Top
<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
B4-1L 九月の雨は冷たくて
c0055552_16384770.gif

東京は寒い。
真夏日のあとにいきなり11月の陽気だもの。
京セラドーム大阪も東京以上に寒い試合を展開していたようだ。
何の収穫も無い試合だったみたいだ。
どうやら5位確定かな。

ぜんぜん関係ないけど、今日のBS1でのオリオールズ対ヤンキースの中継で井川投手が持っている電子辞書をずいぶん長いこと映していた。
黒尽くめの手書きパッド装備だからシャープ製かな?
メーカー、大宣伝になってよかったね。

More
[PR]
by rs422a | 2007-09-30 16:41 | SEIBU-2007 | Trackback(3) | Comments(4)
B1-6L この広いドームいっぱい咲く花を一つ残らず貴方にあげる
京セラドーム大阪で11324人の観衆を集めたオリックス対西武戦。
正直、よくこれだけお客さんが入ったものだと思う。
昔の川崎球場ならこんな消化試合だと500人も入らなかったものだ。
当時の観客数は主催者発表だったからそんな状態でも二千人とか発表されていた。
c0055552_2295691.gif

さて試合の方は松坂建太のプロ初安打・初ホームランが光る。
来年ガンバレ。
江藤も通算1000打点達成。おめでとう。
心おきなく引退できるね。
高木も1000試合出場まで後少し。
記録達成したら引退勧告されることだろう。
個人的にたいへん期待していた松永投手は今になってようやくいいピッチングを見せてくれた。
ホームランによる1失点だけならたいしたものだ。
来年ガンバレ。

More
[PR]
by rs422a | 2007-09-29 23:59 | SEIBU-2007 | Trackback(5) | Comments(0)
L7-11F ファンをなめきっている采配
西口、和田、中村、後藤、貝塚、許
伊東監督が大好きな面々。
こいつらを使ってどれだけ失敗しているんだか。
大沼の後に許だと?
そりゃあ日本ハムもなめられたものだと思うわな。
ホーム最終戦だけど、ファンをバカにしている。
見に行かなくてよかった。
まだ20時前だけど更新するよ。
c0055552_22133717.gif


もうホームゲームは終了だから、気が早いけど今年の西武選手たちの評価をつけてみよう。
なお、これは私が独断でつけている評価ですので、異論反論は受け付けません。

評価は5段階。
学校の通信簿と同じ。
年齢で満30歳を超えている人は赤文字にしている。

◆投手編
c0055552_20413182.gif

涌井と岸には満点を付けます。
この二人はよく頑張った。
打線の援護があればなあと思える試合はいくつもあったのが惜しかった。
岩崎も開幕からずっと一軍だもの。よくがんばった。
ただ満塁の場面で押しだし四球が痛い。
三井とグラマンもなかなかやってくれたが、果たして来年はどうか?

期待を裏切ったのは帆足と西口、それに松永。
特に帆足は左のエースとして二桁勝利を期待していたのだが。
今季低迷、一番の戦犯だと思う。
西口も4月の活躍を見る限り、いったい何勝するか期待させておきながら情けなかった。
残念ながら来年はもう期待できまい。
松永ももう少しやるかと思ったのだがダメだった。

あとはダメな奴ばかりで書いていても気が滅入るから触れるのはやめにする。

◆捕手編
c0055552_20411740.gif

打てるキャッチャーが欲しい。
もうそれだけ。
上本は本当に二軍でよく打っているのか?
とても信じられない。

◆内野手編
c0055552_2041098.gif

ここはもう中島の不調につきる。
打撃もダメなら守備もダメだった。全然成長していない。
基本的に内野はザルなので、このままだと来年も厳しい闘いになりそう。
中村もちっとも打てないしなあ。
あー、後藤に関しては評価不可です。
5段階評価だけど例外のゼロを付けます。

