Top
<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
This is it (Blu-ray)
c0055552_1817924.jpg

This is itのBlu-ray版を買いました。
27日に家に届いていたのだけど、諸般の事情により鑑賞は本日31日となりました。

BDZ-T90を購入して初めてのBDソフトを買ってしまいました。
さすがに1920×1080のフルハイビジョン収録。
BRAVIA KDL-46F1の画面いっぱいにマイケルが踊る!歌う!

内容的にはストーリーなど無く、延々とコンサートのリハーサルが映されるものなのでちと退屈。
ただ、マイケルがやりたかったことはよく表現できていると思う。
最高の歌、最高のダンス、最高のステージを目指していたことは明らかだ。
25年以上前のthrillerアルバム大ヒット時代と変わらぬ歌声と体型を維持していたのだからたいしたものだ。
Blu-rayだと特典映像も盛りだくさんなのがうれしい。
本編以外でもたっぷり楽しめそう。

これからもし買われるならDVD版なんかより絶対にBlu-ray版にするべきです。
幸い、SCEPS3にThis is itのBlu-ray版を同梱したセットを販売している。


[2010年2月2日追記]
[PR]
by rs422a | 2010-01-31 18:26 | Audio&Visual | Trackback(1) | Comments(2)
ヨドバシカメラ吉祥寺店
PC書籍売り場でコーナー名が「Unix/Linax」と表示されていた(2010年1月30日現在)。
正しくは「UNIX/Linux」なのだが。
秋葉原店ならすぐにツッコミがはいるのだろうけど、吉祥寺だと誰も相手にしないのだろうな。

[2010/5/1 追記]
いつのまにか「Linux」に訂正されていました。
めでたしめでたし。
[PR]
by rs422a | 2010-01-30 23:59 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
岸選手、入籍
おめでとう
今年はいっそうの勝ち星をあげてください
一久とかぶるけど、年上の女房はいいぞう(^_^)v
[PR]
by rs422a | 2010-01-29 19:20 | SEIBU-2010 | Trackback | Comments(0)
西武鉄道 球場輸送ダイヤ改正
西武鉄道は1月27日(水)、ダイヤ改正を発表。
3月6日(土)から実施される。


待望の球場輸送が改善される。

西武ドームでの野球開催日に運転する臨時電車の運転方法を変更します。
従来は、試合終了時間に関係なく臨時電車を運転していましたが、今回からは、試合終了時刻に合わせ、急行や快速の池袋行き臨時電車を運転し、速達性・利便性の向上を図ります。


ということで、ずっとこのブログで訴え続けてきた西武球場前駅からの不便なダイヤが変更される。
西武鉄道の球場輸送1
西武鉄道の球場輸送2
東京ドームは近いなあ
スタジアムエクスプレス号
西武鉄道の特殊定期券

30年前、福岡からライオンズを奪った西武グループが着手したのは都心からの球場客輸送。
阪神電鉄の輸送ダイヤを参考にしたという。
あらかじめ西武球場前駅に電車を留置しておき、試合終了後に臨時電車を何本も池袋方面へ走らせていたらしい。
しかし乗客減と消極的経営のおかげで2001年でこのような処置は終了。
2009年までは試合終了後でも臨時電車はなく、時間によっては西所沢止まりばかりでたいへん不便だった。
目の前に駅があるのに鉄道利用が不便な球場なのだ。
これで西所沢駅での不便な乗換が大幅に減るものと期待する。


6.西武ドーム野球開催日の臨時電車について
平日・土休日とも

西武球場前発の臨時電車を試合終了時刻に合わせて、3~4本池袋行き優等電車(急行・快速等)として運転

試合終了時刻に合わせて、西武球場前発西所沢行きの一部を清瀬行きに延長運転

西武球場前発の地下鉄線および新宿線への直通電車(新木場行きまたは渋谷行き・西武新宿行き・本川越行き)は、西所沢止まりの電車を延長して運転


まるで本ブログを読んでいるかのような大々変更。
西所沢止まりの電車を清瀬まで延長運転というのは大英断だ。
「あっぱれ」マークをたくさん進呈したい。
所沢や秋津までの利用が多いのだから、この延長はうれしい。
折り返し施設がある清瀬駅までの延長で十分だ。

