Top
<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
カブレラ、リーファー 退団
カブレラはとても年俸に見合う成績ではないから解雇もやむなし。
オリックスが取りに行くと伝えている。
どうなる事やら。

リーファーは印象に残る活躍はしていたのだが、全体的に見ると成績は今ひとつ。
広島のブラウン監督はどうするのかな?
セントラル・リーグだとどこを守らせるのかがネックだろうけど。

グラマンだけは生き残るのかな...
[PR]
by rs422a | 2007-11-29 22:53 | SEIBU-2007 | Trackback(1) | Comments(2)
電子辞書に欲しい機能
またIT mediaの記事だが電子辞書 3+1の進化の方向性という記事が載っている。
今後の電子辞書の行く先として「通信機能」を挙げている。
インターネットへの接続は遅かれ早かれ採用される機能であろう。
しかし、通信で辞書を検索に行ってはレスポンスが遅すぎて実用には耐えられないだろう。
現在の電子辞書は、検索すると一瞬にして結果が得られる超高速レスポンスも魅力のひとつなのだ。
なんでもかんでもネットに接続すればよいというものではない。
必要な辞書を外部カードで提供するという手法をもっと磨いたほうがいい。
外部カード辞書でも本体内蔵辞書同様の速度で検索できるようにするべきだ。

ところで、電子辞書の機能として私がぜひ欲しいと思うのが「メモ機能」だ。
せっかくフルキーボードがついているのだから、これでテキスト入力ができれば便利だ。
携帯電話機のテンキーで日本語を長文入力するのは実用的ではない。
やはりフルキーボードでないと入力は難しい。
ノートパソコンでは図体がでかすぎる。
電子辞書なら両手で持って親指だけでなんとかキーを打つことが可能な大きさだ。
昔のHP 200LXみたいに簡単に実用レベルで日本語文章が打てる機械が欲しい。
SDカードスロットをつければ、外部記憶媒体も問題なし。
日本語変換ソフトもATOK並みの変換精度はいらない。
昔のOASYS(富士通製ワードプロセッサ)の単漢字変換程度で十分だ。
OASYSの時代でもそれほど不便は感じていなかった。
誤変換が当たり前だったので、頭で修正することを基本としていた。
富士通さん、ひとつ電子辞書機能を搭載してOASYSやりなおしてみませんか?
[PR]
by rs422a | 2007-11-28 23:59 | mobile IT | Trackback | Comments(2)
16番争奪戦
ヤクルトから石井一久選手が西武に移籍。
左の先発の柱としての活躍が見込まれる。
さて、気になるのは背番号。
ヤクルト時代の栄光ある「16」を巡っての大攻防戦が展開されるものと予想される。
現在、西武で16番を付けているのは今や堂々たる西武のエースとして活躍している涌井秀章投手。
噂によると涌井は2008年からは18番に変わるという。
そう、松坂大輔が付けていた番号だ。
ということは空いた16番をすんなり石井がつけるのであろうか。
うーん、わざわざ涌井を松坂の後釜にしなくてもいいだろう。
涌井は涌井だ。
松坂二世ではなく、涌井一世として後年に名を残す投手になる逸材だ。
16番は涌井のままで居て欲しいなあ。

石井一久は「石井」つながりで、石井貴が付けていた21番はどうだろうか。
東尾が付けていた由緒正しいエースナンバーだよ。これも。
「石井」つながりなら石井丈裕がつけていた番号という選択肢もあるが、11番(現・岸)と27番(現・細川)ではどちらも合わないから却下ね。
[PR]
by rs422a | 2007-11-26 18:10 | SEIBU-2007 | Trackback | Comments(0)
2007 鎌北湖サイクリング
快晴の東京。
紅葉も真っ盛りということで、久しぶりに輪行しました。
1年ぶりの鎌北湖サイクリングです。
c0055552_19245976.jpg

武蔵横手駅で下車。
なんと自動販売機の電源が入っておらず、飲料が買えなかった。
ここで調達しておかないと、道中には一切自動販売機はないのだ。
しかたがないので東吾野方面へ向かい、サンクスでスポーツ飲料を買った。
c0055552_19244725.jpg

西武鉄道が高麗川を渡る。
紅葉がきれい。電車が来ればいい撮影ポイントになりそうだ。
先を急ぎたいので、電車が来るまで待つのはやめた。
c0055552_19243886.jpg

