Top
<   2017年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
鎌北湖 20171126
埼玉県毛呂山町にある鎌北湖の紅葉祭りが開催ということで自転車で出かけました。
c0055552_14345855.jpg

とはいっても武蔵横手駅までは輪行。
今日はいい天気のせいか、輪行している人が非常に多く車内は混雑していた。
鎌北湖に向かう途中でふもとを見渡す絶景スポット。


c0055552_14344185.jpg

鎌北湖に到着した。
釣り人がたくさんいる。
まだ9時ころなので観光客も少ない。


c0055552_14342498.jpg

鎌北湖第二駐車場から湖の紅葉をのぞむ。


c0055552_1434519.jpg

湖畔の紅葉のピークは少し過ぎたくらいか。


c0055552_1433496.jpg

太陽の光を透かして映える紅葉。


c0055552_1433326.jpg

この狭い道をひっきりなしに車が通る。


c0055552_14331441.jpg

撮影しきれないほど紅葉が続く。


c0055552_14325715.jpg

水面と紅葉はよく合う。


c0055552_14324260.jpg

肉眼では素晴らしい風景なのだが、写真にとると黒くなってわかりづらくなる。


c0055552_1432202.jpg

赤になったと同時に落葉している感じ。


c0055552_1432515.jpg

ゆっくり湖畔を散策して撮影できた。


c0055552_14314958.jpg

今日は紅葉祭りということなのだが、祭りらしいことはゆず娘の撮影会のみ。
売店の一つも出ていない。
なんともさみしいイベント。


c0055552_14312512.jpg

毛呂山町のゆるキャラ「もろ丸君」が居るのではないかと期待していたが鎌北湖には姿を見せず。
かわりにもろ丸君ラッピングの車がいたので撮影。


c0055552_1431318.jpg

サイドから。


c0055552_14304691.jpg

鎌北湖を後にして宿谷の滝へ行ってみる。
滝からの水が川になっている宿谷川。


c0055552_143023100.jpg

この辺はハイキングコースになっている。
駐車場から滝までは徒歩7分とのこと。


c0055552_14295465.jpg

駐車場から滝までは整備された歩道が続いている。


c0055552_14294093.jpg

小さな流れの宿谷川。


c0055552_14292291.jpg

宿谷の滝。
たまに怪しげな修行の人が滝に打たれていたりするが、今日はいなかった。


c0055552_1429558.jpg

鎌北売店で野菜を買い込んでから高麗神社に移動する。
ここも入り口の紅葉がすごく色づいている。


c0055552_14284750.jpg

真っ赤な葉っぱ。


c0055552_14282252.jpg

高麗神社の鳥居。


c0055552_1428677.jpg

参道も赤い。


c0055552_14274988.jpg

イチョウの大木。


c0055552_14272611.jpg

高麗神社の社殿。
本日は七五三の家族が多く参拝に訪れていた。


c0055552_1427854.jpg

高麗神社近くのカフェで休憩。
ブルーベリーケーキセット。
ものすごくおいしいというものではないが、いい休憩になった。


週末がずっと悪天候の日が続いてなかなか自転車に乗れなかった。
青空の下、サイクリングは楽しいものでありました。
[PR]
by rs422a | 2017-11-26 14:35 | Bicycle | Trackback | Comments(2)
帰ってきたウルトラマン 第15話
ウルトラシリーズを製作している円谷プロは世田谷区に撮影所があるため、小田急線の電車が映る場面が非常に多い。
しかし1971年7月9日放送の第15話には見慣れない電車が出てきた。
それが↓こちら
c0055552_12303140.jpg


武 是
蔵 
境 政

という方向幕が確認できる。
これは西武多摩川線の電車ではないか。
西武鉄道の路線の中でも本線から離れているため、かなりマイナーな路線である。
非常に貴重なショットといえる。


c0055552_12305033.jpg

おそらく是政駅か?
こんなアングルでロケの許可が出たのが70年代らしい。
今じゃあ線路内立ち入りになるからいろいろうるさいだろうな。
[PR]
by rs422a | 2017-11-24 23:59 | 特撮TVまんが | Trackback | Comments(0)
7選手の背番号が変更
サンクスフェスタ2017が開催の本日、7選手の背番号変更が発表された。

郭俊麟 12→69
豊田拓矢 19→49
南川忠亮 36→59
水口大地 00→0
外崎修汰 44→5
金子侑司 2→8
木村文紀 51→9

投手3名に関しては「降格」ということで。
いずれも2018年に働かなかったら即「戦力外通告」と宣言されたようなもの。
特に31歳を迎える豊田にとっては本当に正念場となる。
奮起を期待したい。

野手4名に関しては意外な感じ。
水口に関しては「00」なんてそもそも番号じゃあなかったのでもっと早くこうすべきだった。
先日のアジアシリーズで一気にブレイクした外崎は5番となった。
でもどうせ一桁の番号を与えるのなら侍ジャパンで着けていた7番でよかったんじゃないか。
金子はなぜか8番に変更。
ま、まさかFチームの誠の人に感化されたのか?
木村の9番への変更はまったく理解不可能。
赤田以降、9番をつけた選手はほぼ働いていない(阿部・大崎)のでガンバレ。

