Top
L10-1F お祭り攻撃
西武10-1北海道日本ハム
○松坂、小野寺
相手のミスに乗じてお祭り攻撃 小野寺坪井に一発浴びる
60-64 .484

▼西 武-日本ハム 18回戦 (日本ハム10勝8敗、インボイス西武、18:01、10701人)
c0055552_72556.gif


【投手】
(日)鎌倉、横山、橋本、岩本-中嶋、鶴岡
(西)松坂、小野寺-細川

【責任投手】
(勝)松坂25試合12勝12敗
(敗)鎌倉17試合6勝5敗

【本塁打】
(日)坪井2号ソロ(8回、小野寺)
(西)中島11号3ラン(4回、鎌倉)、フェルナンデス23号ソロ(5回、鎌倉)、石井義6号ソロ(5回、鎌倉)

【戦評】
 西武が先発全員の15安打で大勝した。四回に中島の3ランや栗山の適時打で4点を先制。その後もフェルナンデス、石井義の本塁打などで加点した。松坂は7回無失点で12勝目。日本ハムは鎌倉が3本塁打を浴び、守備も乱れた。
[PR]
# by rs422a | 2005-09-07 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
L5-4F 西武球団、逆転勝ち
本日は台風14号の影響と秋雨前線で雨でした。
そんな中、パシフィックリーグ3位の座を巡ってインボイスSEIBUドームでは西武対北海道日本ハムの試合が開催されました。
こんな天気で平日のナイターという悪条件。
観客は8700人あまり。思ったよりは入ってたかも。
でも内容はすごい。
西武が今年初の4点差を逆転して勝利
西武5-4北海道日本ハム
ソフトバンク相手に4点差を逆転したことはあったけど、その時は再逆転されて負け。
いやあ、こんな逆転勝ちは最高ですね。
球場行けばよかったかな。
この試合、光ったのは西武の中継ぎ投手の宮越と三井。
先発した涌井がそうそうに崩れたのを見事にカバーしました。
二人に刺激されたのか、九回は豊田が三者三振の完璧に締めました。
貝塚のタイムリーヒットなんか今年初めてではなかろうか。
すべてがうまく行った西武。
さあ明日は松坂で連勝してください。

試合詳細はこちら
[PR]
# by rs422a | 2005-09-06 22:08 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(2)
H2-0L 高麗の彼岸花群生地有料化
西武鉄道はこの時期になると高麗駅近くにある巾着田観光に力を入れる。
特急レッドアロー号も臨時停車させるほどの力の入れようだ。
それに目をつけた地元の日高市。
今年から巾着田の整備費用と称して開花の時期だけ200円の入場料を徴収するという。
日本人の悪い癖で、せっかく観光用に開放していても必ずルールを無視して荒らす人間がいるから整備が必要なのも想像がつく。
でも、少しでも取れるところから搾り取ろうという策略はセコイと思う。

西武の試合詳細はこちら
[PR]
# by rs422a | 2005-09-04 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(2)
おもろないぞ最近のゲーム
Playstation2のゲームが楽しめるというPSXことDESR-5700。
これまでに3本のゲームを購入した。
1.シャイニングフォースネオ
2.ザ・コンビニ3
3.実況パワフルプロ野球12

正直、ハズレばかり。
どいつもこいつもゲームバランスが悪すぎる。
あまりに難しすぎるか、簡単すぎるか極端だ。
どういう基準でレベル調整しているのかプロデューサーに問いたい。

特に失望したのはシャイニングフォースネオだ。
メガドライブ以来、シャイニングフォースシリーズが大好きだった。
だからPSXを購入して最初に購入したゲームがこれである。
結果は大失敗。
これはシャイニングシリーズとは認めたくない。
まったく別のただの駄作である。
ぜんぜん強くならない主人公。
テレポーテーションで次々に現れる卑怯な敵。
旧シャイニングフォースは仲間集めと集団での戦闘が楽しかったのに、ネオではただの苦痛である。
途中まで進んだところで放り出してそのままにしてある。
もう遊ぶことは無いだろう。

ザ・コンビニ3はそこそこおもしろいと思ったが、レベルが低すぎる。
何も苦労しなくても時間さえ経過すればゲームクリアできるのだ。
コンビニ1のようによく売れてもなかなかクリアできないのも困るが、3のように簡単にクリアできるのも困る。
コンビニ2が一番バランスがよかった。
店の陳列棚配置なども戦略があって面白かった。
3ではデフォルトの設定のままでクリアできてしまう。
ぜんぜんこれではオリジナル性が無い。
画面に出る店員のキャラクターがリアルな顔になってしまって不気味だ。
ゲームなのだからコンビニ2のようなデフォルメされたキャラクターの方がいい。

