Top
<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スマホ代替え機
SOV33が故障したのでauショップへ行き、修理を申し込んだ。
修理期間中の代替え機として京セラのKYV34 URBANO V02を借用できた。
c0055552_21554817.jpg

三洋W52SAと並べてみる。
旧・三洋電機の携帯電話設計陣は京セラに吸収された。
このURBANOも少しは三洋色が出ているのかもしれない。

URBANOのAndroid OSのバージョンは5だ。
なのでSOV33のバージョン7とは大きく異なる。
Windows8.1からVistaに変えたときのような違和感を感じる。
当然、アプリも一から入れ直し。
ああ面倒だ。

ところでURBANO本体一番下にある3個のキーは意外に便利に使えている。
HOMEにすぐ戻れるのはいいね。

たぶんSOV33は本体丸ごと交換になるだろう。
今までのデータがパーになってしまうのが残念。
だからクラウドに保存するようにしたほうがいいんだね。
今度から気を付けよう。
[PR]
by rs422a | 2018-01-16 21:58 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
スマホ故障
スマホ故障した
代替え機からです

[PR]
by rs422a | 2018-01-15 22:48 | mobile IT | Trackback | Comments(0)
ランチはカレー
c0055552_11411358.jpg

[PR]
by rs422a | 2018-01-08 11:41 | Trackback | Comments(0)
新日本プロレスのエースはケニー・オメガ
1月4日の新日本プロレス・東京ドーム大会をスカパーで観戦した。
今のエースレスラーが誰なのかがはっきりした大会だった。
内容的にも観客の興奮ぶりもケニー・オメガ対クリス・ジェリコ戦が一番だった。
インディー時代からケニー・オメガは見ているのだけど、よくもこんな地位まで来たものだなと思う。
クリス・ジェリコも冬木軍の一員で「ライオン道」の時代も知っているがまるで別人。
あと5年早くこのカードを見たかったと思うが、プロレスの難しいところ。

メインのオカダ対内藤は凡戦だった。
はっきり言ってライバル不在のオカダなので、次のライバルレスラーが誰になるのかが気になるところ。
ジェイ・ホワイトが棚橋を一蹴してオカダの新ライバルになるのかと思っていたのだが、あっさり負けてしまった。
せっかくの凱旋帰国(なのか?)なのに、この扱い。
こいつはロッキー羽田と同じ道を歩むのかな?

バッドラック・ファレもさっぱり上位戦線に出てこないし、2018年はどういうストーリーを作るのかな。
無駄に増やしたIWGPベルトの乱立はやめたほうがいいのだけども。
2020年くらいに三冠統一戦かな?
[PR]
by rs422a | 2018-01-06 10:11 | 特撮TVまんが | Trackback | Comments(0)
Linux Mint 19 のコードネームはTara
Linux Mint の公式ブログによるとバージョン19のコードネームはTaraというそうだ。
どうしてもフグタ家の長男を連想してしまうなあ。
[PR]
by rs422a | 2018-01-05 21:41 | Linux | Trackback | Comments(0)
秘蔵、日本プロレス
BDドライブ部が故障したBDZ-EW1000であるが、HDD録画はまだ使える。
大晦日にG+で放送された過去のプロレス番組を堪能している。
1966年12月3日のプロレス日本武道館初進出、メインはもちろんジャイアント馬場。
ジャイアント馬場対フリッツ・フォン・エリックのインターナショナルヘビー級選手権試合。
馬場が28歳、エリック37歳と、プロレスラーとしては最高の時期だ。
馬場が動く動く。2メートルを越す巨人がこれだけの動きを見せていたらそりゃ強い。
力道山が死んでわずか3年で日本武道館での開催ができるほどの隆盛を取り戻したのは馬場の功績だろう。
今のオカダカズチカもあと数年で動けなくなるのかなあ。

1967年3月のブルーノ・サンマルチノ戦もすごい。
気心がしれたサンマルチノ相手なので双方の必殺技も多数飛び出して凄い試合だ。
この時代、テレビでプロレスが高視聴率を上げているのも納得。
梶原一騎作品とタイアップして夢がありましたな。

あ、今夜は初夢。
2018年も始まってしまいましたか。
明けましたな。
おめでとうございます。
[PR]
by rs422a | 2018-01-01 17:33 | 特撮TVまんが | Trackback | Comments(0)