのではないか。
一家総出でイベントの参加抽選券を求めに来ているのだ。

こりゃいかんと思ってパスネット狙いで球団事務所へ向かう。
ここで初めてファンクラブ会員向けのスタンプラリーの存在を知る。
全部集めると2006年の内野自由席招待券2枚をくれるのだ。
これは太っ腹だ。
ぜひもらわねば。
というわけで、急遽スタンプラリーにも参加。

プレスルームでの記念撮影に参加。
すごく並んだだけになかなかの出来。
これ、いいかも。

パスネットは以前にもあった無地パスネットに選手の写真をパウチっこっぽく転写するだけ。
これじゃあ通年営業してもいいのではないか。
結局、大混乱のせいか、はたまた無地カードが切れたのか、すぐに受付終了になった。

インボイス西武ドームは隙間風がとても冷たい球場。
日陰に隙間風ということでとても寒い。
だから早々に脱出。
文化放送のトークショーを見る。
最初に豊田選手の登場。
FA宣言して来年度の所属が気になるが、なぜかトークショーに登場。
続いて赤田選手。
最後は中島選手。
当初は中島選手がトップと発表されていたので、イベント最前列には中島ファンが集結。
異様に盛り上がる会場。
こんな近くで選手が見られてラッキーでした。
中島君、来年はエラーしないようにがんばってくれ。

エキシビジョンマッチでは小関チームと和田チームとの対戦。
現役とOBとの混成チーム。
先発は荒木大輔と渡辺久信。
OBにはゆるく、現役組には本気で投げるさまが面白い。
ここでも打てない西武打線。2005年を象徴するような試合。
短いイニングで全員顔見世しなければならないので、レフト小野寺、ファースト帆足といったマニアックな守備も登場。
けっこうおもしろい集いでした。
来年以降も継続して開催して欲しいものである。
[PR]
by rs422a | 2005-11-23 18:06 | SEIBU | Trackback | Comments(0)
MNP 2006年11月1日スタート
契約する携帯電話会社を変更しても従来の番号を使えるナンバーポータビリティ制度(MNP)が2006年11月1日から施行される。
総務省の肝いり事業のようだ。

携帯電話番号はいまや個人の財産である。
簡単には変更できない。
私が長らくツーカーからキャリアを変えなかったのも、電話番号を変えたくなかったからである。
通話するには問題なかったが、ツーカー端末はメール機能とカメラや音楽再生などオマケ機能がプアだった。
この10月から電話番号そのままでauに変更できるようになったのですぐに変更した。
MNPが本格導入されると私と同じように電話番号は変えたくないが、他社の端末が欲しいという人がキャリア変更することだろう。
ツーカー→auの変更でも大混乱したのだから、受付開始当初はおそらく携帯電話キャリア、特にドコモはパニックに陥るだろう。

MNP導入で本当の値下げ競争が期待できる。
現在の基本料金は高すぎる。
新規参入携帯電話キャリアも含めてどんどん値下げ競争に入ってもらいたい。
基本料金無料、通話代を高額にして持ちやすくすべきだ。
プリペイドのような日数限定は不便だから、どこかこういうプランを用意してくれないものか。

ところでMNPにはPHSのウィルコムは参画していない。
やっぱりウィルコムは携帯電話とは正面から勝負せずに、2台目狙いのニッチ電話になるのか。
[PR]
by rs422a | 2005-11-22 23:40 | mobile IT | Trackback(1) | Comments(0)
DIATONEのブランドが復活する
DIATONE復活

三菱電機エンジニアリング株式会社が「DIATONE」ブランドの高級スピーカーを発売する。
2005年12月から受注を開始。
店頭販売はせずインターネットによる通販のみ。
「高級単品スピーカー」ということである。
ブランドの復活はいいが、元のような音が本当に再生できるのだろうか。
郡山工場の施設はみな破壊されて何も残っていないという報道を以前に見た。
どこの工場で作るかは不明だが、過度な期待はしないほうがよさそうだ。
東京と京都にしか試聴室を作らないらしいので、実際に聴いてみたいと思う人が困ることだろう。
[PR]
by rs422a | 2005-11-21 23:36 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(2)
デジタル放送という甘い罠
わが国のテレビ放送は、2011年7月で現在のアナログ放送を停波させるという計画である。
5月に買ったPSXもあと6年の命である。
c0055552_15253963.gif

この地上デジタル放送、意外に気づきにくい罠がある。
(1)タイムラグ
 デジタル→アナログ変換を行うので2秒程度タイムラグが発生する。
 地上波なのに衛星放送を見ているようなものである。
 スポーツの生中継ではわずかなタイムラグも困る。
 思い出すのが2002年のワールドカップサッカー。
 我が家はスカパーで楽しんでいたが、地上アナログ放送とタイムラグがあったのでゴールシーンは数秒前に近所の歓声で判明していた。
(2)時刻補正不可
 上記のようにタイムラグがあるので現在のビデオデッキが標準的に持っている自動時刻補正機能が働かなくなる。
 2011年7月以降は毎回手動で補正しなければならない。
 電波時計を内蔵するレコーダーが増えそうだけど、いまのところ一台も存在しない。
(3)ハイビジョンを永久保存できるメディアが今のところ無い
 地上波デジタル放送になってようやくハイビジョン放送がメインになる時が来た。
 しかし現在のHDD/DVDレコーダでは重大な制限がある。
 HDDに録画したものを見ることはできるが、DVDなど外部ディスクへの移動ができないのである。
 正確にはハイビジョンの品質そのままにディスクメディアへのバックアップができない。
 今のところの問題である。
 将来はハイビジョンをそのまま記録できるディスクメディアが登場するであろう。
 いまのところその有力な候補はブルーレイディスクか?
 現在のHDDレコーダーはコピーワンスの番組をディスクに書き出すと、HDDに記録していた番組が消えるというとんでもない仕様である。
 コピーワンスの問題もなんとかしなければなるまい。
 というか、日本だけ足かせきつすぎ。
(4)いずれ有無も言わさずコピーガードがつく可能性あり
 不払いに苦しむNHKがいつでもコピーガードをつけられる可能性がある。
 未払いのテレビは見られないようにすることができるのである。
 NHKは、その存在を根本から見直さないといけないけどね。
[PR]
by rs422a | 2005-11-19 15:25 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(2)
くるり ON KEIKYU
c0055552_21422566.jpg

