Top
<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
西武ライオンズファンクラブの特典はいいぞ
西武ライオンズファンクラブから2006年度の案内状が届いた。

年会費は3000円(税込み)
だけど特典がすごいです。
入会記念品としてジャージまたはショルダーバッグがもらえる。
そしてチケットご招待券として内野自由席券2枚、内野指定席券2枚の合計4枚がもらえる。
ちなみに内野自由席券の当日券は1枚2800円もします
招待券だけでも年会費のモトが取れます
そのほかにも次のような特典がある。

●内野指定席割引券(10枚綴り)
●内野自由席割引券(5枚綴り)
●外野自由席割引券(5枚綴り)
●15才以上の会員の方、内野自由席、外野自由席に割引入場(会員証提示)
●中学生以下の会員の方、内野自由席、外野自由席に無料入場(会員証提示)

プレゼントグッズも充実
●2006西武ライオンズファンブック
●2006西武ライオンズファンクラブナビ
●来場回数によるポイントアップサービスに参加

こんな特典を用意していても宣伝が下手なのか、いまひとつ沿線住民にも情報が浸透していない。
西武鉄道の駅にただポスターが掲示してあるだけ。
これでは足を止めてまで見る人はいない。
特典がすごいので、ビジターチームファンでも西武のファンクラブに入会している人も多い。
さあ、もうすぐWBCも始まる。
がんばれニッポン。がんばれ西武ライオンズ。
[PR]
by rs422a | 2006-02-28 09:06 | SEIBU | Trackback(1) | Comments(2)
山手線で巨人戦中継実験
2月26日の日経新聞によると....

東日本旅客鉄道(JR東日本)日本テレビ放送網は4月、山手線でプロ野球巨人戦のナイター中継放送の共同実験をする。車両内のドア上部に備え付けた液晶モニターで映す。

とのことである。

笑止

多分、電車なんか普段は乗らずに運転手付きの車しか利用しない奴が発案したと思われる。
山手線は長時間乗らない人がほとんどだ。
攻守交代の間に目的駅に到着してしまうだろう。
長距離客が多い湘南新宿ラインに導入するべきと思う。
その場合、グリーン車のみのサービスにすればよい。
山手線で野球情報を流すなら実況生中継は不要だ。
スコアだけの速報を高頻度で更新してもらいたい。
巨人ファンでも巨人戦だけでなく他球場の経過が気になるはずだ。
Yahoo!なみの更新頻度で十分だ。
せっかく実験をやるならコンテンツをもう少し考えてもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2006-02-27 19:48 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
松下電器のPD

松下電器のPDというデータメディアを使っている/いた人はどれくらいいるのだろうか。
どうもカートリッジに入れるものは普及しないように思える。
この後のDVD-RAMも期待したほどの普及ではない。
たぶん最後のPDドライブ? LF-1500

PDは650MB容量ということでCDはもとよりMOに対してもアドバンテージが無さ過ぎた。
これならMOの方が小さくて取り扱いやすいと思えた。
PDはカートリッジに入っているので傷つきにくいのがよさそうに思えた。
でもそれだけでは選択理由にはなりえなかった。
一時期は秋葉原でもメディアが山積みで売られていたものだが、メディアの盛衰は激しいものだ。
[PR]
by rs422a | 2006-02-26 09:56 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
富士通ゼネラルのプラズマディスプレイ
早くからプラズマディスプレイを開発していた富士通ゼネラルであるが、更新は2004年11月で止まっている。

63V型プラズマビジョンなど、かつては意欲的な商品を販売していた。
赤外線干渉を解消した業務用プラズマディスプレイとかPDP用ビデオプロセッサ「AVM-II」とか技術的にも見るべきものがあった。
ただ富士通本体が液晶を推し進め、シャープに吸収されたのに対し、ゼネラルは外様扱いされていたように思える。
今はもう飼い殺しの状態か。
きっと開発も停止しているのだろうな。
プラズマディスプレイは色の再現性がよいのが液晶より優れているところ。
けっこうよさげなもの
いまだにブラウン管テレビしかない我が家には高嶺の花なのだが。
[PR]
by rs422a | 2006-02-25 23:17 | Audio&Visual | Trackback | Comments(0)
シャープ インターネットビューカム ☆


2000年にシャープが発売したインターネットビューカム
シャープという会社はあっという間にWeb上から自社製品情報を消してしまうのでなかなかこういう遺物に出会えない。
ソニーが1999年以降の製品のほとんどをWeb公開しているのと対照的だ。
この頃のシャープはまだスマートメディアを採用していたらしい。
これはMPEG-4が再生できるVN-E75というモデル。たぶんインターネットビューカムの三代目。
今のデジタルスチルビデオカメラと比べてもなかなか遜色ないデザイン。
自分撮りが手軽にできて楽しそう。
販売成績は悲惨だったのだろうな。