◆外野手編
c0055552_20464932.gif

ここはもう和田の不調につきる。
併殺ばかり。
楽天の山崎の方が併殺数は上だが、活躍の度合いが全然違う。
走者が居ると併殺。いないとヒット。見事に個人成績のみ向上させている。
栗山も終盤やる気を出してきたが、いかんせん肩が弱すぎる。
レフトフライで三塁にタッチアップされるとは何事だ。
三塁守備やらないかなあ?
福地もなあ。
去年は思い切りよく振って、いい場面でホームランが出ていたものだが、今年はとうとうホームランゼロで終わりそうだ。

More
[PR]
by rs422a | 2007-09-28 19:46 | SEIBU-2007 | Trackback(6) | Comments(0)
L3-4F 11月下旬にINFOBAR2が発売されるそうな
昨日も今日も、打線は先発投手を援護する気はまるで無い。
ランナーいると打てない和田。
せっかくホームラン2本打っても意味ないじゃん。
あ、シーズン負け越しも決定したのね。
c0055552_21475127.gif

さて、11月下旬にauがINFOBAR2を発売すると発表された。
初代INFOBARは実にかっこよかった。
c0055552_21482678.jpg

笑顔がまぶしいスレンダーボディのアイドルみたいな感じだ。
一方、INFOBAR2はというと...
c0055552_21485039.jpg

見てのとおり、丸みを帯びているのでぼてっと太って見える。
中年になり下腹が出てきたかつてのアイドルのようである。

初代機と同じく製造は三洋電機とのこと。
三洋のストレート型電話機。
うう、見た目はかっこ悪いけど使い勝手はよさそう
6月に機種変したW52Hはたいへん使いづらく感じている。
異様に持つバッテリー以外にまったくいいところが無い。
12月には7ヶ月目となり、機種変価格もぐんと下がる。
むむむむ、INFOBAR2に機種変しちゃおうかなあ...

More
[PR]
by rs422a | 2007-09-27 21:49 | SEIBU-2007 | Trackback(1) | Comments(2)
L4-6M お葬式
2007年のパシフィックリーグ同士の戦いは各チーム24回戦。
偶数だからホームとビジターは12試合ずつと思っていたがそうではない。

■西武の場合
対・日本ハム ホーム13 ビジター11
対・ソフトバンク ホーム13 ビジター11
対・ロッテ ホーム12 ビジター12
対・オリックス ホーム11 ビジター13
対・楽天 ホーム11 ビジター13

なんでこんなにかたよっているんでしょうか?
どなたか理由をご存知の方は教えてください。


今日も涌井は孤独のマウンド。
しっかり味方の遊撃手は足を引っ張ってくれる。
涌井は懸命に投げ続けるが味方がアホだから勝てなかった。
後藤武敏をようやく落としたのはいいが、昇格したのが高木浩之。
なぜ今頃になって高木? ファンには申し訳ないが不可解な人選だ。
もう来年に向けて若手を使わねばならない時期のはずなのに。
c0055552_22272934.gif

c0055552_22274484.gif


More
[PR]
by rs422a | 2007-09-26 22:10 | SEIBU-2007 | Trackback(2) | Comments(6)
digital音楽全盛
IT mediaに面白い記事が載っていた。
[WSJ] iPodとMP3はポップスを劣化させているのか
「今の若いアーティストは、MP3は高音質の媒体で、iPodは最先端のサウンドだと思っている」――ベテラン音楽プロデューサーやエンジニアは「圧縮と低忠実度の新時代」に不満を感じている。


