Top
<   2008年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2008年の埼玉西武ライオンズの軌跡
2008年の埼玉西武ライオンズの軌跡を載せておきます。
livedoor、Yahooその他、excite以外へのトラックバックが不調です。
ご了承ください。

今年の埼玉西武ライオンズを振り返る人はこちらへ(続きを読む)
[PR]
by rs422a | 2008-12-31 23:59 | SEIBU-2008 | Trackback(1) | Comments(0)
2009年に向かって走れ!
あらためて7月6日の七夕短冊を見返してみるとなかなか興味深い。

本当に日本一になることができてとてもハッピーな2008年でした。

所沢パレードも実現されました。
西武球団の企画力は評価できます。

片岡選手も本当に二年連続盗塁王を決めてくれました。すばらしい。

栗山選手は最多安打だったし、友亮選手は主力の抜けた8月に大活躍だったし、渡辺監督の胴上げはクライマックス第二ステージで実現できました。

帆足グッズは作られなかったね。
とにかく球団の動きが鈍すぎる。
栗山グッズももっともっと品揃えを増やせばたくさん売れただろう。
勝機を逃さぬようにグッズ販売に力を入れて欲しい。

来年はもっとお客が増えればいいですね。

でも一番効いたのは↓この短冊かも。


c0055552_855867.jpg

ちなみに2008年12月のカレンダーは佐藤友亮/石井義人/高山久の三選手。
石井義人選手は背番号5にふさわしい活躍だったな。
c0055552_8553435.jpg

最後の一枚は主力選手25人。
来年はこのメンバーも一新される。ぜひ連覇をお願いしたい。

今書いているのは31日の8時過ぎ。
「がんばれタブチくん」をMXTVでやっている。
東京音頭に乗って「所沢音頭」を歌うのはちと違和感がありまくり。
応援団長最寄り駅は小手指だ。
小手指駅のとなりの駅は「あっち」と「こっち」なのだそうだ。
[PR]
by rs422a | 2008-12-30 23:59 | SEIBU-2008 | Trackback | Comments(2)
オフシーズンはプロ野球スピリッツ5
プロ野球スピリッツ5完全版のペナントレースモードを戦っている。
データは2008年シーズン終了時点ということだが、実在の選手との相違点が激しい。

(例)
1.栗山の足が遅い
 よくホームタッチアウトになってしまうし、盗塁も失敗が多い
 一方で片岡の盗塁は100パーセント成功するなどゲームバランスが悪い
2.赤田の走塁力がCランク
 おかげで盗塁はよく失敗するし、ホームタッチアウトも多い
 チャンスで三振ばかりするところは本物と同じだが
3.指示を出すと必ず最悪の結果が待っている
 このゲームでは一試合につき一度だけ「ここが勝負だ!」と気合いを入れられるがぜんぜん効かない
 投手は押し出し四球か満塁ホームランを打たれる
 打者だと間違いなく三振する
4.星野が左打者によく本塁打を被弾する
 満塁で松中やローズを迎えて星野を投入するとだいたいホームランを食らう
5.石井義人が左投手からよくヒットを打つ
 説明不要かな 違和感ありまくり

選手は経験値をためてチャレンジ項目をクリアすることにより「覚醒」してレベルアップする。
でもたいして変化はない。
松坂、中田、平野、木村が覚醒しているがあまり変化無し。
涌井と中島も覚醒したけど、それ以前とあまり変わらない印象だ。
この「覚醒」とは何か意味があるのか?
今は田沢と山本歩を育成中。
[PR]
by rs422a | 2008-12-29 23:59 | PSX | Trackback | Comments(0)
40型BRAVIAをリビングからプライベートルームに移設
c0055552_842892.jpg

地上波デジタル放送に完全対応させたので我が家はアナログVHF放送が受信できなくなりました。
アンテナ工事と同時にリビングにあった40V型BRAVIAを移設。
PSXとスカパーIRDを接続。
しかしここで問題が発生。
スカパーIRDの電源が入らなくなってしまった。
もう10年も使っているからなあ。
電源部分のコンデンサがいかれたのだろうと予想しつつ修理に出しました。
するとやはりその通りで、あっという間に修理完了。
年内の修理完了はあきらめていただけにこれはうれしい誤算だ。

BRAVIAが来たので接続経路を全面的に見直した。
スカパーIRDはS端子出力しかないので、S端子ケーブルを購入。
c0055552_893632.jpg

にじみが一掃され、輪郭がくっきりして見やすい映像になった。
PSXはD端子ケーブルで出力。
c0055552_895262.jpg

コンポジットケーブルとは次元が違う鮮やかさ。
なんとすばらしいことか。
PS3やブルーレイレコーダが欲しくなるな。
お金を貯めるのは難しいな。
[PR]
by rs422a | 2008-12-28 17:33 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(0)
No Limit! 2009
2009年のスローガンが発表されました。
2008年から引き続き「No Limit! 2009」だそうで。

↑こんな画像使っているくらいだからユニフォームの変更はないのかな?