パワプロ12はそこそこおもしろい。
こちらは選手の実名が入っているのがいい。
キャラクタはリアルタイプではなく、デフォルメされているのもいい。
「マイライフ」は自分のキャラが実際のプロ球団に入団して成長していくゲーム。
コナミらしく、ときめきメモリアルそのまま。
最初は面白かったが、シーズンを2年も経過するとさすがに飽きた。
同じことの繰り返しばかりでつまらない。
私は西武のファンクラブに入っているので自キャラ(投手)は当然西武に入った。
ゲームの中ではエースとして大活躍。
現実とは違い、西武は二年連続優勝した。
それでも交流相手に西武の主力選手が出てこない。
和田、西口は他選手からの噂話しか出てこない。
松坂にいたっては入団時に挨拶して無視されただけだ。
ひどいゲームバランスだ。

近年、テレビゲームソフトが売れなくなったと言われている。
こんなゲームバランス設定の作品ばかりでは高い金を出して新品を買うのはばかばかしい。
ゲームの評判が固まってから中古を買ったほうが賢い買い方かもしれない。
かつてのメガドライブのときのようなわくわく感が無い。
画面はきれいになったが、ゲームそのものはつまらなくなっている。
セガはメガドライブの時のゲームを次々にPS2向けにリメイクしている。
一番現実的な回答なのかもしれない。
[PR]
# by rs422a | 2005-09-03 23:59 | PSX | Trackback | Comments(2)
H0-4L 中村ひさびさホームラン、西口17勝
福岡ソフトバンク0-4西武
○西口、豊田
中村、久しぶりのホームラン 西口17勝
58-63 .479

▼ソフトバンク-西 武 16回戦 (8勝8敗、ヤフードーム、18:01、34132人)
c0055552_6551772.gif


【投手】
(西)西口、豊田-細川
(ソ)杉内、佐藤-的場、山崎

【責任投手】
(勝)西口22試合17勝4敗
(敗)杉内23試合16勝4敗

【本塁打】
(西)中村19号2ラン(2回、杉内)、カブレラ35号ソロ(4回、杉内)
(ソ)

【戦評】
 西武は二回に中村が2ラン、四回にカブレラがソロと本塁打攻勢で杉内を攻略。八回にも中島の適時打で加点した。安定した投球の西口は八回無失点でリーグ単独トップの17勝目を挙げた。ソフトバンクは西口に今季4敗目を喫した。
[PR]
# by rs422a | 2005-09-03 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
80'sバイク列伝
SkyPerfecTV! MONDO21チャンネルでこんな番組が始まっていた。
番組内容は1980年代に人気があったバイクにスポットを当てて紹介するというもの。
現在のところ、第四回まで車種が発表されている。
1:カワサキGPZ900R Ninja
2:スズキGSX1100S Katana
3:ヤマハTZR250RS
4:カワサキKR250
というラインナップである。

残念ながら第一回を見逃してしまった。
第二回をようやく見ることができた。
期待に反してつまらない内容だった。
番組は改造1100刀を前にして語り合うだけのもの。
タモリ倶楽部でやったほうがよほど面白いのではないか。
改造車ではなく、ここはやはりノーマル1100刀を用意して欲しかった。
オーナーは好みなのだろうが、どうみてもかっこいい改造とは言えず、実にかっこ悪い刀だった。

MONDO21なのだから、どうせならマイナーなバイクにスポットを当てて欲しいものである。
たとえばモトライチャンプのミイラ伝説に出てくる100台のバイク。
このラインナップはすごい。
ぜひ一度お目にかかりたい珍しいバイクばかりである。
こういうのこそ番組に登場して欲しいものである。
ミイラ中のミイラと紹介されているスズキGSX550Lは私も生涯一度しか見たことが無い。
編集部にもまともな写真が残っていないらしく、えらくピントのずれたひどい画像しか映っていない。
そのGSX550Lの専門Webページがかつて存在していたのだが、現在は閉鎖されてしまったようだ。復活を望みたい。
[PR]
# by rs422a | 2005-09-02 09:54 | MotorCycle | Trackback | Comments(0)
B2-1L ツーカー Bill@ccess
今日から9月。
いよいよKDDIに吸収されるまで1ヶ月を切ったツーカー。
最後の悪あがきなのか、ホームページでの機種変更価格が下がっている。
8月までは機種変更に際して新たに2年縛りになる旨の注意書きがあった。
いつのまにかその注意書きが消えている。
10月以降の料金プランが未発表状態だからだろう。

●主な機種の値段(私は60ヶ月以上経過)
TK51 \4,800
TT51 \17,000
ツーカーS \1,800
TT41 \1,800
など

8月までツーカーSやTT41が\6,800だったが\5,000も値下がりしている。
もっともこの2機種は「これ金取るの?」という程度の機種だからこれでもまだ高いと思う。
TT51はツーカーにおいてカメラ付の最新(=最後)機種。
とはいえ、他キャリアでは1円で投売りされている機種よりずっとプアなもの。
カメラは30万画素でしかない。
他に特別な機能があるわけでもない。
それでこんな値段をつけていて機種変更をする人などいるのだろうか。
ツーカーとして最後のモデルであるTK51はこれくらいが妥当な値段だと思う。
1万円を越えて販売しようという今までの戦略がおかしすぎる。
取り立てて目新しさがまったく無いというのも珍しいモデルだ。
いよいよau巻取りが現実味を帯びてきたツーカー。
これからどうなるのだろうか。
とりあえず一番安価なプランがなくならないように祈る。