新しい柄のパスネットカードが出たのでさっそく購入した。
京浜急行電鉄の「赤い電車パスネットカード付きCD」である。
「くるり」という人気ロックバンド(らしい)ギター担当岸田繁氏直筆デザインによるカードだそうだ。
CDには京急テーマソング「赤い電車」と駅案内音が入っている。
私は「くるり」という方々はまったく知らない。
1998年から活動されているそうだが、グループ名を聞いたことも無かった。
くるりの音楽については興味無い。
カードだけ売ってくれればよかったのだが、オマケのCDがよけいだ。
※本来はカードがオマケだろうけど
500円のパスネットを手に入れるために出費1500円は痛い。
ここまで書いて京急Webをよくよく見ると、このカードは限定品ではないらしい。
バカみたい。
これじゃあ少し待てば容易に手にはいるのではないか。
わざわざ発売日の今日手に入れる必要はなかった。
「くるり」の方々のヒットチャート上昇に一役買ってしまった。

京浜急行の電車は赤い車体が特徴なので「赤い電車」というタイトルになっている。
しかし盛んに宣伝している羽田空港へは京急よりも他社車両が多く走っている。
都営(白)、京成(ステンレスに青赤ライン)、北総(ステンレスに青ライン)が目立ち、京急オリジナルの赤い電車が走ることは少ない。
羽田空港駅では赤い電車に遭遇する確率は低い。
このCMを見て地方在住の「くるり」ファンが羽田空港駅に来てみたところで赤い電車はほとんどいない。
「テレビとちゃうやん」と感じるのではないだろうか。
[PR]
by rs422a | 2005-11-18 21:48 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
au切り替え1ヶ月
WIN端末を使っていると意味無くEZWebにつなごうとする。
FMラジオを利用すると必ずEZweb接続しようとする。
とんでもない仕様だ。
勝手にEZweb接続しようとするので毎回「キャンセル」を選ばねばならない。
「確認しない」という設定もあることはある。
これは確認無しにEZWebにつなぐというとんでもないオプションである。
常時「EZweb接続キャンセル」というオプションもつけて欲しいものだ。
こういうところでも小銭を巻き上げようというauの悪巧みが垣間見える。

とにかくauではなにかにつけて小銭を巻き上げるような仕組みになっている。
「定額」という甘いウソ八百な言葉を巧みに操って少しでも金を搾り取ろうという魂胆がせこい。
「ダブル定額ライト」では最初に1000円(税別)支払う。
12000パケットまではこの料金に納まるようになっている。以後は従量制。
「ダブル定額」では最初に2000円支払う。
こちらは40000パケットまでが支払った料金の2000円(税別)に納まるようになっている。
「ダブル定額」も「ダブル定額ライト」も上限は4200円(税別)となっている。
あまり使わなければ一見お得だ。
わざわざこのプランを申し込む人間はひたすらEZweb閲覧とE-mailを使い倒す腹積もりなのだから、ダブル定額ライトの方が得ではないか。
最初に支払うのが1000円や2000円という小額なのでついつい契約したくなってしまう。
おまけにこの最初に払う1000円や2000円は無料通話分として使えると書いてある。
なんとなくお得に見えてしまう。
だがそこに罠が待ち構えている。
「ダブル定額」プランを申し込むとEZWeb接続分は無料通話代金から引かれない。
http://au.kddi.com/ryokin_waribiki/kanto_chubu/waribiki/double_teigaku_light.html
このページの一番下に書いてある。
「各割引サービスにご加入の方のパケット通信料は料金プランの無料通話の対象となりません。」

無料通話が余っていても、それとは別にEZWeb接続料金が取られてしまうのである。
なんとも理不尽なauの仕組みである。
「定額」と名乗るなら最初に払った料金だけで使い放題にして欲しいものだ。
[PR]
by rs422a | 2005-11-15 23:59 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
お疲れ
久しぶりに朝から晴れている東京。
c0055552_1316426.jpg

自転車に乗るのもずいぶんご無沙汰していたので、今日は荒川自転車道を走ってきました。
写真は荒川岸から見た幸魂大橋。
W31SA2を選択した理由はmusic player機能。
本体にステレオスピーカーを内蔵していてminiSDカードに取り込んだ音楽をヘッドホン無しで楽しめる。
自転車を止めて休憩中に音楽を楽しめる。
今日は佐野元春をコピーして持っていった。
東京は昨日12日、木枯らし1号を観測し、いよいよ冬に入った。
佐野元春は基本的に冬に聞くのがいい。
W31SA2が頼もしく思えた。

c0055552_13161785.jpg

家に帰って犬の散歩。
公園を一回りして帰ってくるところ。
けっこう気温が上がってきたので犬にはつらかったかも。
[PR]
by rs422a | 2005-11-13 13:19 | Animal | Trackback | Comments(0)