とのこと。
現在、digital圧縮音楽が全盛だが、どうもいい音とは思えない。
気のせいではないと思う。
私はコンパクトカセットテープ全盛期を知っている人間なので、ミニディスクの音を聞いたときも妙な違和感を感じた。
ミニディスクに初めて録音して再生したとき、そのノイズのないクリーンな音には感動した。
コンパクトカセットテープではどんなにノイズリダクションシステムを作動させても完全にノイズは消えない。
MDだとCDとまったく同じレベルでノイズが消える。
しかしテープと比べて長時間聞いているとなんだか疲れる。
MD録音機の問題かと思いきや、その後、時代を経るに連れて2台録音機を変えてみたが、やはり同じ印象である。
コンパクトカセットテープに比べ、一聴すると音がよいように感じるMDのATRACサウンドだが、圧縮間引きの過程で何かが欠落しているようだ。
今は携帯電話機W52H(au)でSDオーディオのAACファイルを聞く機会が多い。
当然最高ビットレートで録音しているのだが、あまりいい音とは感じない。
なぜだろう?
やはり圧縮の過程で情報欠落が起こっているのであろう。
[PR]
by rs422a | 2007-09-25 21:34 | Audio&Visual | Trackback | Comments(2)
E4-2L さらし者・小野寺
目標を完全に失ったチームと、いつもの闘いができるチームとの差かな。
まだ試合は続いているけどもういいや。
西口の二桁勝利をアシストしようなんて気力はもちろんあるはずがないかな。
c0055552_16354154.gif

ロッテが負けたので、今日明日の葬式は無くなった。
c0055552_19431744.gif

c0055552_16355262.gif


More
[PR]
by rs422a | 2007-09-24 15:27 | SEIBU-2007 | Trackback(2) | Comments(0)
E5-4L 臨終近し
ついに生命維持装置も外されました。
もうドクターも手に負えません。
c0055552_162545100.gif

7回表まではとてもよい試合運びだったのですが、あとはもう....

今はもう誰も~
会いたくないの
何もかも無くした~
今の僕にできること~


まあ連勝が止まるのもやはり守備の乱れと四球から。
併殺が取れる時にちゃんと取らないと。
ずっと守備がザル状態だからしかたないか。
とにかくまともに守備ができるようにしないといかんね。
c0055552_1626423.gif

※ソフトバンクは今季西武に勝ち越しているので、ソフトバンクのマジックは1です
c0055552_16261453.gif


More
[PR]
by rs422a | 2007-09-23 16:26 | SEIBU-2007 | Trackback(5) | Comments(2)
L7-3H たまには監督もほめよう
c0055552_18394692.gif

今日のヒーローは「伊東監督」です。
選手起用がずばり当たりました。
西武先発・大沼は4回までなんとパーフェクトに抑える。
2回表は小久保/大村/ブキャナンを三者三振に打ち取る。
それも小久保と大村は止めたバットをスイングと取られての三振。
ブキャナンに至っては見逃し三振である。
いかにいいコースに投げ込んでいるかの証明だ。
ノーコンでいつも四球から自滅する大沼投手とは思えぬ好投である。
たぶん、大沼の着ぐるみの中に岸が入っていたのではないか?

2回裏、カブレラ和田リーファーと、これぞ「打線」という感じでつながり、2点を先制。
すばらしい攻撃だ。
中島凡退のあと、中村もタイムリーヒットでこの回3点。
3回裏も二死一二塁からリーファーがまたもやタイムリーヒットで4点目。
4回も三連打で5点目をゲット。
こりゃあ今日も楽勝かなと思ってビールを買ってしまう。

しかしそううまくは事は運ばない。
5回表、大沼が本来のペースに戻る。
先頭の小久保を四球で歩かせてパーフェクトの夢潰える。
ブキャナンにヒットを打たれてノーヒットノーランの夢も潰える。
あとはストライクとボールがはっきりわかるいつもの大沼ピッチング。
2点を取られてなお満塁という場面で降板。
この回を抑えれば2勝目確実だったが、伊東監督も思いきった交代だ。
代わりに出てきた山崎投手はあいかわらず不安定で本多にタイムリーヒットを許したが川崎と柴原を抑えてなんとかこの回を3点でとどめた。