西武の試合詳細はこちら
[PR]
# by rs422a | 2005-09-01 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
B1-8L 投打かみ合う
オリックス1-8西武
○松坂
投打ががっちりかみ合って快勝
57-62 .479

▼オリックス-西 武 17回戦 (オリックス9勝8敗、スカイマーク、18:01、17439人)
c0055552_835795.gif


【投手】
(西)松坂-細川
(オ)川越、香月、阿部健-日高

【責任投手】
(勝)松坂24試合11勝12敗
(敗)川越20試合5勝8敗

【本塁打】
(西)カブレラ34号ソロ(2回、川越)、中島10号ソロ(9回、阿部健)、片岡4号3ラン(9回、阿部健)
(オ)

【戦評】
 西武が今季初の5連勝で3位に浮上した。同点の七回に中島の適時二塁打などで3点を勝ち越し。九回にも片岡の3ランなどで4点を奪った。丁寧な投球が光った松坂は1失点完投で11勝目。オリックスは3度目の5連敗で4位転落。
[PR]
# by rs422a | 2005-08-31 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
L8-2E そのセンスで決めたグランドスラム
西武8-2東北楽天
○帆足、正津、森、小野寺
中島満塁本塁打、ホセとカブレラも本塁打
56-62 .475

▼西 武-楽 天 19回戦 (西武12勝7敗、インボイス西武、18:00、14163人)
c0055552_862017.gif


【投手】
(楽)ホッジス、金田、谷中、渡辺-藤井、長坂
(西)帆足、正津、森、小野寺-細川

【責任投手】
(勝)帆足22試合12勝6敗
(敗)ホッジス18試合2勝12敗

【本塁打】
(楽)ロペス10号ソロ(2回、帆足)
(西)中島9号満塁(1回、ホッジス)、フェルナンデス21号2ラン(7回、金田)、カブレラ33号ソロ(7回、金田)

【戦評】
 西武が4度目の4連勝。一回にフェルナンデスの適時打と中島の満塁本塁打で5点を先行すると、七回は2本塁打で加点した。帆足は低めを突いて4併殺を奪い、6回2失点で12勝目を挙げた。楽天は、ホッジスが誤算で借金は50に。
[PR]
# by rs422a | 2005-08-28 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)
L1x-0E 不完全試合
2005年8月27日、インボイスSEIBUドームにて西武対東北楽天を観戦した。
西武先発投手・西口は9回を投げきり一人の走者も出さず27人で終了。
これで味方が点を取ってくれれば完全試合だったのだが、味方も拙攻ばかりで得点できずに延長戦に突入。
延長10回表、とうとうヒットを打たれて完全試合ならず
間抜けな西武打線。楽天先発・一場を捉えきれずに178球も投げさせながら得点できず。
今年のチーム状況を象徴するような試合だった。
それにしても西口の集中力はすごい。
ヒーローインタビューでの言葉もよかった。
普通は気落ちして内部批判なども出そうなものだが、まったくそのような意見を出さずにひょうひょうとした会見だった。
9回27人で片付けるのは、相手が東北楽天ということを差し引いてもすごい記録である。
日本シリーズで一度も勝っていない西口だが、安定感は西武投手陣では間違いなくナンバーワンだ。

ところでこの試合、コバトンという怪しげなキャラクターが出てきて応援していた。
コバトン」というのは平成17年4月1日から採用された埼玉県のマスコットだそうである。
そんなローカルなマスコット、マイナーすぎてなんだかわからなかった。
説明くらいして欲しいものである。
こういうところもファンサービスというものをわかっていないなあ>西武球団

○西口
西口が9回を27人で片付けたのに完全試合にならない
アホだ西武打線
55-62 .470

▼西 武-楽 天 18回戦 (西武11勝7敗、インボイス西武、18:00、19808人)
c0055552_623428.gif

(延長10回)

【投手】
(楽)一場、福盛-藤井
(西)西口-細川

【責任投手】
(勝)西口21試合16勝4敗
(敗)福盛44試合4勝2敗10S

【本塁打】
(楽)
(西)

【戦評】
 西武の西口が九回まで完全試合ペース。延長十回、先頭の沖原に安打を許し、大記録を逃したが、1安打完封でリーグトップタイの16勝目。西武は十回に石井義がサヨナラ二塁打を放った。楽天は一場を援護できなかった。
[PR]
# by rs422a | 2005-08-27 23:59 | SEIBU-2005 | Trackback | Comments(0)