Top
<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2009ドラフト会議
プロ野球・ドラフト会議が10月29日開催された。
パシフィック・リーグの各球団の指名は以下の表の通り。
c0055552_21534149.gif

西武の1位は菊池雄星<花巻東高・投手>。
6球団の競合だったが渡辺監督が引き当てた。
おそらく背番号は現・木村文和の41番を剥奪して菊池に与えるだろう。
そう、41番は渡辺監督の現役時代の背番号。
これしかないだろう。
まだ高校生だ。しばらくは体作りから始めねばなるまい。
背筋痛ももっと筋肉の鎧を付けて支えれば大丈夫だろう。
しっかり育てていってもらいたい。

2位指名は美沢将<第一工大・内野手>である。
西日本新聞の記事によると「川崎二世」の呼び声が高い逸材だ。
内野手のレギュラー争いに出てくるか?
背番号は江藤が付けていた33番あたりかな?
打席に入るときのテーマ曲はプロレスリング・ノアのエースだった故・三沢光晴のテーマ曲である「スパルタンX」で決まりでしょう。

3位指名は岩尾利弘<別府大・投手>である。
MAX147km/hの速球を誇るという。
これは即戦力を期待したい。
中継ぎからだろうが、課題のクローザーにも名乗り出てくるのでは?
背番号は正津が付けていた25番かな。

4位指名は石川貢<東邦高・内野手>だ。
右投げ左打ち、180cm/76kgといい体をしているようだ。
サンスポによると「走攻守そろった好素材」とのこと。
しっかり鍛えて将来のクリーンアップを打てるように育てて欲しい。
背番号はボカチカがつけていた55番かな。

5位指名は松下健太<早稲田大・投手>だ。
彼は即戦力の期待がかかる。
崩壊した中継ぎ陣にいい意味で刺激を与えてもらいたい。
背番号はワズディンがつけていた37番であろうか?

6位指名は岡本洋介<ヤマハ・投手>である。
ヤマハからの岡本投手ということで、同じ岡本姓の岡本慎也を彷彿させる。
なので背番号は12しかないだろう。

テレビ埼玉のニュース930ではトップニュースがドラフト会議の様子だった。
渡辺監督の喜ぶ様子が見られてよかった。
みんなガンバレ。
[PR]
by rs422a | 2009-10-29 21:54 | SEIBU-2009 | Trackback(6) | Comments(2)
2010年に向かって走れ!その1
工藤投手を獲得 とのこと。
現役の投手としてではなく、コーチとしての招聘であろう。
一軍の江藤枠が工藤枠に変わるのかな。
背番号がどうなるか注目である。

デーブ大久保氏が二軍打撃コーチへ
橋本武広氏が一軍投手コーチへ
二人ともしっかり鍛えてやってくれい!
たのむぜ!
[PR]
by rs422a | 2009-10-26 21:37 | SEIBU-2009 | Trackback(1) | Comments(0)
10/23のとくダネ
中国のものはすべて偽物なのか?>このアナウンサーったら

[PR]
by rs422a | 2009-10-25 23:59 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
日本シリーズ進出チームが決まってしまった
パシフィック・リーグ代表としてがんばってください。

それにしても9回に岩隈まで使わなければならない展開になってしまったのが痛かったね。
おととい完投した投手なのに。
ちゃっちゃと負けちゃったね>山崎選手

[22:00追記]
讀賣さんはもっとがんばって日本ハムを倒してください。

ライオンズさんはフェニックスリーグでも中日やオリックス相手に二桁失点していてボロボロです。
果たして半年後には誰か伸びているでしょうか??
[PR]
by rs422a | 2009-10-24 17:34 | etc... | Trackback(1) | Comments(0)
「第三のビール」増税反対 業界、財務省に要望
ビール業界はまともなビールを造る気はないようだ。
テレビコマーシャルも「新ジャンル」「第三のビール」とかごまかしてやっているが、早い話が「偽ビール」だ。
どんなにCMで「ビールと間違えた」とか「のどごし」とかほざいても本物のビールと飲み比べるとその差は歴然。
こんなものを「うまい」と思って飲んでいる奴がいるのか?
ほんの数十円程度の差ならちゃんとしたビールを飲んだ方がよいと思う。

昨年は西武の快進撃のおかげでアサヒ・スーパードライをたくさん飲んだ。
ライオンズクラシックの公式スポンサーだったし。
今年はCSを見ながら飲もうと思っていたが、その夢は叶わず。
とりあえず週末までCSが終わっていなくてよかった。
どうせならパ・リーグは日曜日までもつれてくれればいいな。
[PR]
by rs422a | 2009-10-23 22:51 | etc... | Trackback | Comments(2)
CS第二ステージ始まる
WBCに一人も派遣していない中日は元気。当たり前だ。
こんなチームには日本シリーズに進出して欲しくない。