無駄な小手指行きが減って需要の多い狭山線直通電車が増えるようだ。
久しぶりに冊子の西武時刻表を購入する必要がありそうな大改正。
これは菊池雄星選手を獲得したことに伴う期待の表れでもある。
ガンバレ雄星!
君が活躍して西武球団の勝利数も増えれば観客も増える。
ひいては年俸もアップされるわけだ。
もちろん他の選手もガンバレよ!

中村選手の打った瞬間にわかる長い弾道のホームラン。(最高に盛り上がる)
中島選手がうまくひきつけて打ち込むライトスタンドへのホームラン。(レフト席からよく見える)
石井義人選手の華麗な流し打ち。(左中間へのツーベース)
片岡選手の見事な盗塁。(スタートのタイミングが抜群だ)
涌井投手の気合いの入ったピッチング。(ピンチで三振奪取の際は盛り上がる)
細川捕手の頭脳的なサインプレー(一塁牽制)
石井一久投手の愉快なヒーローインタビュー。
栗山選手の弱肩。(^_^;)
岸投手がたまに浴びるホームラン(^_^;)
GG佐藤選手の打席にはいるときのパフォーマンス(^_^;)
 あ、GGはあの西岡(M)をもタッチアップで刺した強肩ぶりも見物ですね


みんなテレビ観戦ではなかなかわからないことばかり。
走者の状況や打者のカウントなど一球ごとに変わる守備位置は球場に来て観戦しないとわからない。
もっともっと球場に人を呼ばねば。
にわかファンばかりでもいいではないか。
ようは球場に来て金を落とせば球団が潤う訳なのだから。
[PR]
by rs422a | 2010-01-27 23:59 | SEIBU | Trackback | Comments(2)
いまごろルビコンの決断
1月21日の放送ではWalkmanのことをやっていた。
コンパクトカセットテープからコンパクトディスク、ミニディスクといった歴代Walkmanを並べて紹介していた。
おいおい、コンパクトディスクプレーヤーはDiscmanというブランドだよ。
c0055552_213626100.jpg

12cm CD対応の「CD Walkman」になったのはだいぶ後だぜ。
c0055552_2136366.jpg

と、番組のあちらこちらに一人でつっこみを入れつつ鑑賞した。
結構おもしろい番組だった。
企画部の苦労話なので、技術的なふれこみがまったく現れないのが残念だった。
いつかWalkman Aシリーズを買いたいとは思っているが先立つものがないのでなかなか購入できないでいる。

私はアップル社の製品を買ったことがない。
買いたいと思う商品がない。

Macintoshに触れたのは1990年代になってからだ。
最初に触ったMac OSの印象の悪さが後を引いていると思う。
「わかりやすいOS」とかいう触れ込みながら、フロッピーディスクの取り出し方がどうしてもわからなかった。
FDアイコンをゴミ箱に入れることでディスクが取り出せるという。
こんなオペレーション、絶対に直感ではわかりません
コマンドを打たないとFDが排出できないUNIXの方がずっとわかりやすいぞ。
アホなMac OSの仕様に呆れた。
以来、Macintoshは大嫌いだ。Mcintoshのアンプは欲しいと思うけど。
また互換機ビジネスを排除している姿勢もアップル社が好きになれない理由だ。
かつては他社が互換機を発売したことがあったが、現在のアップル社は互換機を認めなくなった。
マイクロソフト社以上の悪の帝国に思えてならない。
[PR]
by rs422a | 2010-01-26 21:41 | Audio&Visual | Trackback | Comments(2)
オー!! 大鉄人ワンセブン

雄星ラーメンなるものが開発されたらしい。
このラーメンがどんどん売れるくらいに活躍してもらいたい。
雄星投手登板の際のテーマ曲は↓これにしてもらいたい。

[PR]
by rs422a | 2010-01-24 17:10 | SEIBU-2010 | Trackback | Comments(2)
ジーン・シモンズさん がんに死す
c0055552_1771890.jpg

ぬぁに~!

