Top
カテゴリ:SEIBU-2018( 78 )
秩父サイクリング
c0055552_971610.jpg

秩父の峠アタック中

西武池袋線の元加治駅で下車して国道299号線を走って東吾野駅手前で峠道へ。
割と標高の低い峠だったので楽に峠越え。
このあとカフェKIKIへ行ってみた。

Cafe KIKI
[PR]
by rs422a | 2018-11-11 09:07 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
ゴールデングラブ賞
パ・リーグの二塁手部門、どこのどいつが選んだんだか。
お見合いとエラーしか見たことないぞ。
FAなんか言っているようなもんだから記者の印象も悪いのかな。
[PR]
by rs422a | 2018-11-08 21:25 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
開幕三連戦の思い出
c0055552_17171020.jpg

3月、札幌ドームに行く途中で配っていたポケットティッシュ。
開幕三連戦は楽しかったなあ.....
[PR]
by rs422a | 2018-10-29 20:16 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
ドラフト会議の結果
c0055552_2055208.jpg

プロ野球2018ドラフト会議が開催され、西武ライオンズは育成含めて10名を指名。
全員が入団するとして背番号を予想してみる。

松本航:13 or 16
渡辺勇太朗:28
山野辺翔:2 or 4
粟津凱士:12
牧野翔矢:27 or 49
森脇亮介:38
佐藤龍世:78
東野葵:100番台
大窪士夢:100番台
中熊大智:100番台

1位の松本君には思い切って西口ナンバーを与えたい。雄星が居なくなれば16もありうる。
2位の渡辺君には28がいいだろう。
3位の山野辺君は即戦力の期待がかかる。7番もあり得るかもしれない。
4位の粟津君には思い切って12でどうだ。
5位の牧野君は銀仁朗が居なくなれば27を継承、あるいは元・上本ナンバーの49か?
6位の森脇君はまだまだだろうから38くらい。
7位の佐藤君も修行のみだから藤澤の78を継承で。

みんな主力になってくれればいいな。
[PR]
by rs422a | 2018-10-25 23:59 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
明日はドラフト会議
毎年、即戦力の投手を取りながらなかなか活躍する選手は出てこない。
育成能力に難がある球団だからなのか、本人のやる気なのかは定かではない。

一軍で活躍して来年こそ日本一をつかみ取るようにと期待を込めて過去のドラフトを振り返ってみよう。

c0055552_20287100.jpg

<2008>
この年は何といっても浅村が光る。
説明は不要であろう。評価もAになるのは当然。
浅村以外の5名はチームを去ることになった。

1位の中崎は近十年間の最大の失敗ドラフト。
まったく使い物にならないままリリース。
弟と間違えて指名したのか?
c0055552_20282765.jpg

<2009>
この年の選手も残っているのは菊池ただ一人。
雄星もチームを離れたら誰も残らない。
そのほかの選手はみんな使えなかった。
c0055552_20284261.jpg

<2010>
ドラフトのときの大石を引き当てた時には大いに期待したのだが。

秋山と牧田を指名できたのは大きかったね。
牧田は酷使されすぎてかわいそうだった。
秋山もFA権を取得したらどうなることやら。
6位の人がCSにまで一軍に残っているくらい層が薄いチームなのか。
c0055552_2029262.jpg

<2011>
十亀と小石がもう少し活躍していれば...って思ってしまう
あとは何かコメントできるような指名ではない。
c0055552_20292931.jpg

<2012>
2位の人は素行不良なので解雇すべき。
c0055552_20294958.jpg

<2013>
森友哉と山川が光る。
一方で豊田は早くも戦力外へ。
5年も経過するとさすがにシビアになるか。
c0055552_2030133.jpg

<2014>
外崎以外はこれといった実績がない。
c0055552_20303230.jpg

<2015>
多和田と野田以外は活躍できていない。
南川や本田に國場はもう伸びしろはない。
c0055552_2031047.jpg

<2016>
この年のハイライトは源田であることは間違いない。
よくこの選手を指名できたものだ。
鈴木将平は少しは期待しているのだけどな。
c0055552_20312052.jpg