ところで↓はサンケイスポーツのチョンボ記事。
c0055552_2213793.jpg

おそらくリンデンの活躍を扱う記事を掲載する予定だったのだろう。
写真がリンデンなのに、見出しはスレッジ。
アホだ。

思えば2004年の日本シリーズの時もまだ第6戦の試合中なのにこんな記事が流出している。
c0055552_22131576.jpg

※これは合成ではありません
あんまりおもしろかったので画面キャプチャーして取っていたのだ。
今頃載せてごめんねごめんね~
[PR]
by rs422a | 2009-10-21 22:13 | SEIBU-2009 | Trackback | Comments(2)
プロ・レスラー「剛竜馬」死す
53歳。
17歳でプロレスラーとしてデビューしている逸材だった。
国際プロレスの吉原社長もずいぶん期待していたという。
しかしそんな社長の思惑もむなしく、剛は新日本プロレスに移籍してしまう。
藤波辰巳のライバルとして新日本プロレスから引き抜かれたものの、その後はさっぱり。
ジュニアヘビー級レスラーの宝庫であるメキシコとの太いパイプができたことで完全に剛竜馬の存在は忘れ去られてしまった。
国際プロレス崩壊後に乗り込んできたアニマル浜口にいいようにいたぶられていた姿しか覚えがない。

猪木の受け皿団体として設立したUWFにラッシャー木村と共に移籍。
前田日明のサポート役をやるのかと思ったら半年後に離脱。

全日本で国際血盟軍を結成するものの何の結果も出ず、前例のない「解雇」という切られ方。

すごいレスラー人生だった。
藤波に挑戦した最初の試合を見たいなあ。
ロープ際での原爆固めがすごかったらしい。
今はもう昔か。
ご冥福を祈ります。
[PR]
by rs422a | 2009-10-19 22:53 | etc... | Trackback | Comments(0)
ソフトバンク、ポストシーズン5度全敗
スポーツ報知の誤報
2006年にしっかり第一ステージで敗退しています>西武
第一戦
第二戦
第三戦
また小久保選手が泣いたようです。
しょっちゅう泣いてばかりいるな。
[PR]
by rs422a | 2009-10-18 08:04 | SEIBU-2009 | Trackback | Comments(0)
CS第一ステージ早くも終了
うーむ、シーズン前に立てた予定では水曜日から西武ドームで観戦だったのだが....
[PR]
by rs422a | 2009-10-17 16:34 | SEIBU-2009 | Trackback | Comments(2)
寒い夜だから
ここで書いたとおりGGを代表として痛い併殺が多かった西武。
20個の併殺打数(リーグ3位)を誇るGG佐藤の月別の併殺打とホームラン数をグラフにしてみた。
c0055552_819082.gif

一目見てわかるとおり、7月以降に併殺打が急増している。
勝負所でGGが併殺ばかりやっているから攻撃のリズムも何もあったものではない。
9月は併殺打も多かったが、ホームラン数も段違いに増えた。
思い切り振りきっている証拠だ。
GG佐藤のパワーは相手投手の脅威なのだから、9月以降のバッティングを心がけて欲しい。
おのずと結果は付いて来るであろう。

さて、GGに続いて17個の併殺打を記録した中島の場合を見てみよう。
c0055552_819954.gif

144試合フル出場したので併殺打も多くなるのはしかたない。
8月の落ち込みっぷりがよくわかる。
GGも同じ傾向だもの。
結果ばかり気にして振り切っていなかったのだろう。
後ろに中村が控えている以上、中島とは勝負せざるを得ない状況が多いのだから好球必打で確実に走者を進めてもらいたいものだ。

ちなみに中村の場合はこうなる。
c0055552_8191924.gif

7月はフル出場していながら併殺打ゼロ。すごい。
カウントが悪くなると敬遠気味に歩かされることが多かったから併殺打も少なくなるのも道理か。
併殺打数リーグ一を誇る山崎武も似たような攻め方をされているのだけど。
中村は三振が多いから併殺にならず、被害を最小限にとどめている。

しかしこうしてグラフにしてみてもなぜ5月6月と負け越しが続いたのか理解できない。
中島・中村の両主力がこれだけHRを量産しているのになぜだ?
打っても打っても点を取られて負けていた傾向がはっきりするな。
[PR]
by rs422a | 2009-10-16 23:59 | SEIBU-2009 | Trackback(1) | Comments(4)