6回表は山岸がマウンドに上がる。
こういう場面での山岸は力強い。
二死からヒットを打たれて打席には多村。
ホームランが出たら同点の場面だったが、多村を空振り三振に打ち取る。
お見事。
6回裏は和田のタイムリーで決定的な6点目を獲得。
8回裏は赤田が死球を食らい、かなり痛そうに倒れ込む。
大丈夫か?
まあとにかくこの回にも1点を取ってソフトバンクは戦意喪失。
9回表は岩崎が三者凡退で切って取った。

投手交代が多くて時間は長かったけど、快勝です。
やったね。六連勝です。
まだ借金4つあるけど。
さんざんののしってきた和田選手が頼もしい存在です。
和田選手の全力疾走&フェルナンデスのエラーから始まった連勝です。
今日は仙台で鋭気を養って、明日はしっかり連勝を続けましょう。
c0055552_18392599.gif

c0055552_18393586.gif

[18:55 追記]
ひとつどうしても書いておかねばならないことがある。
昨日と今日の試合は
鷹狩シリーズPARTⅡ ライオンズカラーにスタンドを染めよう!
と銘打ってライオンズオリジナルシールを配布していた。
しかしその対象者に妙な制限が加えられていて、選手背番号Tシャツを着ていた私はもらえなかった。
※胸部分にLIONSロゴ又はSEIBUロゴがあり、ライオンズが発売した上着を対象とさせていただきます。
※旧デザインのユニフォームも含みます。
※ユニフォームデザインの衣類を着用してご入場されるお客さまを対象とさせていただきます。

こんなわけのわからない制限を付ける必要があるのか?
どうせ余りまくっているくせに。
まあ、いい大人が無理して欲しがるような代物ではないことが救いだったけど。

More
[PR]
by rs422a | 2007-09-22 18:44 | SEIBU-2007 | Trackback(11) | Comments(4)
L3-0H 岸10勝目、杉内をKO
c0055552_21441052.gif

シーズンも終盤になってようやくようやくようやく杉内を打ち崩してくれた。
とはいうものの、先取点はリーファーの押し出し四球によるものなのでこの時点では杉内を打ち崩してはいない。
二死満塁で落ち着いてストレートの四球を選んだリーファーはすばらしい。
しかし中島は重症だ。
四球のあとの初球を狙うのは鉄則とは言え、簡単にファールフライで打ち取られる。
なんとも情けない。

今日の西武先発・岸はすごい気迫だ。
前回の楽天戦では初回からメロメロだったが今日はすばらしい出来だ。
4回まで1安打に抑える。
5回表は4回裏の攻撃が長すぎたせいか、ちょっと打たれたが二死からだったので大事には至らず。
しかし7回表、初めて無死から走者を許してピンチを招く。
柴原の送りバントは岸と中村がお見合いしてセーフにしてしまう。
大村の犠打で一死二三塁の大ピンチ。
ここで松田の打球はサードゴロ。これを中村がうまく処理して併殺を成功させる。

するとその裏、味方が追加点をあげる。
中島が無死からヒットを打ち、二死二塁で栗山がタイムリー二塁打
なおも片岡もタイムリーヒットで2点を追加。
さんざんやられ放題やられてきた杉内をノックアウト。
やったね。
左投手には右打者ばかりを並べるという愚行をようやく改めたバカ監督。
今日は采配がズバリ的中したね。あと2ヶ月早くやっていればよかったものを。

こうなると岸の完封が焦点だったが、さすがにそんなに甘くはない。
9回表は小久保にいきなりストレートの四球を出したところで岸は降板。
後を継いだグラマンは井出を併殺に取りピンチを脱する。
柴原にはヒットを打たれるが、大村を見逃し三振に打ち取って西武が勝利。

久しぶりの五連勝
いいねいいね。あと5つの借金を一気に返済してもらいたいです。
c0055552_21442317.gif

c0055552_21443559.gif


More
[PR]
by rs422a | 2007-09-21 21:46 | SEIBU-2007 | Trackback(10) | Comments(8)