<2017>
正直、みんな期待外れ。
とはいえまだ1年しか経過していないのだから。
来年がんばれ。
抽選を外した田嶋投手はもともとおかしかったのかな?
[PR]
by rs422a | 2018-10-24 20:31 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
西武選手 個人的閻魔帳2018
毎年恒例だが、あくまでも個人的な評価である。
したがって本記事に関するコメントは基本的に無視する。
ABCDの4段階に考えてみた。
それぞれ優/良/可/不可と考えてもらってよい。
年齢は2018年12月31日現在の年齢である。

今年はこの記事を書く時間が昨年よりさらにほんの少しだけ長引いた。
しかし最後はどっちらけ。
c0055552_18413789.jpg

<投手編>
A評価は18多和田、30榎田、68ヒースの三名。

多和田は最多勝タイトルと一年間ローテーションを守ったことから文句なし。
一度打たれだすと歯止めが効かなくなるので防御率が悪いのは来年への課題だ。

榎田もまったく期待していなかったが10勝をあげてくれたのでA評価だ。
何度もチームの連敗を止めてくれたことも印象がいい。
来年は一年間を通じて活躍してもらいたい。

ヒースは途中加入でよくやってくれた。
たまに打たれることもあるが、抑え投手の宿命か。

B評価は44小川のみ。細かいことはいらないだろう。
日本シリーズに出ていたらA評価だったけど、CS敗退だからこの評価。

16菊池はCSでの無様な投げっぷりと途中離脱が評価を下げる要因だ。

23野田と25平井はB評価にしても良かったが、CSで打たれまくったので評価減。

c0055552_18415314.jpg

<捕手編>
10森はもっと頑張れ。
27炭谷はシーズン序盤と終盤とでは別人。まったく打たない。
37岡田は今年はブレイクと呼べるかな。明るい性格だからもっと活躍して欲しい選手だ。

c0055552_1842620.jpg

<内野手編>
3浅村....成績は文句のつけようがないのでFAの動向が気になるのみ。
間違っても同一リーグでの移籍だけはやめてもらいたい。

5外崎は侍ジャパン選出で早くからコンディションを調整。
序盤の大活躍による疲れが終盤の体調不良につながったか。

6源田は守備は超一級品。他の選手なら届かない打球も追いつくものだからエラーも増えてしまう。

33山川は打撃成績はすばらしかったが守備面が残念。そのエラーのほとんどがタイムリーエラーだから。

99メヒア...まだ来年まで契約があるようだが完全にやる気をなくしているようにしか見えない。
なんでこいつをCS最終戦で起用したんでしょうか。

c0055552_18421934.jpg

<外野手編>
1栗山は打撃面では印象は良いのでつい過剰な期待をしてしまう。

8金子は出ればなんとかなるのだが、打撃面を練習しないとね。

55秋山もCSでの沈黙っぷりが大きく評価を落とした。


2019年のファンクラブ更新も自動更新手続きが早々に行われ、来年もまだファンクラブ会員のままだ。
2019年も日本一を逃したらいいかげんファンクラブをやめることにしよう。
[PR]
by rs422a | 2018-10-21 18:42 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
奪還作戦の夜
いよいよ明日はCSファイナルステージが始まる。
覇権を奪還するためには避けては通れない相手。
まず確実に明日は勝つこと。
それだけを願う。
[PR]
by rs422a | 2018-10-16 22:53 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
水曜日の相手は決まった
これからが本当の勝負だ。
メットライフドームで胴上げを見せてくれ。
[PR]
by rs422a | 2018-10-15 23:23 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
CSファイナルステージ 先発予想
10/17(水)からCSファイナルステージが始まる。
各チームの先発投手を予想してみる。
c0055552_1745857.gif

CS1が三試合やることになったので、どちらのチームもスクランブル体制。
相手チームがどちらになったとしても西武としては第一戦、第二戦を確実に勝利したい。
雄星と多和田が先発すると予想する。
失点を恐れてはいけない。
それ以上に得点すれば勝てるのだから。
[PR]
by rs422a | 2018-10-14 17:47 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
2018 公式戦143試合終了
高橋光成
伊藤翔
齊藤大将
の三人は先発としてはまだまだ使えないことは分かった。

ポストシーズンをしっかり勝ち抜いてもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2018-10-06 23:59 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)