Top
<   2014年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
そりゃあ最下位だわな
日本ハムに7勝14敗。
散々なシーズンに終わりました。
打線の顔ぶれだけを見たら相手は二軍選手ばかりのように見えるのだが、ポカスカ打たれまくりました。
チーム打率最下位を長らくさまよっていたはずの日ハムなのに対西武に限ってはみんな三割打者だった。
相手が繰り出す投手をぜんぜん打てない。
それこそ二軍レベルの投手も打てなかった。

9月が終わった段階で最下位にいるとはね。
平尾のシーズン前予想は見事に的中した。
ライオンズチャンネルに遠慮してまともな予想ができなかった他の野球解説者とは一味違う。
こんな状態で内部昇格させるんですかあ?>来年
[PR]
by rs422a | 2014-09-30 21:51 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
書き忘れ
既にBクラス順位確定だと言うのにひちょりがスタメンじゃあ勝つ気がない采配だな

[20:20 追記]
最後までひちょりが打席に立っているんだもの。勝つわけないな。
今日も悪いところばかり出た試合でした。
さすがは最下位チームでございます。
だいたい金子と山川を二軍に落としてどうしようというのだ。
こいつらを実戦で鍛えないで誰を鍛えるというのだ。
木村と林崎は予想通りまったく働かず。
もう今年は最下位のまま終わるのかな。
4位も6位も変わらないのだけど、一番下にチーム名があるのはいやだな。
[PR]
by rs422a | 2014-09-28 18:57 | Trackback(1) | Comments(0)
ちょっとでも期待した俺は真性バカ
というわけで誠はあえなく自滅で降板
もうこいつはクビでいいよ
素行不良で結果も出ないのではプロの世界にいる意味が無い
[PR]
by rs422a | 2014-09-28 18:53 | Trackback | Comments(0)
なんで
ひちょりの応援歌が友亮なんだかなあ
[PR]
by rs422a | 2014-09-28 17:41 | Trackback | Comments(0)
がんばれメヒア
c0055552_15204461.jpg

日曜日最終観戦
[PR]
by rs422a | 2014-09-28 15:20 | Trackback | Comments(0)
西武選手 個人的閻魔帳2014
今年は過去もっともつまらないシーズンであった。
一度も勝率五割を上回ることはなく、もちろん優勝争いなど蚊帳の外。
三位にすらなれず、四位以下が確定でシーズンほぼ終了。
で、こんな記事を書かねばならないことになった。

こんな状態のチームで来年の監督はまた内部昇格なのか。
外部から連れてきて意識改革しないとイカンよ。
伊原さんの起用は悪かったとは思わない。
ただあの人はやり方がまずかったのだ。

毎年恒例だが、あくまでも個人的な評価である。
したがって本記事に関するコメントは基本的に無視する。
ABCDの4段階に考えてみた。
それぞれ優/良/可/不可と考えてもらってよい。
年齢は2014年12月31日現在の年齢である。
ちなみに昨年(2013年)の分はこちら

オレンジ色の背景は良い成績でのリーグ内トップ。
赤い数字は悪い成績でのリーグ内トップを示す。

<投手編>
c0055552_873368.jpg

まずは投手編。

A評価は高橋のみ。これは誰しもがそう思うだろう。
高橋で打たれたならばしかたがないと思わせるだけの実績をあげてくれた。
その高橋につなぐまでがひどかったけどね。

はノーヒットノーラン達成したし、最高勝率も達成しそうだ。
しかし途中の離脱が痛い。やはりシーズンを通して活躍して欲しかった。
年俸の額を考慮するとC以上にはならない。

高橋と同じく2年目の増田もよくやってくれたほうだ。
この人も虚弱体質でシーズンを通じての活躍がないのが痛い。
高橋ほどの安定さはないが、貴重な中継ぎだった。

先発陣としては牧田雄星の二人が大きく期待を裏切った。
特に雄星は背番号も変更して望んだシーズンだったのに大きく負け越した。
四球連発で自滅するパターンだったが終盤になってようやく本来のピッチングを見せてくれるようになった。
遅すぎたけど。
牧田は打たれだすと止まらない。あっという間に4失点とか何度あったことか。
与死球に現れるように相手チームも内角攻めに動じず逆に触体してくるのであろう。
来年はよけない相手をびびらせるような投球を望む。

岡本洋介は昨年少しよかっただけでまだ信頼感という点ではいまひとつだったけど、球団が持ち上げすぎた。
本人も天狗になったのか特にシーズン序盤はひどかった。
復帰後のピッチングはまずまずだったけど、味方が得点できないものだから持ちこたえることができずに失点するというパターンばかりだった。
もういい年なんだから状況に応じたピッチングをして欲しい。