ホタルの生息地だそうな。
c0055552_19242760.jpg

でもこんな小さな川。
これでホタルが生息できるのかな。
c0055552_19241783.jpg

北向地蔵を抜けて鎌北湖に到着。
紅葉がなかなかすごい。
毛呂山町の紅葉まつりがちょうど開催されているのだ。
c0055552_1924484.jpg

道路沿いのモミジが特に色づきがよい。
c0055552_19235394.jpg

さらに道路から近づいて撮影してみる。
c0055552_19234014.jpg

紅葉が湖面に映える。
c0055552_19232665.jpg

道行く人も紅葉に見とれている。
c0055552_19231373.jpg

なにやら撮影会をやっている。
無料で撮影させてもらえるとのこと。
しかしモデルは私の好みではないので撮影せず。
c0055552_1923122.jpg

さらに奥の湖面横のモミジ。
c0055552_19224827.jpg

あーきのゆーひーにてーるーやーまーもーみーじ
c0055552_19223419.jpg

こーいもうーすーいーもかずあーるーなーかーに
c0055552_19222152.jpg

道路沿いのビューポイントから撮影。
c0055552_1922618.jpg

峠から一気に鎌北湖まで下ってきたので、体が冷え切ってしまった。
売店で餅入りぜんざいをいただく。
150円でとてもおいしくいただけた。
c0055552_192151100.jpg

まだまだ紅葉は続く。
c0055552_1921393.jpg

紅葉まつり本部。
この本部横でけんちん汁とゆず湯の無料配布が行われていた。
タダなのでありがたくいただく。
とてもおいしいけんちん汁だった。
やはり大量に作ると料理はうまくなる。
c0055552_19212663.jpg

一番奥から湖を臨む。
こんなシーズンだから車がすごい。大渋滞になってきたので引き上げる。
高麗神社に参拝して飯能駅へ向かう。
c0055552_19211428.jpg

高麗神社近くの牧歌的風景。
牛がのんびり昼寝をしていた。
このあとはとっとと飯能駅から輪行で自宅まで戻った。
このところ自転車に乗っていなかったので、久しぶりに長距離を乗って尻が痛い。
来週はもっと手近なところへ行ってみようと思った。
[PR]
by rs422a | 2007-11-25 19:25 | Bicycle | Trackback | Comments(4)
2007西武ライオンズファン感謝の集い
今日は西武ライオンズファン感謝の集いが開催された。
ただでさえ寒い関東地方。
当然、この隙間風が吹き込むニセドーム球場は寒いこと寒いこと。
c0055552_17202348.jpg

選手たちが並ぶ。
あれあれ、なぜか力士が一人いるぞ。
片岡に無理やり着せられたのであろう、60番をつけた中村だ。
こうしてみると、意外にスマートで「でぶ」という感じではない。
福岡で日本代表としてがんばっている涌井と和田はビデオによる挨拶だった。
あいかわらずカメラから視線をそらしてぶっきらぼうの涌井はナイス。
デーブ大久保新コーチは欠席。テレビ朝日と文化放送が主導のイベントだもの。
大人の事情があるのだろう。
c0055552_17203467.jpg

一塁側ベンチ上に作られたステージでトークショー。
片岡(7)と岸(11)が登場。
こうなると片岡の独擅場。
岸はほとんどしゃべることができず。
岸の人気はすごい。
c0055552_17205061.jpg

力士さんが乱入。
また予定に無かった栗山の乱入もあり、中川充四郎さんがマイクを失ってただのファンと化していた。
さらにこの後、片岡の盗塁王を記念して片岡ファンへスパイクのプレゼント。
c0055552_1721395.jpg

最後は渡辺久信監督と赤田キャプテンを招いて文化放送の公開録音。
今日はステージがよく見える位置に陣取れたのですごく楽しく過ごせた。

球場広場では文化放送とJスポーツ(スカパー)がテントを出していた。
せっかく来年から「埼玉西武ライオンズ」になるというのにテレビ埼玉は影も形もなし。
まあ地元にまったく密着していない球団だからね。
一応、ライオンズチャンネルのメインパーソナリティである半田あいさんは司会をしていたが。
あ、Nack5の千代綾香さんも元気に司会をしていた。