とにかくずっと優勝していないので今日の猛烈な冷え込みと雨の中でわざわざ極寒の西武ドームに足を運ぶ気にはならなかった。
来年こそ喜んでフェスタに参加できるような成績を残してもらいたい。
[PR]
by rs422a | 2017-11-23 16:17 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
源田が新人王
満票じゃないのか...というのが正直な感想。
源田以外の選手に投票した奴の意見を聞いてみたい。
c0055552_22125013.jpg

◆パ・リーグ最優秀新人賞=有効投票総数258

源田壮亮(西武)252

▼石川柊太(ソフトバンク)2

▼山岡泰輔(オリックス)2

▼甲斐拓也(ソフトバンク)1

▼高梨雄平(楽天)1
[PR]
by rs422a | 2017-11-20 21:46 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
三菱サイダー終了
熊本の弘乳舎で販売していた三菱サイダーが販売終了になっていた。
なお三菱鉛筆同様、あの三菱グループとは無関係である。
c0055552_21403469.jpg

熊本にいたころはよく見かけていた三菱サイダー。
弘乳舎に何があったのか?
復活を勝手に期待したい。
[PR]
by rs422a | 2017-11-17 21:40 | etc... | Trackback | Comments(0)
西武ライオンズ40周年記念事業
公式サイトで西武ライオンズ40周年記念事業の特設ページができている。
いいからとにかく優勝しろ。
それだけだ。

[17/Nov/2017 追記]
海外に逃げ、日本に戻っても元のチームを捨ててよそのチームに走ったバカを呼び戻すことが決定。
しかも背番号7とな。
外様の役立たずにホイホイと簡単に一桁の背番号を与える球団はアホそのもの。
こりゃ来年もとうてい優勝は無理だな。
[PR]
by rs422a | 2017-11-15 19:58 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
東芝、テレビ事業を譲渡
c0055552_22183088.jpg

東芝がテレビ事業を中国の企業に譲渡するという報道があった。
またひとつ日本の電気製品が消えてしまうのか。
名前だけREGZAが残ってもしょうがないだろ。

もはやテレビ事業は儲からない事業であることは明白。
4Kとか8Kとか正直、意味のない解像度競争。
それに伴う無駄な機能てんこ盛りなテレビ。
はっきり言ってチューナーもいらないのでHDMI入力だけついたテレビが欲しい。
そういうテレビを安く作れたらたくさん売れていいと思うのだけどね。
[PR]
by rs422a | 2017-11-14 22:18 | Audio&Visual | Trackback | Comments(0)
2018ファンクラブ
c0055552_2064811.jpg

とりあえず16日から入会受付とな。
[PR]
by rs422a | 2017-11-12 20:06 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
2018年パシフィック・リーグ日程発表
開幕戦は北海道で。うーむ、これは行かざるをえまい。

東京ドームで主催試合。ウーム、これは行かざるをえまい。

東京ドームでビジター試合。うーむ、これも行かざるをえまい。

横浜スタジアムでの試合が週末じゃないのが残念。

いいかげん11月まで野球をやっていてくれないものかな。
[PR]
by rs422a | 2017-11-08 21:46 | SEIBU-2018 | Trackback | Comments(0)
練馬区 牧野庭園
地元の練馬区にありながら訪れたことがなかった牧野記念庭園に行ってみた。
植物学者の牧野富太郎さんの自宅跡地を公開しているものだ。
c0055552_16142692.jpg

入り口
住宅街の中にある。西武池袋線・大泉学園駅から徒歩4分くらいか。


c0055552_16141134.jpg

庭園内の植物の見ごろが紹介されている。


c0055552_16135844.jpg

庭園事務所。
奥には講習会が開かれるスペースもある。


c0055552_161342100.jpg

そろそろ紅葉。
庭園内のもみじもきれいに色づいている。


c0055552_16132754.jpg

それほど広くはない庭園だがそこかしこに樹木があり、植物好きにはいい感じだろう。


c0055552_16131225.jpg

練馬の名木に指定された巨大なヘラノキがある。


c0055552_16125746.jpg

こちらも名木に指定されているセンダイヤザクラ。


c0055552_16123793.jpg

牧野博士と記念撮影ができるコーナー。
幕末から明治にかけて活躍した人だけあって当時の日本人らしい身長だ。
書斎もとても狭い。


c0055552_1612238.jpg

企画展も見ていく。
植物学者は絵を正確に描写する能力も必要であることがよくわかる。

この牧野庭園は入場無料。
あまり期待しないでいたのだが、予想以上におもしろい施設だった。
今度は春の季節に来てみようと思った。

ちなみに牧野博士の故郷である高知県佐川町には高知県立牧野植物園があるそうな。
[PR]
by rs422a | 2017-11-05 23:59 | sightseeing | Trackback | Comments(0)