[09/Mar/2013 追記]
本記事もアホコメントが絶えないのでコメント不可に設定します。

[PR]
by rs422a | 2006-02-24 21:55 | Audio&Visual | Trackback
グラストロン


1996年6月に発表されたソニーのグラストロン
----------------------------
場所をとらずに52型相当の迫力ある映像が楽しめる
----------------------------
とのことであった。
確かにこれは迫力があった。
しかし目が悪くなりそうな感が否めなかった。
これは国際便の飛行機にこそ常備しておいてもらいたい商品だな。
今、8万円くらいでポータブルDVDプレーヤー(PSPでも可)とセット販売すればけっこういけるんじゃないかな?
ぱっと見がその昔、発売されてすぐ消えたVHDビデオディスクプレーヤーの3Dメガネそっくりだったのが敗因かもしれない。
[PR]
by rs422a | 2006-02-23 22:47 | Audio&Visual | Trackback | Comments(2)
昔の携帯電話のほうがかっこいいと思う

ソニーのツーカー携帯電話TH291
ストレートタイプで実にかっこいい。
ツーカーもKDDI傘下になる以前はこんなにがんばっていたんだと実感させてくれる。
1999年には契約数300万台突破。
2006年の現在、契約数は2月できっと300万を割ることだろう。
今の技術でTH291をリファインできないものか。
画面はカラーにして背面は全部バッテリーとして使い、待ち受け時間1000時間とか。



サンヨーもINFOBARをリファインしたストレートタイプを作ってくれないものかと思う。
折りたたみタイプは何をするにもいちいちふたを開かねばならないのが不便で仕方が無い。
auも全部折りたたみにしなくてもひとつくらいストレートを出してほしいものだ。

auの2006年春モデル7機種の中で一番売れそうでないのがサンヨーのW41SAだと思われる。
一応最薄ということがウリのようだが、それほど際立って薄いわけでもなく、色使いも地味だしちょっと目立たない>W41SA
これが単なる折り畳みではなく、W31SAのようなスライド式だったら注目度もまるで違ったことだろう。
サンヨーさん、来年くらいにはスライドかストレートで出してね。
そしたら機種変更するから。
[PR]
by rs422a | 2006-02-22 21:57 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
ハイビジョンカムコーダー第二弾

HDV1080i方式 デジタルHDビデオカメラレコーダー デジタルハイビジョン“ハンディカム”『HDR-HC3』が発表された。
HC1で家庭用ハイビジョン撮影の新境地を開いたソニーである。
今度は一段と小さくなって気合が入っている。

世界最小・最軽量 HDV1080i方式デジタルハイビジョン“ハンディカム”発売
~新開発 400万画素静止画記録も可能なクリアビッドCMOSセンサー搭載~


本体容積490cc、重量500gという。
ちょっと前のハイエンド8ミリビデオカメラではないか。
さすがに値段もよくて市場予想価格が16万円とのこと。
うーむ。さすがに手が出ない。
我が家はまだ子供がいないので、子供ができたら考えよう。
来年の今頃は32GBメモリースティックにハイビジョン記録できるカムコーダーが出ていることを期待しよう。(無理無理ってか)
[PR]
by rs422a | 2006-02-21 21:45 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(0)
実況パワフルプロ野球12決定版
せっかく買ったゲームなのでまだ遊んでいる。
「マイライフ」を投手として過ごすとストレスがたまるたまる。
不条理な点が多すぎる。

具体的にはこうだ。
●7回まで相手打線を0点に抑えていても完投させてもらえない
 点差が3点以内だった場合、一人でも走者を許せば交代させられてしまう
 さすがに10点以上の得点差がついていれば続投させてもらえる
 が、それでも8回か9回には交代させられてしまう
 とにかく完全試合を達成するより他に完投するすべが無い
これはもう完全にバグとしか思えない仕様だ。

そこで今度は打者としてやり始めた。
こちらのほうがストレスがたまらない。
ホームランを打つとゲームの中とはいえ、やはり気分がいい。

というわけで西武球団で不動の4番打者に成長しているマイキャラなのである。
3年目ともなるととてつもない打者に成長している。
シーズン本塁打数が100本越え。打率7割越え、打点400越え!
もちろん三冠王獲得。
なのにMVPは松坂(22勝)ってのはどういうわけだ>コナミ
[PR]
by rs422a | 2006-02-20 22:44 | PSX | Trackback | Comments(0)
DATA EATA

1995年11月15日のソニープレスリリース
MDデータディスクにA4 1000枚分の情報を簡単にファイルできる
パーソナルMDファイル“DATA EATA”発売


ソニーのWebページを見ていると屍規格が続々と現れる。
実に面白い。

書類を読み込んでMDデータに記録するという機械。

発想はいいと思う。
紙の書類はかさばるものだから、次々に読み込ませてデータ保管できれば便利そうだ。
だが問題は値段だ。
13万5千円ではちょっと売れそうも無い。
もしこれが19800円くらいだったら売れたかもしれない。
ハンディスキャナ、プリンタケーブル、ケース、バッグすべて別売。
全部そろえたらとんでもない出費になる。
全部0を一個はずした価格なら今でも十分売れるのではないか。

使用する記録メディアもMDデータなる特殊メディアではなく音楽用のMDそのままだったら展開も違っていたと思う。
専用メディアを用いるものはそれだけでもう普及への道をあきらめているとしか思えない。
[PR]
by rs422a | 2006-02-19 00:01 | mobile IT | Trackback | Comments(0)