2008年を「球団創設30周年」とか堂々とシーズンシート販促ポスターに書いているくらいだもの。
あくまで福岡時代の歴史は無かったものとしたいのですね。
これじゃあ稲尾さんが亡くなってもどの新聞もコメント載せないわけだ。
ロッテやソフトバンクのように歴史を大事にしてもらいたい。
この球団、2008年はますます観客動員は落ち込むだろうな。
[PR]
by rs422a | 2007-11-23 17:25 | SEIBU-2007 | Trackback(2) | Comments(4)
がんばれ日本
今日のオーストラリア戦、テレビ中継最終打者は現時点では西武所属の和田。
見事に三遊間を破るヒットを放った。
こういうバッティングがシーズン中にできればなあ...って思った西武ファンは多いはずだ。
[PR]
by rs422a | 2007-11-22 20:52 | SEIBU-2007 | Trackback | Comments(0)
日本レコード大賞
年末が近づいてきた。
昔は大晦日といえば日本レコード大賞と紅白歌合戦が定番だった。
ふと気がつけばここ数年、レコード大賞など見ていない。
歴代のレコード大賞の記録を見てみよう。
c0055552_15223915.gif

にしきのあきらが何かしら賞をもらっていたような記憶があるから、幼くてはっきりとは覚えていないが1970年も覚えている。
私がはっきり覚えているのは1972年以降だ。
70年代は大賞、新人賞共に堂々たる顔ぶれが並ぶ。
まさか渡辺真知子も30年近く経ってからロッテの応援歌に採用されるとは思いも寄らなかっただろう。
おかしくなるのはアイドルブームの1981年以降だろうか。
1987年は大賞も新人賞も首を傾げる人選だし。
そんなわけで1990年からは演歌部門とポップス部門とにわかれたが、3年であっさり元に戻る。
この頃はもうレコード大賞はまったく見なくなっていたのでよくわからない。
21世紀になってからは大賞受賞曲は一曲も知らない。
ああ、おっさんになったなあと実感してしまった。
[PR]
by rs422a | 2007-11-21 15:22 | Audio&Visual | Trackback | Comments(0)
【西武】 大卒・社会人ドラフト
またエキサイトブログがおかしいようで、画像がアップできません
普通、メンテナンスすると不具合が解消されるものだがエキサイトブログは以前より悪くなる。
素人ばかりしかいないのだろうな。
パーミッションくらい、ちゃんと設定せんかい!
ドアホ>エキサイトスタッフ


2008年度の新戦力となる大卒・社会人ドラフト会議が本日開催。
残念ながら渡辺監督はくじ運が悪く、2回とも外してしまった。
しかしドラフト1位だからといって活躍するとは限らない。
c0055552_21362095.gif

平野将利、藤原良平の両投手に期待したい。
ちなみに高校生ドラフトはこちら

さて21世紀になってから西武に入団した選手たちの過去のドラフト順位を見てみよう。
赤字は既に退団または戦力外通告されたことを示す。

c0055552_2136489.gif

2000年のドラフト会議。
まだ高校生と大卒・社会人の分け方はない。
プリンスホテル野球部が廃止になったということで大沼が1位指名。
8位の福井以外は皆現役だ。
来年度はこの辺の世代が中心となってチームを引っ張らねばなるまい。
V奪還への鍵を握る世代といえる。

c0055552_21355235.gif

続いて2001年。
自由獲得枠が設定されて、事実上希望する球団に入団することができるようになった。
細川、中村、栗山と、伸びそうで伸びていない連中ばかり。
来年は殻を突き破る活躍を期待したい。

c0055552_2135403.gif

なんかメンツを見ただけでドッチラケになりそうな...
それほど各選手とも今年はひどい成績だった。
来年は頑張れ。

c0055552_2135121.gif

「佐藤隆彦」って誰かなと思ってよく見たら現G.G.佐藤の本名なのね。
この世代も今年はなんだかトホホな感じ。
だが、黒瀬や松坂はまだまだ上が狙える逸材だ。
もっと練習してぜひレギュラーをつかんで欲しい。

c0055552_21344760.gif

さすがにまだやめさせられた奴はいない。
涌井、片岡、山岸と、上位三人が十分な活躍をしている。
来年も期待するよ。
星と藤原はそろそろ結果を出さないといけないところ。
特に藤原は松浦亜弥がまだ芸能界に残っている間に活躍してもらいたい。

c0055552_21343219.gif

この年から高校生と大卒・社会人が別枠になった。
即戦力として期待された大卒・社会人組だが、この年の顔ぶれは活躍しているとは言いがたい。
とはいえ、まだ2年しか経過していないわけだから、3年目の来年は頑張れ。