野上は今年も野上だった。
不思議なやつで掴みどころがない。
相手ペースにさせない投球が出来れば無敵なのだが、なかなかそうは事が運ばなかった。

豊田と十亀は起用方法がまずかったかな。
岡本篤志はようやく調子が戻ってきて夏からは戦力になった。

戦力外通告確実なのはコバヒロ、川崎、松永か。
ドラ1松永も2年間登板が無いのでもう解雇確実。入団したときは期待したんだけどなあ。
小林宏はあまりにも中継ぎがひどすぎたので急遽獲得したもの。
最初から期待していなかったけど、そのとおりの成績だったのが情けない。
川崎は論外。

見たくない投手といえば藤原を筆頭に平野、小石、宮田といったあたりか。
ちょくちょく上がってきては四球連発で失点することばかり。
あ、小石は四球連発の悪癖は改善されたけど打たれまくることは変わらないし。
藤原が二軍ではいいというのが信じられない。7年も経過してきて28歳になるような年齢だ。
トレード要員かなあ。

投手陣ではサファテの流出が痛かった。引き止められなかったフロントの責任だ。
あわててウィリアムスを再契約したけど、あいかわらずの内容だった。
レイノルズはシーズン序盤につまずいたのが響いたか。
打たせて取るタイプなのにお粗末な守備陣で4月までに5敗したことでやる気を失ったと思う。
ボウデンは気合の乗らなそうな表情しか記憶にない。

武隈、左を抑えるために出てきてまったく抑えた試しはない。
中継ぎ投手が必ず失点するのが西武投手陣。
もう何年この状態が続いているのだ。
そんな投手たちしか養成できなかった潮崎二軍監督に一軍の監督ができるのか?
とても任せられそうに思えないけどね。
c0055552_87483.jpg



野手の成績一覧はこうなる
c0055552_882260.jpg

<捕手編>
森友哉くんだけだな。話題にできるような選手は。
来年は岡田雅利と正捕手争いをしてもらいたい。
相手チームからのマークも厳しくなることであろう。
負けないで精進して欲しい。
銀仁朗は涌井とバッテリーを組む形になることだろうね。
もし残留しても守備抑えくらいで登場することになってもらいたい。
上本と藤澤はトレードか解雇だろう。
c0055552_823252.jpg


<内野手編>
浅村が木村の激突で壊されたのがチーム低迷の原因。
代わりの若手が誰も伸びて来なかったのが痛い。
その浅村は来年こそ背番号3をつけて欲しい。

本来主力選手として飛躍しなければならなかった金子侑司。
ぽつぽつと活躍はしたが全く物足りない成績だった。

山川も二軍の帝王で終わってはいけない。来年正念場。

メヒアは途中から加入してきてこの成績は文句なくA評価。
彼がいなかったらオールスター前からぶっちぎりの最下位だったことだろう。
それが3チームで最下位を争う形までなっているのだから貢献度は最高評価だ。
もっとも9月末に最下位になっていること自体はとても情けない。
が、メヒアの流出だけは全力で防いでもらいたいフロント陣。

永江も期待したのに伸びなかった。
彼が7番を背負って活躍してくれる場面が来れば良いのだが。

林崎って時々上がってくるけど守備ではエラーばかり、打つ方はさっぱりで何も印象がない。
美沢ともども見たくない選手だな。

鬼崎/山崎/脇谷、三名とも活躍したとは言いがたい。
渡辺直人もいい場面で打順が巡ってきて凡退の印象が強すぎる。

中村、年俸分は働け。
チャンスに打てない場面の印象ばかり。
低レベルの本塁打王争いでは評価に値しない。

[07/Oct/2014 追記]
低レベルとはいえ、最多本塁打のタイトルをメヒアと共に獲得。
タイトル分で中村評価は「C」に格上げします。
とはいえ、年俸を考えるととてもその価値は見いだせないのだが...
来年はちゃんと働いてもらいたい。
c0055552_7325981.jpg

<外野手編>
栗山は年俸に対して成績は寂しい。
3割に届かないし、今年は肝心な場面での三振と併殺が多すぎた。
この成績ではオールスター戦にお呼びがかからないは当然。
そういえば久しぶりにオールスターゲーム開催したんだったね、今年の西武ドームで。
地元開催なのにたったの3人しか選ばれなかったことからもチームのひどさがわかる。