と、驚いたが、KISSのジーン・シモンズさんではなくて女優のジーン・シモンズさんだったか。
[PR]
by rs422a | 2010-01-23 17:08 | Audio&Visual | Trackback | Comments(0)
安さ爆発みんなのさくらや
さくらやが2月28日で全店閉店する。
貯まったポイントを消化するために新宿東口のさくらやに行ってみた。
棚の在庫はまばら。
全品表示価格より20パーセント引きである。
とはいえ、人気がある商品は既に売り切れている。
だから陳列棚はスカスカなのだ。
とりあえず電動歯ブラシのブラシ部分をポイント交換して帰ってきた。


さてPC業界では各社2010年モデルが販売開始。
NEC、富士通、東芝、ソニーのカタログをもらってきた。

不況のご時世なのでソニーのカタログが妙に貧相。
今までは最低でも1モデルに付き1ページは割いていたのに、1/2ページで紹介するモデルが増えた。
詳しくはWebを見ろってことかな。

他の3メーカーはあいかわらず豪華なカタログ。
表紙を飾るのは男ばかり。
NECと東芝はPCを使っているシーンのモデルに女性ばかり起用しているのが笑える。
富士通はビジネス向けPCは男性、パーソナル向けPCは女性と、マシンの性格に合わせてモデルを変えている。

やっぱり今の時期、訴求するのは女性相手なんだろうな。
PC黎明期は訴求先は圧倒的に男性だったのだけど。
岡田有希子のパソピア(東芝)、松田聖子のHitBit(ソニー)、南野陽子のFMシリーズ(富士通)、浅香唯(一等冴えてる沖のパソコン)、斉藤由貴のPC98(NEC)とかね。
一般的に男性の方がPC所有率は高いと思う。
未開拓市場の女性に対して訴求する気持ちはわかる。
表紙で女性の心をつかみ、PCの使用シーンで自分の姿を重ねてイメージしてもらう。
戦略としては間違っていないだろう。
でも、どうせなら男性モデルも表紙だけでなく中身のPC使用シーンでも使うべきだったのではないかと思う。


ところでようやくNECも重い腰を上げて64ビットOSモデルを出してきた。
一度32bitでセットアップしてあらためて64bitで再セットアップしなければならないのでPC初級レベルの人には厳しいOS選択となりそうだ。
とにかく64bit OSを用意した点は評価できる。
いいかげん32bit OSから脱却しないといかんよ。
ソフトウェア会社も早急にWindows7/Vista 64bit対応を行ってもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2010-01-22 20:48 | etc... | Trackback | Comments(2)
YUSEI
菊池雄星投手の登録名が「YUSEI」に決まったそうだ。
正確には漢字の「雄星」だけど。
たくさんグッズを作ってもらって、たくさん売れるようにしっかり活躍してね。
[PR]
by rs422a | 2010-01-19 22:27 | SEIBU-2010 | Trackback(2) | Comments(0)
ソニーからSDカード対応のサイバーショットが発表
ついに日本でもSDカード対応のサイバーショットが発表された。
メモリースティックのみ対応のDSC-W270を持っている私にとってはちと複雑。
Transfer Jetなる通信機能を持ったメモリースティックも発売になるという。

この「Transfer Jet」という技術だが、けっこう実用になりそうなおもしろそうなものだ。
しかし開発時期が遅すぎる。
あと5年くらい早かったら「おおっ!」と驚愕していたことだろう。
メモリースティックとしても今さら8GBの容量で1万円という価格は高すぎる。
これでは売れるはずがない。
SDカードなら8GB容量で1500円以下で売られている時代なのだから。
[PR]
by rs422a | 2010-01-18 22:49 | Audio&Visual | Trackback | Comments(0)