c0055552_21341566.gif

岸が期待通りの活躍。
岩崎も開幕からずっと一軍で貴重な中継ぎとして大活躍。
二年目のジンクスに負けないように頑張ってもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2007-11-19 22:15 | SEIBU-2007 | Trackback(3) | Comments(2)
西武バスのバスポイントを考える
私がよく利用するバスは210円均一区間である。
Pasmo/Suicaでバスに乗ると一回につき210ポイントのバスポイントが貯まる。
バスポイントがある程度貯まると特典バスチケットへ自動引き換えとなる。
特典バスチケットの有効期間は10年間。
しかしバスポイントの積算は一ヶ月ごとに打ち切られる。
翌月の1日からはまたゼロからのスタートとなる。
1日から月末までの最大31日間で貯まるバスポイントでどれだけ特典バスチケットがもらえるかシミュレーションしてみよう。

31日間で行きと帰りの2回バスに乗ると考えると
 31×2=62
と、62回が最大の利用回数となるだろう。
もし一日に3回以上バスに乗る機会があれば、500円の一日乗車券を買ったほうが得だ。
※同じ会社のバス路線に乗ることが条件となるが
c0055552_21583124.gif

まず5回乗ると1050バスポイントが貯まる。
1000バスポイントで特典バスチケットが100円分自動引き換えとなる。
これで次回乗車時には特典バスチケットの100円が優先的に使われる。
つまり6回目の乗車時に支払う運賃は210円ではなく110円となる。
このときは110円の支払いなので、バスポイントも110ポイントしか貯まらない。
10回目で2000バスポイント達成で特典バスチケットは100チケットつく。
16回目、21回目乗車までは同じく100チケットずつ付与されていく。
累計で4000バスポイント獲得までは1000ポイントごとに特典バスチケットが100チケットなのでわかりやすい。
しかし、5000バスポイント以上獲得するとややこしくなる。
5000バスポイントを達成すると特典バスチケットが450チケットもらえる。
26回目の乗車で5000バスポイント達成となる。
突然450チケットももらえるのは磁気バスカードのプレミア分に合わせたからである。
磁気タイプのバスカードは販売価格5000円で5850円使用可能である。
特典バスチケットは5000円以上バス代として消費すると850円分得したことになるわけだ。
6000ポイント以降は1000ポイントごとに170チケットもらえる。
10000ポイントまでこれを繰り返す。
それ以上貯まったときの記載は西武バスWebには見当たらないが、Wikipediaの情報によるとゼロリセットされるらしい。
シミュレーションしてみると、特典バスチケット引き換えが無駄なく使える回数が無い

一ヶ月間に10回乗ったらバスポイント2000達成で特典バスチケットお釣り無し。
初めてPasmo/Suicaをバス運賃支払いに使う場合は10回でとどめるべきだ。
しかし無駄なく使っているように思えるが、翌月が面倒だ。
翌月はたまったバスポイントが優先的に引かれるので運賃110円からスタート。
ポイントはゼロリセットされているから110ポイントたまるところから始まる。
特典バスチケットを無駄なく引き換えることができなくなる。
必ず数十ポイントが無駄なバスポイントとなって消えることになる。
きっちりお釣りなく得する乗車回数がないのだ。

磁気タイプのバスカードのプレミアには有効期限はない。
五千円支払えば確実に850円のプレミアがつく。
わかってはいたものの、やはり磁気タイプのバスカードの方が得だ。
[PR]
by rs422a | 2007-11-16 21:59 | SEIBU | Trackback | Comments(0)
正力松太郎賞
2007年は中日の落合監督が受賞したそうで。
ところでこの賞、読売新聞によると「プロ野球界最高の賞」なのだそうな。
ふーん。
確かに正力松太郎さんの功績はすごいけどね。
お亡くなりになってからすぐに制定された賞ならわかるけど、ほとんど王選手の功績を無理矢理持ち上げるために作られた賞としか思えないもんなあ。
※もちろん王選手の本塁打記録の功績はすばらしいものである
wikipediaでも読売関係者とおぼしき奴が編集しているとしか思えない記述が見られるし。
無理矢理毎年表彰するには無理があるんじゃないかな。
オールスター戦で投手を毎回代えたり、日本シリーズで完全試合目前の投手を代えたりするような奴がはたして正力松太郎賞に該当するのだろうか?
常に挑戦の姿勢を崩さなかった正力さんも草葉の陰でさぞかし嘆いているのではないか。
[PR]
by rs422a | 2007-11-15 22:48 | etc... | Trackback | Comments(0)