外野手の顔ぶれを見ると活躍した選手が皆無。
坂田の離脱から秋山の打撃不調、代わりに働かねばならないはずの選手が出て来なかった。
米野は5月のロッテ戦のみ。2年に1試合しか活躍しないのでは困る。
大崎も熊代もさっぱり。
斉藤彰吾は足で活躍したがレギュラー確保とはならなかった。
木村は三振とファールフライしか打てない選手になってしまった。
チーム低迷の一番の元凶は森本稀哲が一軍にいた事。
こんな奴がシーズン通じて一軍にいたのだからチームが最下位争いするのは道理。
きっとベイスターズやファイターズファンもそう思っているだろうな。
期待を込めて懸命に応援した横浜スタジアムでの無様で情けない打棒は忘れない。
早く消えてくれ、稀哲。
c0055552_892226.jpg


とにかく2014年は打つほうと守るほうががちぐはぐすぎた。
今もその状態は続いているけど。
変なジンクスばかり。
・攻撃で無死二塁はほぼ無得点で終わる
・三番からの攻撃は三者凡退
・中継ぎ投手は必ず失点する
・相手捕手には必ずタイムリーヒットを許す
・常に相手より1点少なくしか得点しない

来年はよほどの改革をしないと90年代の阪神みたいな低迷期になりそうな気がする。
打開策を考えられる監督を呼んでもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2014-09-28 05:04 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
E3-4L 三振しか能がない人達
今日も三振のオンパレード。
その数12個。
同じ12個の与死四球。
よくこれで勝ったな。
どちらのチームもグダグダなシーズンだからなあ...
締まった試合になるはずがないか。
まだこのカードは2試合残っているんだよねえ。

おや、なんでお立ち台が高橋なんだ?
いきなり四球で先頭打者を出塁させているのにね。
ま、勝ったからいいか。
[PR]
by rs422a | 2014-09-27 22:02 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)
2015年向け新型Walkman発表
いつもは11月に開催されているインターナショナルオーディオショウがなんと今年は今月23日から開催されていたという。
まったく知らなかった。
年に一度の耳のリフレッシュの機会を逃してしまった。
来年はちゃんと夏前からチェックするようにしよう。

ところで新型Walkmanが発表された。
目玉はNW-A10シリーズのNW-A17(64GB)とNW-AS16(32GB)である。
実に欲しくなる一品だ。
それというのも、この両機種はmicroSDカード対応なのである。
すなわち、本体メモリーがいっぱいになっても外部microSDカードで容量拡張ができるのだ。
製品情報Webページ初版ではmicroSD対応と言いながらフルサイズSDカードの写真が掲載されていたが21:00現在ではちゃんとmicroSDカードの写真に変わっている。
アホなWeb担当者だと思う。

外部カードに記録できるという事は差し替えて使用できるという事である。
私が一番魅力的に思えるのはこの「差し替えて使える」点である。
現在私はNW-S766という32GBメモリーのモデルを使っている。
大容量で重宝しているが非圧縮データでライブラリを組んでいるためすぐにいっぱいになる。
Walkmanのいいところは「朝のおすすめ」「エモーショナル」「ソファーラウンジ」といった”おまかせチャンネル”機能だ。
”適当に何かかけてほしい”という欲求に答えてくれるところが嬉しい。
しかし「おまかせチャンネル」でもかかってほしくない曲がかかることがある。
洋楽だけを聞きたい気分の時に邦楽がかかるとがっかりする。
外部メモリーカードが使えるのであれば洋楽だけとか邦楽だけとか、自分の好みのジャンルごとにライブラリを構成できるのだ。
つまり昔のカセットテープやミニディスクといった感じでメモリーカードをとっかえひっかえで使うことができるはずだ。
果たして外部メモリーカードに取り込んだ曲もちゃんと「おまかせチャンネル」で振り分けられるのか、発売後の先人たち(人柱とも言う)のレポートを待ちたい。
[PR]
by rs422a | 2014-09-25 21:19 | Audio&Visual | Trackback | Comments(0)
負け
今シーズン何度同じような試合見たかなあ
さっぱり打たないんだもんなあ
少なくともこれで岸の最多勝は無くなったな
[PR]
by rs422a | 2014-09-24 21:16 | Trackback | Comments(0)
B0-2L 岸完封勝利
c0055552_20173532.gif

秋分の日ということで会社は休み。
消化試合と言いながらも岸が先発なので今日は試合開始からテレビ観戦。
めでたく岸が完封勝利を挙げた。
いいですな。
攻撃陣は残塁の数が気になるけど、勝てばいいや。
明日は金子と雄星。
金子に勝ちをつけるわけにはいかないから攻撃陣が奮起してほしい。
[PR]
by rs422a | 2014-09-23 20:19 | SEIBU-2014 | Trackback | Comments(0)