合わせてホームを三塁側にするという公式発表がありました。
シーズンシート販売開始と同時に発表しなかったのはどういう意味があるのか?
三塁側がホームになることは見え見えだったとはいえ、正式発表がこうも遅れたのは問題です。
2009年も一塁側がホーム側と信じてシーズンシートを購入した人もいることだろう。
そのような人に対してはどういう補償をするのだろうか。
[PR]
by rs422a | 2008-12-27 00:01 | SEIBU-2009 | Trackback | Comments(2)
日本一奪還!埼玉西武ライオンズ2008 若獅子たちの軌跡
c0055552_22461358.jpg

えー、買う予定はなかったのですがショップで並んでいたのでついこうてしまいました。
惜しむらくはこれが「DVD」であること。
どうせなら「Blu-ray」で発売して欲しかった。
これは2008年の総決算です。
ぜひ買うべし!

ただし
[PR]
by rs422a | 2008-12-26 00:01 | SEIBU-2008 | Trackback | Comments(0)
UHFアンテナを二本設置しました
我が家はUHFアンテナを二本設置しました。
これで東京タワーからの電波とテレビ埼玉を見ることができます。
さあ、これで2009年のテレ玉番組もばっちりさ。

その一方で思わぬ副作用が!
なんと東京都内の我が家でも千葉テレビと群馬テレビが受信できるようになりました。
さすがにどちらの局も受信レベルが低いけど、デジタル放送なのでくっきり映ります。
千葉テレビが映るので、これから全日本プロレスマザーという番組が見られるのがうれしい。
テレビ番組欄を見るのが楽しみになります。
[PR]
by rs422a | 2008-12-25 00:01 | Audio&Visual | Trackback | Comments(2)
はるまふじ、はるまふじ、引いて楽しいはるまふじ
本日、平成二十一年初場所の番付発表が行われた。
安馬改め日馬富士(はるまふじ)が東の張出大関に名を連ねた。
多彩な投げ技と懐に入って前に出るのが日馬富士の持ち味だが、引き技で勝利したらきっと表題のように歌われてしまうことだろう。

「はるまふじ」という響きはなんとなく「アミダくじ」と似ているのだ。
となると、大昔にフジテレビで放送されていた「オレたちひょうきん族」に出てきた「アミダばばあ」を連想してしまう。
アミダばばあを演ずる明石家さんまが即興で作ったと思われる唄だが、妙に心に残る。
調子に乗ってサザンオールスターズの桑田がアミダばばあの唄を作ったがやっぱり撃沈した。
日馬富士が引き落としやはたきこみで勝利しないことを祈りたい。
[PR]
by rs422a | 2008-12-24 17:16 | etc... | Trackback | Comments(0)
背番号変更
[change]
涌井秀章投手 旧16→新18
石井一久投手 旧61→新16
銀仁朗選手 旧37→新2
山本淳投手 旧20→新40
谷中真二投手 旧69→新57
吉見太一選手 旧31→新63
田中靖洋投手 旧57→新66
[rehire]
土肥義弘投手 38
上原厚治郎投手 69
[09 NEW]
中崎 雄太投手 21
野上 亮磨投手 20
浅村 栄斗内野手 32
坂田 遼外野手 31
岳野 竜也捕手 39
宮田 和希投手 68

これでユニフォームデザインも一新されたら2009年カレンダーはしらけたものになってしまいますね。
涌井には16番のままでいて欲しかったけど、グッズを販売する球団側としては毎年でも番号変更をやってもらいたいと思っているかもね。
「ライオンズ」のエースナンバーといえば24番(稲尾)か21番(東尾)だと思うけど。
21番を新たにつける中崎投手には精進してもらって活躍することを願う。
24番をつけている松永投手はもっとガンバレ。
[PR]
by rs422a | 2008-12-23 22:45 | SEIBU | Trackback | Comments(0)
文化放送のCDを聞いてにやついているワタシ
というわけで文化放送から届いた優勝記念CDを聞いています。
最高です
いい場面での実況がそのまま入っているので、録音物とわかっていながらも拍手をしてしまいます。
悪夢の9・23も入っています。
後藤の走者一掃ツーベースの時は幸せだったなあ...(しみじみ)
あのときの球場のムードは今後二度と味わえないことでしょう。
とにかく、この切手とCDのセットはたいへん楽しめます。
ぜひとも買うべし!
[PR]
by rs422a | 2008-12-18 22:02 | SEIBU | Trackback | Comments(0)